小さな酒屋の日記

京都の東山の麓に佇む酒屋の日常生活です

仙人の遊ぶ寺

2017-02-13 21:08:24 | 日記
「なんて名前のお寺でしたっけ? え~と・・あの~・・」

こんな感じで道を聞かれたらだいたい「泉涌寺」!!
(国内の方に限られます)



中には「せんつうじ」と読まれる方も多いのですが
頭に残り難い名称なので気にする必要はありません。

仙人の遊ぶ寺「仙遊寺」からの変化と知れば
少し覚えやすくなるのではと思います。



「月輪山の春霞~♪」

中学時代は霞に包まれた参道を通った事もありました。

今から思えば環境贅沢な通学だったと思います。



この地の勾配角度が登り窯の活用に適し、
優れた粘度土が豊富な事から
陶磁器が盛んになり地場産業のひとつとして根付きました。

美術品から日用品、
電気配線に関係する備品(ガイシ)などなど多種多様に製造されていたのですが

それを始点に多方面へ向いました



難しい地場産業話になりそうなのでここまで。

酔ってるので早くもおまけ

東福寺アーモンドの開花状況 0.5分咲き



満開予想はすばり!! 3月3日!!!!!!!!!!



当った事の無い予想でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。