小さな酒屋の日記

京都の東山の麓に佇む酒屋の日常生活です

ちまき食べ食べ

2017-07-23 21:39:51 | 日記
ルーツを追い掛けるとか下らん事やってるもんだから
仏間に虹の夕日が差し込んで来ました。



こういう下らん事やるやつは松之助しか居らんわな



「松之助」にいちいちかまっている場合ではないので
祇園祭の付け替えをする事にしました。



付け替えをしながらふと思った事、

厄除けの食べられない粽はよくあるけれど
食べられるちまきは最近見てないね。

そんな話を家族ではなしてましたら

「ほふしゃうじにふどう」から突然
食べるが舞い込んで来ました!



なんとも懐かしい。。

米風味だけの古来製法重視



昔の風味を思い出させてくれました



「なげけとて 月やはものを思はする かこち顔なる・・・」

そんなところで今日のおまけ

平成の新体操カルタだと思います!  



これもたぶんそれっぽい。。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真夏のまほろひ | トップ | 真夏の避難所 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (洛中の旦那衆)
2017-07-25 22:00:58
祇園祭りには限定ですが、食べられるちまきがありますよ。探して下さいね。
Unknown (管理人)
2017-07-26 11:01:05
上様 > コメントありがとうございます

今年の厄除け粽は山でもない鉾でもない珍しいちまきを飾る事である意味楽しんでいました。

今年一年は祇園祭の食べられる粽を探しながら
より一層文化の深みを体感する所存に候

よろしく御指導下さい

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。