goo

この2日間宮城県名取市でカッパ着ながらボランティア。

仙台市の南側にある名取市には、まだ仮設住宅が存在する。

我がゼミが昨年から関わっているのが、<愛島東部仮設住宅>

今年も同じ愛島東部仮設住宅を訪問した。

仮設が建設された時には、180世帯ほどの被災者の皆さんが

入居されていたが、

現在は40世帯ほど。

家屋が津波で流された後であるにも関わらず自力再建され移転

された方や

津波で多くの方が犠牲になった<ユリアゲ>に再建された

<復興公営住宅>(一期分)に移転された方が多い。

 

今回は、このボランティアを中止すべきか実行すべきか大いに悩んだ。

台風5号の影響が読めなかったからだ。

延期も難しい。ゼミ生たちのスケジュールはパンパン。

延期すれば確実に参加者が少なくなる。

 

ということで、予定通り実行することとし、ゼミ生たちにカッパを

持参してもらった。特に昨日は大雨、大風。

カッパ着ながら、退去された家屋に生える雑草をひたすら抜く

<環境整備型ボランティア>

最後は、仮設住宅の自治会長の S 様のストップ指令で、ボランティアを

強制終了。

 

今日も昨日ほどではないが、雨の中の環境整備型ボランティア。

1時間も続けると、私自身<気が遠のく>

正直言って50分が限界。

ゼミ生よりフライングして休憩に入る。

 

集会室では、住民さんの<お姉さま方>が井戸端会議。

休憩時には、お姉さまのお話に加わり、お茶をいただく。

 

運動部の練習があって、仙台プログラムに参加できないゼミ生もいたが、

多くのゼミ生はよく頑張った。

 

そのうち男子学生2名は、岩手県盛町でのインターカレッジ夏祭り

ボランティア

に数日参加している。

ゼミの先輩達は、それぞれの人生を歩んでいるので、今回のボランティアには

参加していない。

男子が弱くなったと言われるがなかなかどうして。

 

だれも知り合いがいない大学生軍団の中に入って、その2名はしっかり

やり切った。

偉いぞ!!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 8月7日(月)の... 8月9日(水)の... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。