goo

本州最北端の特別養護老人ホーム。

先週金曜日、本州最北端の特別養護老人ホームを訪問した。

朝9時にうかがい、夜の18時まで、ずっと<お邪魔していた>。

全ての時間について、中山施設長にお世話になった。

中山先生は、日本老人福祉施設協会の副会長を歴任され、

今も協会の大事な委員会の委員長をされている。

また、厚生労働省と内閣府の様々な審議会の委員もされている。

 

そのようなパワーのある方に、丸1日お世話になってしまい、

申し訳ない気持ちで一杯でR.

その特別養護老人ホームは、外国人介護福祉士候補者の

受け入れにも積極的でR.

今までは、インドネシアの方々だけだったが、

現在はヴェトナムの方々も受け入れておられる。

延べ16名になるそうだ。

 

暖かい、否暑い国から、最北端のむつ市に来ていらっしゃるので、

とにかく、<寒過ぎることが慣れないそうだ>

よくその点を覚悟していらっしゃったなあと感心する。

 

中山先生の施設運営理念は、最も特徴があり、

今回もその特徴の具体的な姿を

拝見するために、出張することにした。

日本で最も進んだ考え方であろうと思うが、

その考え方は10年先、20年先を行っているために、

なかなか理解されにくい面もあるとのこと。

 

霞が関には、良くいらっしゃっているので、

来年度の5月下旬か6月に上旬・中旬には、

ゲスト講師に来ていただきたい旨依頼し、ご快諾もいただいた。

 

夜は、介護福祉士候補者2名とその直属の上司の方含めて、

7名でお食事会。

飲みながらのお食事だったので、候補者の皆さんへの

インタビュー調査にはならなかったが、

日本語のスキルは高くことが分かった。

 

毎週1回、丸1日かけて、日本語の勉強と

介護技術の勉強をしているそうだ。

その効果が着実に出ている。

 

次回は、いつになるか分からないが、

会議室でインタビュー調査をさせていただきたいと思う。

今回は1日の滞在であったが、

次回は、<アッタカイ時期にお邪魔し>、

候補者の皆様7名様からお一人ずつ話をうかがいたいと思う。

 

先週水曜日に階段を10段<すべり>、大参事。

特別養護老人ホームを1日フィールドワークした日も、

右わき腹と右太腿に、<かぼちゃ>ぐらい大きい紫斑が出来、

クシャミするだけで、息を大きく吸い込むだけで<激痛>。

 

あくびしただけでも、深呼吸しただけでも激痛が走る<絶不調>

の中、無事出張することができ、一安心でR.

 

 

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 10月28日(金)... 10月31日(月)... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。