goo

村田が可愛そう。人工知能がレフリーを。

兆次の話ではないし、

横浜から巨人に数年前に移籍した野球選手の話でもない。

 

<村田涼太氏>の話である。

 

しばらく前になるが、たまたまボーッとテレビを見ていたら、

村田とアッサムのボクシング。

WBA世界ミドル級タイトルマッチ。

 

 

私のような<ドシロウト>が見ても、村田の勝ちでしょ。

試合終了後、すぐさま、相手のエンダムが、<俺が勝ったぞー!>

のアピールをしたのが

とても奇異に映った。

負けている試合なのに、<そうとう痛い人物だ>とその時は感じた。

 

その後、両者が並び、3人のレフリーの採点結果が読み上げられる。

村田を勝ちとしたのが、1人。

アッサム・エンダムを勝ちとしたのが、2人。

 

不正操作があると感じた。

村田は相手をダウンさせている。

確かに、相手は打たれ強かったが、村田も打たれ強かった。

最後の3ラウンドは、村田の優勢ラウンドだった。

 

スポーツの評価は難しい。

相手や相手国に対する感情が入ってしまうのかもしれない。

 

いっそのこと、人工知能に、パンチを食らった時の皮膚の

<揺れ具合の変化><手数の回数><足の運びの変化>

<顔面のダメージ>など、客観的に計測させ、

勝者を決めるのでR

 

味気ないが、他に方法がない。

人間による<怪しい点数評価>よりもベターであろう。

本当に村田涼太は大きなショックを受け過ぎて言葉が

出ないであろう。

 

村田が本当に、かわいそう。

 

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 5月24日(水)の... 5月26日(金)の... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。