goo

又吉の<劇場>と 週刊文春。

生協から、<新潮 2017年4月号>が届いた。

又吉直樹の<劇場>を読むためである。

手に取ってから分かったのであるが、騎士団長殺しの書評も

誰かが書いている。

 

<劇場>

まだ読み始めたばかりであるが、<火花>に比べて

<小説家らしい文体と表現になっている>

 

というのは錯覚か。

何故なら、この劇場の方が、<火花>よりも先に書かれて

いるからだ。

 

いきさつはまだ分からないが、最初に書き始めたのが、<劇場>

それを寝かせたまま、<火花>執筆。

 

小説家の文体は、<くせがある>

設定の説明が全くないので、読者の想像力次第。

でも想像にも限界があるのでR.

 

今のところ、その設定がよく分からない。

 

一昨日買った<文春の渡辺謙の記事>を読む。

 

若者タレントのゲス行動とは違う何か背景があるのではないかと

興味を持って読んだが、そうした背景に関する言及はない。

プライベートな写真のオンパレード。

ゲス行動は、年齢層の高低に関係せず、ということであろうか。

 

それにしても、文春のリサーチ力は、ギネスブックもの。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 4月3日(月)の... 4月4日(火)の... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。