京都みどわいふ

京都府助産師会オフィシャルblog

【京都南部】H29年度 産前産後訪問支援員養成講座第2日目

2017年10月12日 | 報告

10月7日、連休初日、秋の行事でお忙しい中、小雨の降る中、たくさんの方が参加していただきました。

産前産後訪問支援員養成講座の2日目、前回とは違い京都アスニーでの開催となりました。場所がわかりにくご不自由をおかけしました。次回は1日目と同じ京都テルサでの開催となりますので、お間違いのないようにしてください。

二日目の講座は、支援員として必要となる知識やスキルを勉強する講座です。毎年、この講座の担当をさせてもらっていますが、講座の内容はバージョンアップされています。毎年、新しい内容も含めとても勉強になります。

講座の様子を報告させていただきます。

*なお、掲載している写真はすべて参加者の皆様の許可を得ています。

午前の講座は「妊娠・出産・産褥期の生理的な心と体の変化を知る」~女性の一生に寄り添う助産師の視点から~ 出張専門やすらぎの森 木村助産院 木村泰恵さんから講演をしていただきました。

妊娠中に体を整えることの重要性。冷えの予防。産ませてもらうのではなくて「自分で産む」という意識の大切さ。など妊娠中の過ごし方について丁寧なお話がありました。

皆さんには、胎児人形を手にとって抱っこしてもらいました。

赤ちゃんが骨盤を通ってくるお産の様子を、模型を使ってわかりやすく説明されました。

その後、自然な出産のDVDを視聴しました。感極まってくる内容でした。私も何回も見ていますが、毎回、涙がでてきます。お母さんが産む姿、寄り添う家族、助産師。その中で生まれてくる赤ちゃんのうぶ声が聞こえる瞬間なんとも言えない思いになります。

木村助産師が関わられたお産のエピソードを写真を交えて話されたときは、みなさん、見入るように聞いておられました。産後の休養の必要性。どのように過ごしたらいいのか?それをサポートする必要性。を感じました。

なぜ、産前産後の支援が必要なのか?誰もが生きやすい幸せな世界を実現するために。できることが日々考えて実践していきたいですね。

午後の講座は、

「支援者としてのコミュニケーション・スキルを学ぶ」~女性とその家族をエンパワーするために~ 親業訓練インストラクター出張開業助産師 中川淑子さんから講演をいただきました。

エゴグラム・セルフテストを各自実施しました。今の自分の心・特徴を知ることから始めます。自分の小さいときの体験からの影響もふまえて考える機会となりました。心の壁がなくなる聞き方とは?能動的な聞き方(くりかえす、言いかえる、気持ちをくむ)については、どのような言葉が具体的にあるか?宿題となりました。能動的なフレーズをたくさんもてるようになるといいですね。

こころのキャッチボール。相手が白いボールを投げてきたら、同じ白いボールでなげること。赤いボールで投げられたらどんな気持ちになるか?実際にペアでロールプレイしてみました。なるほど、こういう気持ちになるのか?と実感できました。その後のコミュニケーションが白いボールと赤いボールでは大きく違ってくるという気づきが多くみられました。

午後の最後の講座は、

「ハイリスク妊娠・出産・産褥期の疾患、合併症、治療について」 産科・婦人科江川クリニック医長 江川晴人先生から講演いただきました。

1時間があっという間にすぎてしまうほど、とてもユーモアに話していただき、楽しく勉強することができました。最新の情報をたくさん学ぶことができました。

お母さんのメンタルヘルスの重要性。妊娠関連自殺の問題、乳幼児虐待にも強く関連している点についてはとても興味深かったです。「赤ちゃんは大事、しかしながら、母親はもっと大事」最後の先生の言葉に、この産前産後訪問支援員が果たす重要性を感じました。

~参加者の皆様からのアンケートより~

・「妊婦さんの自主性」を大切に支援を考えていくことは、私自身の見直しにつながるとつくづく感じました。その方(妊婦さん)だけでなくその家族やその方のこれからにも影響を及ぼすという意味で行動一つ、言葉かけ一つ大切にしていけないと思いました。

・出産のビデオをみて感動。みんな無事に出産できればと思います。出産は大変なことであり、出産後の病気もあったり、何かお手伝いできることがあればと思います。

・コミュニケーションスキルについて知りたかったので学べてよかったと思います。自分のものにしていくには何回も繰り返して実践していくことだと思いました。

・日常でも白いボールに赤いボールを返していることが多いと思いました。丁寧に聞いたり話したりすることが大切だと思いました。

・医療の現状などをストレートに伝えていただいて驚くことがたくさんありました。

・支援者としていろいろな方面から学習しなければいけないと思いました。

 

助産師会(南支部)谷口貴子

 


この記事をはてなブックマークに追加

【京都南部】 H29年度 産前産後訪問支援員養成講座 第1日目

2017年10月08日 | 報告

 

京都府助産師会公式ブログをご覧いただきありがとうございます。

気持ちのいい秋風が吹き渡る季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今年で4回目となります、京都府子育てピアサポーター養成講座「産前産後訪問支援員養成講座」が始まりました。

この講座は京都府が主催し、京都府助産師会が運営している事業で、

妊娠中~出産後に体調のすぐれない方や協力者がいない方など、支援が必要なお母さんを訪問し、相談支援などのサポートを実施する「訪問支援員」さんを養成する講座です。

【京都北部】【京都南部】、各会場5日間の研修を予定しております。

 

 

【京都南部】第1日目〔平成29年9月30日(日)京都テルサ〕の講座では、

初対面の参加者の皆様がグループワークなどを通して意見を深め合い、実り多き講座となりましたので、その様子を報告させていただきます。

※なお、掲載している写真は全て参加者の皆様の許可を得ております。

 

 

はじめに、京都府助産師会 丹所紀代子会長より挨拶がありました。

 

午前はじめのプログラムでは、京都子育てピアサポートセンター藤本氏より、今回の「産前産後訪問支援員養成講座」事業について詳しくお話しがあり、

妊娠期からの切れ目ない支援の必要性や行政の取り組みについて理解が深まりました。

 

次に、NPO法人働きたい女たちネットワーク西村氏より、「今どきの子育て世代の生き方、ニーズを知る」~女性としての多様な生き方を受け止めるために~と題し、

実際に訪問の現場で出会うお母さま方の声をそのまま受け止め、寄り添うことの大切さについてお話いただきました。

 

 

 午前中の締めは、自己紹介を兼ねたアイスブレイクです♪♪

全員のあだ名&お名前を順番に覚えていくゲームで、脳を刺激しながら、楽しみながら、お互いのことを知ることができ、和やかな時間となりました。

 

午後のはじめは、再び藤本氏より、京都府で実際に行われている子育て支援関連の政策やサービスについて詳しく教えていただきました。

 

次に「今と昔の妊娠・出産・子育て事情の違いを知る」~今時の子育て世代の心強い支援者になるために~パート1として、

「妊娠・出産・産後間もない頃、強く記憶に残っている言動・経験」についてグループワークを行い、妊娠期から子育て期に感じる喜びや不安のなどを思い出しながら意見を出し合いました。

 

最後に味谷助産師より現在の子育て事情についてお話があり、それを踏まえた上で「最近の子育て世代の妊娠・出産・子育てに関する悩みや困っていること」についてグループで考えました。

 

 核家族、少子化、あふれる情報… 自分たちが子育てしていた時とはまた違う「難しさ」を抱えて、お母さん方は子育てしているのかもしれない。

グループワークを通して、支援を求めるお母さんやご家族の気持ちや、どんな支援が嬉しいかなど、たくさんのことを考え、共有することができました。

 

 

「少しでも困っているお母さんやご家族の力になれたら」という思いを持った人たちが集まり、この講座が開催されました。

その思いは参加した助産師会メンバーも同じです。第2日目からの講座も楽しみにしております。

 

 

~参加者の皆様からのアンケートより~

養成員の活動主旨がわかったのと、助産師会さん、保健師さん、行政なども一体になってこの事業があるんだなと思いました。このような講座を開いていただいて、参加させてもらえてよかったです。

自分が気になっていたことも、他の人と同じように気になっていたり、体験したりしていて、経験や想いをシェアできてよかったです。

今どきの子育てについて、ビックリしたことがかなりありました。

・子育てはそれぞれに価値観や今までの経験や考え方があるので、それはまず置いておいて、今の時代の子育ての悩みに気持ちを向けることが大切と思いました。グループワークでみんなと話せたのでよかった。

私が出産子育てをした時に比べて、いろいろな事業やサポートが受けられることを知りました。これがどんどん活かされ、新しく家庭を作っていかれるお母さんやファミリーにつながればよいと思いました。周りにいるもの支援する者がその人により良い方法、より楽しく子育て行ける方法をお母さんが自分らしくやっていける方法を一緒に見つけていけたらよいなと思いました。

 

 

助産師会(東支部) 林

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

妊夫講座実施しました

2017年09月24日 | 報告

前日には台風が直撃!果たして開催できるのか?と、スタッフ一同気をもみましたが。

予約してくださった皆様の願いが届き、6組のプレパパ・プレママペアとスタッフ&看護学生さんで妊夫講座を無事開講できました(^^)

 

まずは恒例、予定日当てクイズのアイスブレイク。

ついついお腹の大きさで「もうすぐかな~」なんて思うのですが…これが意外にそうじゃない。

皆さん初対面同士でしたが、ワイワイ楽しく質問し合って順番に並んで下さいました。

写真掲載は全て承諾を得ています。

 

次はパパとママへのお話。

今気をつけている事をパパとママに伺いながら、胎児人形を使って赤ちゃんをイメージできるようにお話をしたり、パパ同士・ママ同士に分かれてもらって「してほしいこと」「してあげたいこと」を話し合って発表したり。

写真掲載は全て承諾を得ています。

お産の経過や入院の時期、陣痛の逃し方や痛みを和らげるマッサージ、赤ちゃんが生まれた時のカンガルーケアなど。

 

マッサージでは、最初怖々さするパパに微妙な顔をしていたママも「どこをさすってほしいかリクエストしてあげてね~」と声をかけると「もうチョイ下」「もうちょっと優しく」としっかりパパに伝え、「そこそこそこ」「あ、気持ちいい」と笑顔に。頑張ったパパさんも嬉しそう。

写真掲載は全て承諾を得ています。

 

休憩をはさんで沐浴実習。皆さんどこかで勉強してきました?ってくらいお上手。

パパの大きな手で赤ちゃん人形を支えるので、やはり安定感が違います。あとは慣れていただければOK!

1組づつ沐浴したり教え合ったりしている間、他の方は妊婦ジャケットを着用してママの大変さを実感。パパが「なにこれ重い。」「え、足元見えへんやん。階段こわ~」というとママがほんのり嬉しそう。(個人の感想です)

他にもだっこ紐いろいろ試していただいたり、赤ちゃんのお着替え・抱っこ練習コーナーなど、やってみたいけど機会がなくて…にお答えできるグッズがいっぱい。

 

終わりに感想・質問を頂いて、記念撮影。お疲れ様でした~(^^)

写真掲載は全て承諾を得ています。

 

アンケートに頂きましたご感想の一部です。

 

●すごく楽しかったです。沐浴、抱っこひもなど一度体験してみたかったのでとてもためになりました。

●実践的な練習が多くて勉強になりました。

●沐浴や抱っこの仕方がわからなかったので勉強になりました。しんどい時のマッサージがわかってよかったです(どうしたらいいかわかりませんでした)

●初めての参加でとても緊張しましたが、コミュニケーションを通じてとても楽しく参加できました。実際に体験できて2人で情報共有できてよかったです。

 

どうか皆様ステキなお産を(^O^)/

助産師会では、この後もパパプロ講座や親子ヨーガ、ベビーマッサージなど、様々な事業で皆様をサポート致します。

お気軽にご参加、ご相談くださいませ!

 

文責  織田


この記事をはてなブックマークに追加

第3回いのちのふれ愛講座「自分の体を守るお話・性暴力被害を防止する」開催しました

2017年09月14日 | 助産師会支援事業
9月9日、残暑の厳しい土曜日、助産師会館には朝から元気な子どもたちの声が聞こえます。
午前午後、と2回開催で、合計15組(40名)のご家族にご参加いただきました。
5年生から、赤ちゃんまで。たくさんの子供たちにお越しいただきました。
本日の講師三名は日ごろより、性暴力被害者相談センター京都SARAで支援員をしている助産師です。
子どもたちが自分たちの心と体を大事にし、そして身を守れるように。
ご家族はどう考えていったらよいのか、わかりやすく学んでいただくために準備を進めてまいりました。
いよいよ、プログラム開始です。
 
 
 
はじめは自分の体について。赤い服と、青い服を着た二人の絵。どっちが男の子かな?
勉強のためだからお願いね。といって脱がせたら赤い方が男の子でした。性器の名前を覚えたり、
手作り模型もみんなのところを回ってさわって確認してもらいました。色々な役目がある大切な場所。
自分できれいにすること。プライベートゾーンってどこ?自分の許可なく触らせたらいけないこと、
などお話しました。
 
次に心と体を大事にする、絵本を読みました。皆さん真剣に聞いてくれました。
自分のからだも、心も、自分のもの。
 
 
 
次は実際の場面設定での劇4本。急なお願いにもかかわらず、お母さんたちは快く参加して下さり、熱演。
こどもたちはくぎ付けでした。
いいタッチは心があったかくなるね。自分の子供さんをほめて、それぞれおもいおもいのいいタッチ(抱っこ、なでなでなど)をしていただきました。
どうだった?「べつに」といいつつ、にこにこ。
言葉の暴力、はつらくなる。みてるだけの人にも、どうして?とおもう。言われた参加者様の感想。
「友達のお父さんが自分に悪いことをしたとき、お母さんには内緒だよ、っていわれたら、
  言ったらだめなん?」
「そんな秘密は守らなくっていいと思う人!」「はーい!!」元気に手が上がりました。
 
 
「お母さんが入院したから一緒に車に乗って、って言われたらどうする?」 
「いかへん!」
 でも乗って行っちゃった。どんなくるまだったかな? 
 
 最後は親子に分かれてのお話
お母さんたちは、性犯罪の現状、予防、それでも起こってしまったとき、親はどうしたらいいか。
などの話を聞きました。
 
子どもたちは、自分の体を守るために、というタイトルで意見を出してもらいました。
「くらくなるまえにかえる」「わるいひとからはにげる」「しっかりお母さんに話す」
「悪い人や車の様子をしっかり覚える」どんどん意見が出てきます。「紙、もっとちょうだい!」
 
 
 
 
 
 
  最後に、お母さんたちの前で、まとめを元気に発表してくださいました。
 今日習った、大切なことがしっかり身についたんだな、ととてもうれしく思いました。
 
参加した理由としては
・子を守るため、子に学んでもらう機会として
・親子で大切なことを話せるきっかけになるかも
・小学生になると、親から離れて行動することが増えるので、何に気を付けたらいいか学んでほしい。
・自分を守る力を付けてほしい
・自分の性器についてなど、質問が増えたので
 
いただいた感想
・親子で、共同、別々でしっかり学べた。
・講師の熱意が伝わってきた。
・劇は地域の防犯教室などよりリアルでドキドキした
・家庭でできることをこれからもしていきたい
・こどもが飽きずに楽しく学べた
・こどものあつまり、はなしあいがたのしかった(子どもさんの意見)
 などのご意見をいただきました。
 
 SNSなど、いろいろなきっかけで犯罪に巻き込まれることがある時代
 これからも、ご家族で話し合っていただければと思います。
 
    このような講座を、子供さん、保護者様、学校、地域などへもお伺いして実施させていただきます
   助産師会にお問い合わせ、お申し込みください
 
  次回第4回いのちのふれ愛講座は親御さん対象プログラムです
 11月25日(土)午前10時からと、午後1時半からです。ぜひご参加ください
 
                                      文責 藤原
 

この記事をはてなブックマークに追加

お茶教室開催  9月

2017年09月11日 | 助産師会個人事業

 9月11日(月)お茶教室を開催いたしました。

 9月になり朝晩は涼しくよくなりましたが、まだ残暑の厳しい日々が続いています。

 秋になれば献茶式やお茶会も多くなり楽しみですね。 

 9月13日表千家家元では、天然忌が行われます。 (7代 如心斎 天然宗左 1751年8月13日、47歳でお亡くなりになられています)

 如心斎宗左 「名月をくみこぼしけり手水鉢」 綺麗な月を眺めての歌でしょうか。

 表千家は千利休の茶道を継承されています。 14代而妙斎宗匠は来年2月28日に隠居され「宗旦前家元」を名乗られます。

 15代猶有斎宗員(ゆうゆうさいそういん)表千家家元になられます。 

 

 お茶教室を始めて3年です。 月1回のお稽古ですが、皆さますごい上達です。 他人のお点前を見て、自分のものにすることも上達の秘訣です。

 利休百首の冒頭に 「その道に入らんと思う心こそ 我身ながらの師匠なりけれ」 自ら学び継続することは自分の力になります。

 

 今回は略点前(お盆点て)をしました。 釜や鉄瓶のかわりにポットで代用。 テーブルの上に置いてお点前出来ます。お正月や来客時にお点前を。

 

                 清風拂名月 (せいふうめいげつをはらう) 大徳寺黄梅院主 太玄師

   

         菓子銘 秋桜(こすもす) 小豆つぶ飴仕立。 遊月製。 

     和菓子は季節感が大切です。 また今日、この時のものです。お茶の前にいただきます。 美味しかった。

 

        

 Yさん宅の茶花  左赤い花=秋海道(しゅうかいどう)  右紫色=南蛮キセル(育てるの難しい、珍しい花) 右の風船かずら。やはずススキ。

               茶花はとても繊細です。場所や日当たりの具合を考え、野山に自生している環境で育てる。花を咲かせるのはとても難しいです。

               いつもお珍しいお花を見られてとても幸せです。 

               千利休は利休七則のなかに 「花は野にあるように」 活けるようにいっています。

 

  お盆点て   お盆の上に準備しその上に服紗を輪を右にしてかけます。 お盆を持ち茶道口で一礼してお点前をはじめます。

         

  皆さまお盆点て

 

        

  

  濃茶   茶碗を温める                 お湯を2回に分けて入れる。お茶を練る。           ご三器の拝見

        

 

               お茶銘 蓬莱の昔 一保堂詰

   濃茶の飲み方   濃茶が出されると、正客は出て、右手で茶碗とり膝前に仮置き出し服紗とともに持ちかえります。 一端縁外に置き、次に次客

   との間、縁内に置き、次礼をします。正客が一口のんだら、亭主は「お服加減はいかがでございますか」と尋ねる。  茶の色、香り、味を味わう。 

   濃茶を美味しくいただく為には、お湯の温度は大切。また熱い内に早く回すことが大切です。 濃茶は香りよくまをやかであり、癒されます。 

   濃茶も毎回お稽古しておりますから、お点前、飲み方は皆さま慣れて来られていますね。

   お点前やお作法はお稽古の時だけではなく、日常生活にも取り入れられますように!

 

   いつもグログをご覧下さりありがとうございます。

   次回のお茶教室は10月30日(月)13時からです。 皆さまご参加くださいませ。

        

       お茶教室担当  文責 伊藤正子


この記事をはてなブックマークに追加