高山右近列福記念献茶ミサと特別講演会

2017-04-25 20:58:26 | 日記

4月25日、高山右近を讃えるかのような青空が広がる清々しい日でした。

カトリック高槻教会でミサがあり、千 玄室大宗匠がお献茶をされました。私はミサでのお献茶を拝見するのははじめてでしたが、極めて自然な形でご奉仕されました。「なみの彼方に」というご銘のお菓子とお茶をいただいた後、講演会を拝聴しました。

キリスト教と禅宗に自然な形で囲まれながら成長された幼児期の話に始まり、キリスト教の教えと茶道の似通っているところ、又、ミサとお点前の共通するところなど興味深い話から、高山右近の生涯、その素晴らしさ、羽箒とロザリオ、黒茶碗を手に異国で果てた最期など、90をはるかに越えた方とは思えぬエネルギッシュな話に圧倒されました。大宗匠は、400年も前に亡くなった右近の献茶をする幸せを述べられましたが、それを偶然にも拝見できたことを幸せに思いました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「心よりこころにつたふる花」 | トップ | 第45回 京の会が近づきました! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。