「京都・北山丸太」 北山杉の里だより

京都北山丸太生産協同組合のスタッフブログです

昔ながらの暮らし

2015年08月25日 | 日記

 先日、組合員さんのお宅に書類をお届けすることがありました。

 

夕刻、室内に灯りはありましたが、声をかけても、返答が無いのでポストに書類を入れて帰ろうとしたところ・・・「ふんふん、いいにおい今日の夕食は魚かな?」と思っていると、足元に七輪がありました。七輪の上にはおいしそうな魚。

 

(※写真はイメージです)
 

そうなんです、こちらのお宅は薪を燃料にお風呂を沸かしておられるので、おそらくその「からけし」を利用して魚を焼いておられるのでした。
関西では「 からけし」とは木を燃やして炭になったもののことを、このように呼びます。
 

 

 

 今となっては、何というECOで贅沢な暮らしか、とちょっと感動してしまいました。

 雑誌などでは、食べ物やダイエットといった女性に関心のあるテーマに続いて、エコや自然、ていねいな暮らしといったテーマも人気ですが、そんなおしゃれな雑誌にでてきそうな田舎暮らしの外人さんや有名人の生活ではなく、市井(しせい)の人が当たり前にされている生活に心が洗われた一日の終わりでした。 

 便利さに慣れ、時間に追われる毎日を送っている私には簡単にまねできることではありませんが、出来ることからコツコツと、当たり前に環境に負荷をかけない暮らしができればいいなぁと心新たに思いました。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 出来立てほかほかです。 | トップ | チャレンジ体験中 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL