爺ちゃんの京都散歩

長野から出てきた爺ちゃんが、気ままに京都を散歩している日記です。

長野で京都を味わう!

2017年06月18日 | まち歩き
 どんよりとした曇り空の長野です。
 婆さんが「京都展」で「水無月」を買って冷蔵庫に入れてありました。
 このお菓子は、京都の風習で6月30日の「夏越の払い」に食べるお菓子です。白い「ういろう」の上に小豆を乗せたお菓子で、冷やして食べると美味しいお菓子です。
 小豆は「魔除け、厄除け」の力があると言う事、白い「ういろう」は氷を表しているのだそうで、京都の人々が、厄をのがれ、夏を迎えようとする気持ちを込めて食してきたものです。
 こんな風習を知っていれば、違った角度から京都を楽しむことが出来ます。
 長野にいて、ちょっぴり京都を楽しむことが出来ました。
 うるさい婆さんも、たまには良いことをしてくれるものです。今日は、「父の日」だからでしょうか。私の場合は「爺の日」と言うのがぴったりですが。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長野:爺ちゃんのつぶやき! | トップ | 長野:祇園祭始まる! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

まち歩き」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。