爺ちゃんの京都散歩

長野から出てきた爺ちゃんが、気ままに京都を散歩している日記です。

祇園祭:山鉾建て

2017年07月11日 | まち歩き
 晴れて、朝から気温が上昇、今日は33度の予想が出ています。
 祇園祭は「暑いのが当たり前」と言うことですが、この蒸し暑さには慣れそうにありません。
 昨日は御池通の方に行ってしまったため、前祭の鉾建てが始まっていることに気が付きませんでした。
 「毎年鉾建ては見ているのだから」とも思ったのですが、これを見ないと「祇園祭が始まらない」と思い直し、暑さを覚悟して出かけてきました。
 前祭の山鉾建ては、10日から13日の間に行われます。鉾と大きな曳山は、10日と11日のどちらかのようです。
 新町通の「放下鉾」からスタート。歩きだして直ぐに汗が背中を流れます。暑いです。
 放下鉾は、今日の朝から鉾建てが始まったようで、まだ櫓の部分を組み立てていました。

 四条通を渡り、綾小路通を過ぎた所に「船鉾」があります。ここも今日から鉾建てです。まだ、車輪を取り付ける石持を並べたところでした。学校の授業でしょうか、小学生たちが腰を下ろして見学していました。

 仏光寺通の先に「岩戸山」があります。「山」ではありますが、鉾と同じように大きな車輪が4個ついた「曳山」です。ここも今日から作業が始まったようです。組み立てる部材を並べているところで、作業工程を映像で記録していました。
 
 室町通にある「鶏鉾」に向かいます。ここは、昨日から作業が始まっており、横に倒して組み立てられた櫓を引き起こすための、大きな梃子が取り付けられていました。

 四条通に出て、「月鉾」に行きました。ここも昨日から作業が始まっています。梃子も取り付けられ、真木を差し込む段階でした。月鉾は、鉾の中では「いちばん豪華」とも言われる鉾です。

 四条通から室町通を入った所に「菊水鉾」があります。ここも昨日から作業を始めており、荒縄だけで鉾を組み立てる作業を見ることが出来ました。

 四条烏丸の交差点の手前に「函谷鉾」があります。櫓が立ち上がっており屋根の部分を取り付けているところでした。夏空を突き刺すように立っている真木は、「いよいよ祇園祭だな」と言う気になります。

 四条烏丸の交差点を渡ると「長刀鉾」です。昨日から作業を行っており、櫓を立てる準備を進めているところでした。長刀鉾は「一番人気」の鉾ですから、たくさんの人が、通りの両側で作業を見学していました。

 明日以降、胴掛等で飾られ、豪華な山鉾が出来上がります。一般の人も参加できる「曳き初め」は、12日と13日に行われるようです。たくさんの人が楽しみにしている行事ですから、天気になれば良いと思っています。
 山鉾建てを見ることに夢中で、暑さを忘れた散歩が出来ました。しかし、正直、暑かったです!
 今日の歩数は、4,522歩。

『散歩』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京都:大蓮寺の蓮! | トップ | 祇園祭:鉾曳き初め! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。