爺ちゃんの京都散歩

長野から出てきた爺ちゃんが、気ままに京都を散歩している日記です。

祇園祭:鉾曳き初め!

2017年07月12日 | まち歩き
 雨が降りそうで降らない、曇り空の京都です。
 鉾の「曳き初め」に出かけてきました。予定では、14時から15時30分の間に、各鉾の曳き初め開始となっていました。
 室町通を下がっていくと、「山伏山」の山建てが始まっていて、会所も飾り付けが行われていました。ここは、明日から「茅の輪くぐり」が行われると聞いていますので楽しみです。

 四条通の近くに来ると、菊水鉾の向こうに、四条通を進む函谷鉾が見えました。

 急いで四条通まで行き、函谷鉾の曳き初めを見学しました。室町通と四条通の交差点は、菊水鉾、函谷鉾、月鉾、鶏鉾が集まっているので「鉾の辻」と言われています。色々な鉾を見ることが出来るので、多くの見物客が集まっていました。

 四条通を渡り鶏鉾に行きました。ここは、鉾の隣が「池坊短大」ですので、ここの生徒さんが浴衣姿で曳き初めに参加しています。こんな風景を見ることが出来るのも曳き初めの時だからこそです。

 鶏鉾が四条通まで進んだので、その先に菊水鉾が見えます。会所まで戻る鶏鉾を見てから月鉾に向かいました。

 月鉾では、ちょうど「囃子方」が乗り込むところでした。もう少し待つと曳き初めが行われたのですが、それを見る人達でいっぱいでしたので、写真だけ撮って菊水鉾に行くことにしました。

 菊水鉾では、運良く曳き初めに参加することが出来ました。そこで始まるのを待っていると、四条通を進む月鉾が見えました。その先に鶏鉾も見えます。

 菊水鉾の曳き初めが始まりました。綱を引くと言うより、綱を持っている感じで鉾は動いて行きます。狭い通りで沢山の人が綱を持っているので、足がぶつかってしまい、歩くのに苦労しました。良い体験になりましたが。

 長刀鉾に向かうため、四条烏丸の交差点の手前で振り返ると、四条通に函谷鉾、菊水鉾、月鉾が並ぶのが見えました。

 長刀鉾は、これから曳き初めが始まるところでした。通りの両側は見物客で一杯です。人垣の隙間を見つけては写真を撮ると言った状態です。人気の程が分かります。一番人通りの多い場所に長刀鉾が建っていることもあるのですが。

 囃子方、稚児が乗り込んで曳き初めが始まりました。「生稚児」が乗る唯一の鉾です。動き始めると鉾が大きく揺れるので、そのたびに歓声が上がっていました。鉾に乗っている人は、常に揺れている状態なので、気分が悪くなる人(鉾酔い?)もいるそうです。

 長刀鉾が通り過ぎるのを待って、混雑している四条通から東洞院通に入って帰りました。14日からの「宵山」は、例年のことではありますが「大混雑」だと予想できました。出かけるならば14日の「宵・宵・宵山」がお薦め。この日は、屋台もまだ出ていないと思いますので。
 距離は短い散歩でしたが、祇園祭のムードをしっかり味わうことの出来た街歩きになりました。
 今日の歩数は、3,656歩。
 

 




 
『散歩』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祇園祭:山鉾建て | トップ | 祇園祭:茅の輪くぐり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。