クレジット会社の出来事

希望を胸に大学卒業と同時に勤めたクレジット会社、でもそこで見た物は・・・・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

呉服の訪問販売営業マンとの立ち話・・・・・・・

2007-05-29 11:57:22 | Weblog
 ある日、僕はこれから訪問販売に出発しようとした「営業マン」と、事務所の前で出会いました。

 若かった僕は「これからですか?今日はどこまで・・・・」なんて気安く声を掛け、営業マンの人もとても若かったこともあり、僕と立ち話になりました。

 で・・・・・・、僕は訪問販売でどんどん販売しているその営業の人に前から気になっていたことを聞いてみたんだ。

 「以前はどんな業種の仕事だったのですか?やっぱり呉服関係ですか?」ってね。

 そしたら、「俺に呉服の知識なんてあるかい?あんたと変わらないくらいの知識しかないよ。ここの営業ってみんな流れ者?で、呉服関係に居た人間って少ないよ。知識なんてなくてやる気と押しの強さがあれば売れるんだ。客もこっちが専門家と思い込んでいるので、適当に返事をしても大丈夫?うちのテレアポにつかまる客なんて、呉服について知っている人なんて居ないよ。知ってたら電話に返答なんてするものかい!!!」

 なんて言ってました。

 で・・・・・、テレアポにもマニュアルが有ったように、営業にも「販売マニュアル」のようなものが有るってことも教えてもらいました。

 でもね、そのマニュアルを見せてもらったんだけど、便箋に手書きで書いたものをコピーしたもので、僕は「何これ?」と驚いたほどの簡単なものだったんだ。

 「こんなので何十万円、何百万円もの呉服が売れるの?」ってものでした。

 最近はいろいろ消費者さんの意識も変わり、知識や相談窓口も増えたので昔のようなことは無いと信じたいのですが、当時のお客さんは何と「おおらか」な人が多かったものだと今にして思います。

 とにかく、呉服の販売を仕事としている人に「俺に呉服、着物のことが分かるか!知識なんて無いに等しい・・・・・」なんて、笑いながら言われたことには驚き、僕の印象に強く残っています。

 でも、そんな人が、呉服の次は教材、それがダメになったらリフォーム・・・・なんて、訪問販売業者を渡り歩き、高額な歩合収入を得ていたのかもしれません。

 それと最後に、知識の無かった人は、僕と話をした人だけで、他の人はみんな呉服、着物の知識があったのかもしれないし、みんながみんなそんな人ではないと思いますから誤解のないように・・・・・・ね。

 それとその営業さんの前職って、左官見習だったそうです。

 

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 営業車はライトバン・・・・... | トップ | 歩合給の販売員さん・・・・・・ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。