Sound of KYOTO~すきま~ミュージック・ライブラリーと音楽エッセンス

iTunesStoreをはじめ多くの配信サイトで配信中の音楽紹介や、環境音楽として役に立つヒントを京都からお届けします。

松ヶ崎の田んぼ風景

2010-03-30 07:12:32 | 京のとっておき場所
京都は街中でも北に上がるとこのような里山風景が見れます、場所はこの辺り

本当にのどかですね、春うららとはこんな感じでしょうか

おや、側の小屋に何かありますね、ソーラー発電でハウスの保温でしょうか?

しばし、立ち止まって深呼吸してしまいました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小さな出会いの新宮神社

2010-03-26 07:36:50 | 京の社寺仏閣
新宮と言えば和歌山県が有名ですが、松ヶ崎で見つけました、情報はこちら



なかなか質素な神社ですね、お~子供の三輪車があるなぁ

「おじちゃん、ここ踏んじゃダメだよ!サザンカの種植えたんだから」と小さな子供がしゃべってきました

名前を聞くとどんな字か解りませんが「さねあり」くん

150年前からあると言うもみの木や送り火の夜の神社の話をしてくれました
来年から松ヶ崎小学校だそうですが、そのまま大きくなってくださいね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンティークのなごみ

2010-03-22 09:17:40 | 京のお店

こんな町家で手作りのアンティークショップを見つけました、場所はこちら


土間にも所狭しと、昔懐かしい品々が並んでいます


座敷にも人形や茶碗等アンティークが一杯

店主の岸本さんにお話を伺いました
本業は「しみぬき屋」さんだそうですが、趣味でいつの間にかこうなったそうです
二条城にお寄りの時は一度覗いて見てください

*2013年7月7日前を通りかかったらお店は閉まっていました
 辞められたのでしょうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本家にしんそばの松葉II

2010-03-18 09:54:58 | 京のお食事処
一度記事にしていますが、京都に来ればこれ!と友人と昼食です


色々ありますが、何と言ってもにしんそばですよね


こんな大きなにしんが入っているのです


二階で美味しくホッコリと頂きました、前はレストランの菊水さん

四条河原町界隈にお越しのときは是非どうぞ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時代劇で見ている招善寺

2010-03-14 07:41:53 | 京の社寺仏閣
自転車でウロウロしているとこのお寺を見つけました、場所はこちら

なかなか雰囲気のある階段に、懐かしい建家ですね

白壁が綺麗です

お庭も手入れが行き届いています

手水鉢(ちょうずばち)も雰囲気があります


なぜか縁側に香炉が置いてありました

縁側に座ってゆっくりお庭を観賞します
ネットで検索すると数々の時代劇で知らないうちにお世話になっているのですね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

御所の休憩どころ

2010-03-10 07:35:57 | 京のとっておき場所
京都散策時になぜか良く寄る場所です、京都御苑内の北休憩所です

御所の散歩に疲れたらここらで一息入れましょう

大きな薪ストーブが冬は嬉しいです

それに、このリーズナブルなお値段の食事が楽しみです

今日はわかめうどんを注文しました
麺のこしがあってとても暖まりました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

丸太町橋とんびの大群

2010-03-06 07:50:15 | 京の風景
丸太町橋を通りかかるととんびの大群に出くわしました


空に向って餌をあげている人がいたのでした

ついでにここからの風景も写してみました、北を臨みます

東を向いた風景です
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第11回京都グランドオープリー

2010-03-02 08:05:05 | ライブの模様
1947年に京都南座の大舞台から始まったWild Geeseは今年も健在でした。
それにしてもオリジナルメンバーの二人のお年を足すと170歳はすごいですね。


今年で11回目のカントリーミュージック・イベントに京都テルサホールまで行ってきました。
朝10時半より23バンドが登場する年一回のライブです。

こちらも40年ぶりに復活されたと言う同志社大学出身のSinner Joe's
若いフロント女性三人の楽しい歌声に、世代を超えた音楽の喜びを感じました。

こちらは若いフィドラー大城さんが大活躍のBottoms Up

百練堂の村井さんがドラムスのDrifting Hoboesの演奏には間に合いませんでした

京都にはこんなに沢山のカントリーミュージックファンがおられるのです


ロビーにはカントリーグッズが一杯ですが、ウエスタン柄の扇子とはいかにも京都です
昨年の様子はこちら、来年も楽しみにしています
コメント
この記事をはてなブックマークに追加