Sound of KYOTO~すきま~ミュージック・ライブラリーと音楽エッセンス

iTunesStoreをはじめ多くの配信サイトで配信中の音楽紹介や、環境音楽として役に立つヒントを京都からお届けします。

環境音楽コンセプト19-日本人は弦楽器系がお好み?

2017-03-21 09:13:29 | 京都の環境音楽

私のサウンドデザインでの経験で言うと日本人は弦楽器曲が好きだ。

金管楽器はオーケストラにも使われ、アメリカ発のビッグバンド・ジャズには重要な楽器で、日本人は小学生時代からブラスバンドなどで親しんでいるのに、環境音楽的な使い方では弦楽器系がお好みだと思う。
これは三味線や琵琶、琴など弦楽器文化が古くからあった事も影響しているのかもしれない。

1960年代にロックの世界で「Yesterday」などの楽曲でクラシック風味を取入れたビートルズの曲が大人にも大ヒットした理由は、ホーンセクションではなくバイオリンなど弦楽器のバッキング演奏だった事が日本では大きいと思う。
若年層からお年寄りまでストリングスやピアノ、それにアコースティックギターの音色は多くの日本人が最高にリラックス出来る最大公約数的音色だと思われるのである。

=次回に続く=             by きしかなん
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エゴン・シーレ/イースト・... | トップ | いたずらっこ/亜矢羽 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。