Sound of KYOTO~すきま~ミュージック・ライブラリーと音楽エッセンス

iTunesStoreをはじめ多くの配信サイトで配信中の音楽紹介や、環境音楽として役に立つヒントを京都からお届けします。

18回京都オープリーは今年もテルサホールで行われました

2017-01-29 11:28:19 | ライブの模様
こちら18回目の京都オープリーのポスター、26バンドが参加します

こちら九条通からテルサホールへ向かう辻に京都サンガの告知がありますね

さあテルサホールに入ってみましょう


18回もカントリーのイベントが続いている事に、京都のファンの思いがわかります



参加バンドはそれぞれCDを作っておられますね



いつもの様に、スタイルから入るカントリーでもあります

こちらLonsome Ramblersの演奏です、チケットは700枚は売れているそうです


そして、采野 with YONTA Bro'sの采野さんは笑いを取りながら素敵なステージを見せてくださいました

大人数のカントリーダンスも披露して、今年も盛況です
お年の方が多く、今年はお見かけしない方もありましたが、末長く続けて欲しいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラッキーバンド&ランブリングベアーズ拾得ライブ

2016-12-01 09:26:22 | ライブの模様

11月25日(金)は年に一度のラッキーバンドの老舗コーヒーハウス拾得でのライブでした

リハーサルが終わった後の2階の階段から客席と楽屋をワイドレンズで写した写真です(多くは守人くんのカメラです)

まずはボンちゃんのランブリングベアーズ、以前を探してみると2013年対バン以来です

そしてこちらが今年は5人編成のラッキーバンド
荒木(Vo,Bass)、守人(Gt)、中伏木(Key )、村田(Perc)、花房(Drms)のシンプルな音です

何年かぶりの同窓会のようなライブですが、終わってからも話が尽きませんでした
今年はKBS京都放送の友人がビデオカメラを回してくれたので、Youtubeにライブの模様をアップしたいと思います
冬の間はバンドは冬眠ですが、来年はどうなるでしょうかね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第17回京都オープリーはテルサホールで開かれました

2016-03-27 09:44:34 | ライブの模様
毎年この時期開かれるカントリーミュージックのコンサート・京都オープリーは3月20日行われました

ミキシングエンジニアの徳竹さんの横(特等席)でまずは観覧させて頂きました

こちら、2010年にアルバムデビューされた、内田あやさんのJ-Countryのステージです

ステージ横から聞かせて頂いたのはRiver Windsさんのステージです

今年もギターの販売や

楽器関連のグッズ販売

それに、カントリーファンにはたまらない音源の数々


スタイルから入るのもカントリーでしょうね

ここではビールもコーヒーも飲みながらコンサートを楽しめます


17回も続けるのは大変でしょうが、来年もカントリーミュージックを聞かせて下さい
以前の模様はこちらをどうぞ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラッキーバンド&SUKIDARAKE MAFIA 拾得ライブ

2015-12-01 09:56:15 | ライブの模様
能面彫師のレベッカさんが彫った孤高の僧侶 拾得の看板を今年もじっくり眺めました

11月27日(金)はラッキーバンドの年一回のライブ日
今年は京都精華大学SUKIDARAKE MAFIAさんとの対バンです


リハーサル後の客のいない拾得にはやはり音楽の何かがいます



こちら前半のSUKIDARAKE MAFIAさん(守人さんのカメラ)
木琴や鍵盤ハモニカを使った拾得に似合うバンドです

こちらはラッキーバンド(ビデオからとりました)
パーカッションの村田木工さんが怪我でお休みでしたが、新曲も盛り込みました
さて、今年の演奏は終りですが来年はどうなりますでしょうか
以前の模様はこちらをどうぞ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月27日(金)は拾得でラッキーバンドとSUKIDARAKE MAFIAライブ

2015-11-19 09:23:53 | ライブの模様

今年もこの時期がやって参りました。
ラッキーバンドの拾得ライブは11月27日(金)です。
そして、今年の対バンは京都精華大学ポピュラーカルチャー学部のバンド SUKIDARAKE MAFIAです。
正統派フォークロックのラッキーバンドと変わり種バンドSUKIDARAKE~の組合わせは、何とも楽しみ。
みなさん!19時には拾得にお集まりください。

以前のライブの模様は、こちらこちらを参照ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第16回京都オープリーはテルサホールで行われました

2015-02-10 09:10:47 | ライブの模様
ほぼ7割がたはお客さんが入っている雰囲気がありますが、今年2015年の京都オープリーは2月8日(日)テルサホールでおこわれました


今年も一日中カントリーミュージック三昧で23バンドが出演します

ミキシングはティーアンドハイの徳竹さんですが、そばでしばらく鑑賞させていただきました


ここのホールは飲食OKですので、コーヒーを飲みながらライブを満喫出来ます


今年も友人の柾目ウッドメーカーさんが、アコギの調性や修理をミュージシャンから依頼されていました


カントリーミュージックにつきものの衣装などもいつものように販売されています

年に一度のこの催し物は16回目を迎えて少しマンネリ気味でもありますが、カントリーミュージックの灯は消さないで欲しいと思います
以前のオープリーの模様はこちらをどうぞ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014年ラッキー・バンド拾得ライブ

2014-11-26 09:15:40 | ライブの模様
今年もコーヒーハウス拾得ライブを11月21日(金)におこなった
このワイドな白黒写真は守人くんのカメラだ



拾得は今年も変らず、ラッキーバンド(Lucky Band)を待っていてくれました

いつもの楽屋で、対バンの懐かしい連中と話に花が咲いた

今回はミキサー卓回りを写してみる


19時からまずは文ちゃんの ホンカー石井バンドから始まる

ドブロのスライドギターに文ちゃんのオリジナル曲は、何年ぶりだろう

次にラッキーバンドは今回もフルメンバーの7人編成

今回はCD制作寸前まで出来たが、リードギターダビングが終らなかった
冬の間はバンドは冬眠、来年の今頃CDが世に出る様に頑張ろう
以前の模様はこちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年も7人編成でラッキーバンド拾得ライブ

2014-11-06 08:53:03 | ライブの模様
今年も年一回の恒例になったLucky Band(ラッキーバンド)の拾得ライブを11月21日(金)19時から行います。

Vo,Gt荒木順、EGt守人、Key中伏木寛、Drms花房康好、Bassリチャード、Choなぎさ、Perc村田木工 のフルメンバーでのライブです。
対バンは久々の組合わせ、Vo,Gt石井文人、DGt,大倉しんいちの ホンカー石井BANDです。

新曲や懐かしい曲も演奏しますので、夜長を楽しみにお越しください。

以前の様子はこちらこちらをご覧ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都工芸繊維大学でシンセの展示会

2014-09-27 10:35:04 | ライブの模様
もう二週間前になりますが、京都工芸繊維大学の同級生森本教授がヒューマンインターフェース学会往年のシンセサイザーの展示を行ってくれました



こちらは私が初めてシンセを憶えたRolandの往年の1970年代名器のJupiter-4です
4音ポリフォニックですが、オシレーターが不安定で良くチューニングに往生しました

こちらは今のシンセ音色ドラムには欠かせないRolandのTR-808(ヤオヤ)の実機です


そして世界最初のリズムマシンKORGドンカマチックはまじまじと初めて見ました

こちらは喜多郎さんがアルバム・シルクロードで使っていたKORGのアナログシンセ実機

その他にも坂本龍一さんの今でも使っておられるプロフィット5


80年代のブラス音色によく使われていたJP-8にJP-6

Rolandの創始者 梯さんが所有のMC-202マイクロコーポーザー(私も使っていました)


80~90年代に作品制作にお世話になった、カセットマルチレコーダーのTASCAM246やオープンテープ8チャンネルマルチ

そうそうコンピュータで初めてMIDI端子を付けてMIDIレコーディング出来る様になったMSXと言う8ビットのパソコンもありましたね







その他新旧取り混ぜてメーカーさんが各年代のシンセサイザーを供出して下さっていました


工繊大の美術工芸資料館はいつもは美術の展示を行っていますが、シンセが展示されたのは初めてではないでしょうか
もう終っていますが、懐かしくも興奮出来るひと時をヒューマンインターフェース学会のみなさま、ありがとうございました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これがうわさの サブウェイ・パフォーマー

2014-08-14 07:12:52 | ライブの模様
京都市が地下鉄の踊り場などで音楽パフォーマンスを募集している事を、数年前に聞いていました

先日夕方、京都市役所前駅を通りかかった時、偶然出くわしました

アコフリさん、誰も立ち止っていませんでしたがベンチに座って観賞させてもらいました


15分ほど聴かせて頂いて、オリジナル曲を歌っておられる事を知りました
アコースティックだけの使用規約のようですが、頑張ってこれからも通行人に耳を向けさせて下さい
エレクトリックの機材を使っても良いと思いますが、もう少し使用機材の範囲を広げても良いのではないでしょうか京都市さん
コメント
この記事をはてなブックマークに追加