京の辻から  =My good days=

名残りを惜しみ、余韻をとどめつつ…

地域の宝

2016年10月19日 | 催しごと・講演

滋賀県は文化財の宝庫で、国宝・重要文化財の指定件数は全国で五指に入るそうな。
打出浜にあった琵琶湖文化館は1961年(昭和36年)に開設され、地域に根差す宝を守り、公開を続けてきたが老朽化もあって2008年3月に休館した。それでも収蔵品は増え続け、約9200点に達するという。滋賀県立近代美術館を再整備し、新生された美術館に収蔵品は引き継がれるとのことで、休館を前に企画展が10月8日から開催される。

こんな新聞記事を読んで、拝見の機会を待った。
駐車場付近にあった写真は神照寺蔵の国宝で、直径28.2センチの散華供養の花弁を盛る法具「金銀鍍透彫華籠(きんぎんとすかしぼりけこ)」と、その前に衣紋、立ち姿の美しい正法寺の重要文化財「木造帝釈天立像」。

神照寺の国宝は、昨年4月、観音の里を巡るツアーに参加した折に本堂内で拝見した。
百済寺の如意輪観音像は、もう何十年と前になるが両親を伴って公開時に参拝したことを思い出す。前期・後期で展示品の一部入れ替えがあるというので再度楽しみに出かけてみたい。絵画展にはとんと足を運ぶことのないワタシ、どういうことだろう…。 

   近江とは観音どころ神無月     阿波野青畝
ジャンル:
その他
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「君の名は。」 | トップ | 頼りない受け皿 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
滋賀は文化県 (Rei)
2016-10-22 11:40:38
京都や奈良、大阪への交通の要衝地、
自ずと文化交流も盛ん、
文化の発達する素地はたくさんありましょう。
全国を歩いた近江商人も一翼を担ったでしょうか?
万葉集にも多く詠まれて、古から文化の里でした。
Keiさんのおかげで、私も少し近江が身近かに感じられます。

運動会を楽しまれ、「代休」もまたお孫さんと・・・
素晴らしい秋を堪能なさいましたでしょう?
「文化県」、Reiさん (kei)
2016-10-22 21:39:04
「あかねさす紫野」、「蒲生野」にあこがれて、万葉の歌碑など訪ね歩いたことがありました。
琵琶湖に眠る湖底遺跡もあるようですし、以後ほとんどの時代に渡って歴史の舞台となり文化をはぐくんでいますよね。
奈良仏教、白山系の山岳仏教、朝鮮半島からのもの…近江の観音信仰の構図も興味深く耳を傾けています。難しくて…ですが。
Reiさんにこのようなコメントを頂けてますます近江の文化や文学への思いが増します。

学校や幼稚園で多くを吸収しているのがわかります。
子供の適応力ってすごいものですね。見ていても楽しいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。