京の辻から  =My good days=

名残りを惜しみ、余韻をとどめつつ…

善峯寺の秋明菊

2017年10月09日 | こんなところ訪ねて
気温が上がって強い日差しにくらくらしそうな一日でした。


とても「秋明の頃」などとは程遠いのですが、一重の白いシュウメイギクが見頃を迎えてると聞いて西國二十三番札所・京都西山善峯寺を訪ねてみることにしました。西京区大原野小塩町。市域の西の端です。

駐車場に車を止めて、道の両側から聞こえる川のせせらぎを耳に歩きだしました。ほどなくして、早まったことに気づいたのです。確かもっと寺域近くに駐車場があったはずでした。「山門まで500m」と標識に。
車道から脇に入って赤い一の橋を渡り、この先の阿智坂はここまで以上で、なかなかの勾配で続きます。息が切れます。ひたすら上った先に東門。そして眼前に立ちはだかるような立派な二層の山門が現れ、まさに仰天! 観音堂(本堂)へと石垣も見事です。





おかげさまで健康に暮らせていることを感謝し合掌。まあまあ、汗が噴き出すことと言ったらありません。久しぶりによい運動をさせてもらいました。
いたる所に秋明菊の花。


このあたり、40年ほど前の春に一度訪れていて、善峯寺、十輪寺、勝持寺、大原野神社などを参拝しました。勝持寺からの帰り道に雨が降り出し、あの頃はバスを利用しての参拝でしたから、まだ寂しかった道を急ぎ足でいたところ、傘を持った女性が駆け寄ってきてくれました。返してくれなくていいからと傘を持たせてくれたのでした。赤いチェック柄の傘は長いこと叔母の家に残されてありました。叔母の家を拠点にしては京都を巡っていた若い頃でした。懐かしく思い出す地です。寺も多く、聖域のような一地域です。










ジャンル:
その他
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ナミヤ雑貨店の奇蹟」 | トップ | 運動会 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
秋明菊 (Rira)
2017-10-10 07:01:34
おはようございます。
秋明菊は押し花に好いらしいのですが押した事がありません。
大人になって知ったお花です。
40年ほど前の春のエピソード♫こころ温まりますゎ。
何はともあれ、私も健康に感謝しております。
リウマチを持っているのですが、お陰さまで色々できるのでありがたいです。
素晴らしい画像ですね♡
ひと時を、Riraさん (kei)
2017-10-10 10:43:49
こんにちは。
押し花によいことは知りませんでした。
キブネギクが別名とか? 京都の貴船に多く自生していたことからくるらしいです。
何を思い立ったか10月に入ってうろうろし出しました。

こんな昔の些細な記憶がありますのに~。人の親切が心にしみたのでしょうね。
温泉療法のために大分県に転院した子供さんを知っています。
お大事にしてくださいませ。

シウメイギク (ryo)
2017-10-10 18:08:31
京都西山善峯寺の山門の立派なこと!
威厳がありますね〜
ここまでの坂道は大変でしたが
運動になりましたね。
さて秋明菊の白がぱっと浮き立ちますね。

私は突然、私の物になったカメラをいじりまわして
おりますが、さすがにお出かけはわざわざ、撮影
気分でないとスマホのように携帯はできないですね。重たくないですがやはり邪魔になります。
白さが、ryoさん (kei)
2017-10-10 21:11:37
こんばんは。
見事な境内地の広さで堂塔伽藍も多く、バテ気味で諸堂を回れませんでした。
秋明菊を目的に来たのだから、ゆっくりあたりを楽しみました。
野草にしては上品?な花です。

重いカメラを引っ提げては、こうした折でもよほどでなければ実現しませんよね。
白いシュウメイギク (Rei)
2017-10-11 11:16:26
善峯寺のシュウメイギクはよく知られているのですね。
好い季節に訪れられたのはご存じだったと言うことでしょうか。

白いシュウメイギクは昔小説に登場して
印象に残っていますのに
作者も題名も忘れてしまいました。
ネットで調べてみましたがわかりませんでした。
忘れてばかりの毎日ですが、
極たまには忘れることの幸いもあります。
貴船菊とも耳にしますが、Reiさん (kei)
2017-10-11 16:46:51
10月に入って勝持寺、大原野神社と出かけていましたのですが、
それを友人に話したところ見頃だろうという話でした。
タイミングが良かったですね。
巡礼のグループと会いましたが、「なんの花?」という声も仕切りでした。

どなたの作品だったのでしょう。思い出されたら教えてくださいませ。
思わぬ時にふっと思い出すものですよね。

コメントを投稿

こんなところ訪ねて」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。