京の辻から  =My good days=

名残りを惜しみ、余韻をとどめつつ…

春深まり

2017年04月23日 | 日々の暮らしの中で
ふらっと訪ねた上賀茂神社では境内で手作り市が開催中でした。
五月五日に行われる神事・賀茂競馬(かもくらべうま)を前にして、一日には、馬足の優劣を定める足汰式(あしぞろえしき)があります。
そして五日に、乗尻(のりじり)という騎手が左右に分かれ、左方は赤い打毬(だきゅう)、右方は黒い狛鉾(こまぼこ)の舞楽装束を着けて馬場を駆けぬけ勝ち負けを競うのです。


馬場の周囲には埒(らち)が張り巡らされてあり、ちょうど馬の足慣らし? 調整をしているところでした。

          馬出しの桜 スタート地点
          むち打ちの桜
          見返りの欅

五日の祭りを終えて、柵(埒)を取り除き片付け終えると、「あぁ、これで埒があいた」と言うのです。八坂神社でも、祇園祭のときに限って年一回、「埒があく」と言うのだと。「埒があく」は、堀川天皇の時代に始まった神事である賀茂競馬から生まれたことばです。

  〈五月五日、賀茂の競べ馬を見侍りしに、車の前に雑人立(ち)隔てて見えざりしかば、おのおの下りて、埒のきはに寄りたれど、ことに人多く立ちこみて、分(け)入(り)ぬべきやうもなし。〉
たくさんの観客が詰めかける様が『徒然草』第41段に描かれています。

大安のお日柄。結婚式でも多くの参列者があったようで、ごった返す賑わいでした。見かけた苗代の緑も鮮やかに、空もご覧のとおりの青空。よい日でした。
ジャンル:
その他
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 隣り合って | トップ | 往きはよいよい、天神さん »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (Rei)
2017-04-24 09:55:56
「埒」は柵とか仕切りのことと知りました。
ここ賀茂から始まったのですね。
馬は神事に良く使われます、この近辺では
多度神社の上げ馬神事が有名です。
毎年テレビでみています。
馬が歴史に登場して古く、人のために尽くしてくれましたのに
諺ではいいのがありません、何故でしょう?
馬耳東風、馬の耳に念仏、馬鹿、馬の骨等々。
白馬の王子様なんてのもありますが・・・
 (ろこ)
2017-04-24 17:05:51
こんにちは。
 物事が解決しないことを「埒があかない」などと、現代では否定的な用法に使いますが、本来は「埒があく」からきていたのですね。
  堀川天皇の時代に始まった神事である賀茂競馬から生まれた言葉だと、初めて知りました。
 京都は神事をはじめとして、言葉の由来も多く、さすがに由緒ある古都ですね。
 
 
 
白馬、Reiさん (kei)
2017-04-24 17:20:38
言葉の語源は面白いですね。

なるほど、そうですね。ことわざではよい方にあまり使われませんね。
ここにも神馬がいます。人気者?でカメラを向けられていました。
白い馬です。そういえば、神社では馬の絵馬が奉納されているのをみます。
神様とは馬なのでしょうか。
と思いましたら、北野天満宮の「撫で牛」が思い浮かびました。

「埒があく」、ろこさん (kei)
2017-04-24 17:40:27
こんにちは。

かつて三条の粟田口は鍛冶集団の拠点の地でして「焼きを入れる」「焼きが回る」「鍛錬」など、
鍛冶用語でこの地から生まれたことばのようです。
「急がば回れ」は琵琶湖で生まれたことばになるんですね。
春先には山から吹きつける突風・比良八荒による水難が多くて危なかったようです。
湖上をわたって短縮しようとするのでしょうが、陸路で京へ、が安心だと~。
言葉の語源、由来も知ると面白いですね。
来月は葵祭です。
言葉 (ryo)
2017-04-25 15:53:41
こんにちは!
分らない言葉がいっぱいあります。
「埒があく」の反対は「埒があかない」
「埒もない」とも使いますね〜
賀茂競馬から発祥した言葉ですか…。
本当に勉強になります!
使い方、ryoさん (kei)
2017-04-25 16:39:12
こんにちは。

上司に「了解しました」と使ってよいのか。
こうした言葉の使い方がわからないという人も多くいるようで、
紙の辞書が探るべき一面がある、といった記事を朝刊で目にしました。
やたらと造語が増えたり、言葉は変化しますけど、正しく理解するのって難しいですよね。
こんな言い方するの? などとよく出くわします。
そういう自分も危ういのですが…。

この時季になると「埒」が浮かぶのも、生活の中にあるからでしょうね。

コメントを投稿

日々の暮らしの中で」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。