京の辻から  =My good days=

名残りを惜しみ、余韻をとどめつつ…

「道の先の風景」

2017年02月13日 | 日々の暮らしの中で
一条戻橋の早咲き桜のつぼみが、いまにも咲きそうなほどの気配に思わず足が止まりました。
車で通り過ぎるだけではわからない街の筋すじです。表札に書かれた「姓」を見ては、そのお宅の由緒を勝手に想像したり、家の造作にあれこれ注文を付けてみたり、初めて知る、読めない地名に驚かされ…と、いつも何かしら発見があって、そうしたことをゆっくり楽しみながら一緒に歩ける友人がいます。


朝、なにげなく手に取った長田弘の詩集に、こんな一節がありました。(「散歩」)
 「街にかくされた、みえないあみだ籤の折り目をするするとひろげていくように、曲がり角をいくつも曲がって、どこかへゆくためでにでなく、歩くことを楽しむために街を歩く。とても簡単なことだ。とても簡単なようなのだが、そうだろうか。どこかへ何かをしにゆくことはできても、歩くことをたのしむために歩くこと。それがなかなかできない。この世でいちばん難しいのは、いちばん簡単なこと。」

今日は、目的の場所に向かって、友人の案内を得ての道すがらの楽しみでしたが、「道のさきの風景がくるりと変わる」、「どの道も、一つ一つの道が、それぞれに違う」街歩きを、この友人となら、ぼちぼちでも長く楽しんでいきたいものだと思っているのです。

   しゃれた詩を書く 月曜日
   しゃかりき推敲の 火曜日
   いきなり消します 水曜日
   むっつり無口な  金曜日
   なんにも書けない 土曜日
   どうどうめぐりの 日曜日
   出口なし
 
こちらは「Pathography」(パソグラフィー)と題された英文の詩の谷川俊太郎訳で、その抜き書きなのですが、つたないものを書き上げようとこの一週間、ようやく入口を見つけてスタートラインに立ちました。
そんな日々を過ごしていましたので、久しぶりに友人とお昼をご一緒し、大徳寺の塔頭・龍源院(りょうげんいん)を訪れて歩いた時間は、気持ち新たに、明日からの励みにつなげてくれそうです。まだまだ、しゃかりきな推敲が続きます。指先から、どうにかこうにか言葉を紡いで…。

ジャンル:
その他
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 狐の嫁入り | トップ | 心を変えて、と »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
歩く (ryo)
2017-02-15 14:15:12
こんにちは!
若い頃は目的もなく歩くなんてことは
まず、絶対にやらない私でしたから、ウオーキング
を始めた頃は、仕方なくノルマを達成するために歩いてましたが、数年も経つうち、歩くことが楽しく
なってきました。いつもの景色でも思いがけない
発見があるものです。
最近は、そろそろ、梅が開いたかな〜とか
桜の蕾は膨らみそうかな〜とかいろんなことを
楽しみにあるきます。いつもの川辺に鴨の親子が
いるかな〜とかそんなことがたのしい。
書くことのテーマがみつかると嬉しいです。
いつもの景色、ryoさん (kei)
2017-02-15 22:07:16
こんばんは。
毎日のウォーキングコースでも、たくさんの発見があり、期待もしながらの楽しみがありますね。
私はウォーキング自体を楽しいと感じるまでにはいかないのですが、
コースで変化をつけてできるだけ歩く努力をしています。
碁盤の目のような街中は、ぶらりと入った大路小路に思わぬ出会いがあって、
京の厚みを感じる楽しさは言いようがありません。
想像が膨らみます。

コメントを投稿

日々の暮らしの中で」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。