京の辻から  =My good days=

名残りを惜しみ、余韻をとどめつつ…

92歳の鞍馬寺貫主さん

2017年06月14日 | こんなところ訪ねて


“男社会の”仏教教団の中で、40年以上も前から管長としてトップに就任し、古刹と周囲の山を守ってこられた鞍馬寺貫主(す)の信楽香仁さん。大正13年生まれですので、92歳でいらっしゃる。今日は鞍馬寺で「すべての生命かがやく羅網の世界」というテーマで貫主さんのお話をうかがう機会に恵まれました。
お話は、立たれたままで30分ほどでしたでしょうか。お参りのどなたかがいたわるような言葉をかけますと、「皆さんのように座ってるほうが大変だと思いますよ。平気です」とお答えで、座には笑いが。


水色の幕が張られているのは、20日に行われる「竹伐り会式」のための舞台作りです。
この本殿金堂に参拝。あげてくださった般若心経の始まりと終わりに、それぞれ柏手が2拍ずつ打たれたことでびっくり。
鞍馬寺は平安時代に延暦寺の末寺になっているのですが、鞍馬は古神道、山岳信仰、天台、真言、浄土と、様々な教えが詰まった場所だそうで、その特徴を生かそうと、1949年に天台宗の所属を離れ「鞍馬仏教」という新しい宗派を立てたとのことです。般若心経に柏手は、〈鞍馬らしさ〉の表れの一つなのでしょうか。「月のように美しく、太陽のように暖かく、大地のように力強く」。心の磨きが足りません…。

いただいた散華に記された言葉。
「花束をもって 多くの華鬘(けまん)を作るがごとく 人として生まれなば 多くの善きことをなすべし」
「『われに影響することなからん』とて 善を軽んずるな 水の点滴はよく水瓶をも満たすなり 少しずつ積みても賢者善に満つ」
「この世において 怨は怨によりて静まることなし 怨を捨ててこそ静まるなれ これ不変の真理なり」
「物事は意(こころ)よりおこり 意を主とし 意よりなる 清らかなる意をもって語り行う時は 楽しみ これに随う 影のものにそいて離れざるがご とし」
「深く静かで穏やかなる湖水のごとく 賢者は真理を聞きて静かなり」

今年はとりわけ緑が豊かに茂っているのだそうです。何度も深呼吸しながら、命のみなもととなる「元気」をお山にいただいてきました。集合場所がケーブルカー乗り場だったこともあって、楽して登らせてもらいました。とはいえ、山上に横づけではありません。息が切れるほどの階段のきつさでした。帰りは九十九折りを知り合った方とおしゃべりしながら…。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 風そよぐならの小川 | トップ | あとちょっと »

コメントを投稿

こんなところ訪ねて」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。