京の辻から  =My good days=

名残りを惜しみ、余韻をとどめつつ…

美しかった青田

2017年07月06日 | 日々の暮らしの中で

大坂からの帰り、京阪電車の車窓から見た青田の広がりの美しかったこと。
苗の生育にはいくらか差があって、手前の田には張られた水がまだよく見える状態でした。
青田に渡る風のすがすがしさに思いを馳せ・・るのは束の間、きれいだなあ~と思ってみているうちには、もうあーーっという間に通り過ぎてしまったわけですが…。

眼前の風景に目を奪われながら、一方では昨日から幾度となく繰り返し見た荒れ狂う濁流の映像が脳裏に浮かびます。
行きがけに見た出町柳駅近くの高野川も鴨川も、穏やかな流れでした。車窓からの木津川も淀川も、大阪の土佐堀川ももちろんでした。
幸いにもこうして無事な一日を過ごせて、感謝しなくては。
                                  (青田のイメージ、写真はネットからの拝借です)
ジャンル:
その他
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 〈一生懸命に「ユトリ」を〉、に | トップ | 「うけたもう」 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (りら)
2017-07-07 14:37:46
田植えをした後は すがすがしいです。
こちらは田舎ですので田園風景があります。
しかし最近は アパートやコンビニへと変わりつつあるのです。
中津や日田の方の被害が凄いです。こちらも地盤が弱くなってるので心配です。
とにかく無事に過ごせて感謝します。
まだ雨が、しんぱいですね、りらさん (kei)
2017-07-08 10:49:59
こんにちは。
本当に緑濃くきれいな風景でした。
田圃だったところに住宅が建ち、宅地の隙間に小さな田んぼがあったり、はこちらでもみられます。
つつましやかに暮らす日常が奪われ、命まで・・
どんなにか恐ろしく悲しい思いをされてることだろうと想像します。
美しい青田 (Rei)
2017-07-11 10:49:25
水のある風景は大好きですが
自然の猛威は時に水の恐ろしさを知らしめてくれます。
写真のような美しい田圃も、北九州では泥や流木にに埋もれてしまいました。
京都でも何年か前嵐山が水害に遭いましたね。
AIなどに人間が負かされる時代ですが、
自然に対しては人は謙虚になり
抗ってはいけないように思いますが?
自然、Reiさん (kei)
2017-07-11 13:06:32
日常の光景が根こそぎ失われる、自然災害の脅威。報道される映像に息をのむばかりです。

金子みすゞ記念館館長さんが、
「地球□やさしい」の□に、「に」は傲慢だと言われていたのをよく思い出します。
地球「が」、地球「は」なんでしょうね。
自然に置き換えてみましても…。



青田 (ryo)
2017-07-11 21:35:42
郊外に出ないと見れないですね。
俳句を勉強始めて、このような景色が
一層、胸にきゅんときます。

さて、扇風機は本堂では大活躍ですね。
私は普通の丸いのを使ってますが
洗面所の片隅に置いた縦型があまり使わない
もので私のパソコンのところに持ってきました。
数年の寿命でしたが、やはりないと困りますね。
きゅんと、ryoさん (kei)
2017-07-12 09:27:26
こうした広がりは近隣では見られませんね。
電車では本を読むのも途中までで、ぼんやり車窓からの風景を見ています。

丸いタイプの扇風機だと寿命も長いですよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。