京の辻から  =My good days=

名残りを惜しみ、余韻をとどめつつ…

「出会うのです」、と。

2016年10月29日 | 催しごと・講演・講座

「四十回記念 秋の古本まつり」が百万遍の知恩寺境内で始まった。暖かくして出たつもりだったのに予想以上の冷え込みに寒くって、時折ぽつぽつ暗い空からは落ちてくるし、傘を持たずに出たので気が気でもなく、境内の半分、東側の店舗は急ぎ足になってしまった。
寒いわけだった、今日の近畿地方には木枯らし1号が吹いた、と。

京阪出町柳駅に近い寺の掲示板で「人は自らの運命を作る」といった言葉を目にした。どう考えればいいのかなと思いながら、そのうち忘れてしまって、今出川通りを東へと歩いて知恩寺に向かう。京都大学の北側に位置している。
特別な探し物はなくって、どんな本に出会えるかという楽しみだけだった。


『梁塵秘抄漂游』(尾崎左永子)と右は『遠い日の歌』(谷内六郎文庫②)。
「古典に対しては無心に、先入観なく近づく」を流儀とされる著者が、短歌人としての眼からみながら「漂游」する『梁塵秘抄』。一方は1960年代の前半に書かれた画文59編が収められている。
…と「あとがき」から拾ってみた。本を選ぶときに「あとがき」を参考に内容を知る、また、読み始める前に「あとがき」から先に読む、という人は多いのだそうな。私もそうすることはよくあるが、購入後に「あとがき」を読んでから本文に入ることはまずない。楽しみが減るのではないか。

   

こうした本があることも知らずにいたが、どちらも興味津々、素敵な一冊である。そして2冊ともスピンが挟まったままの、未読のような綺麗さがまた嬉しい。

「本を読むのに、なんの手間もいらない。読みたい本のページを開けば、すむ。」という書き出しは「当りみかん」と題した出久根達郎氏のエッセイ。氏は著書『本と暮らせば』のあとがきで言われている。
「読むだけが、本ではない。そこにあるだけで、私たちは本から何らかのオーラを受ける。いろんなイメージが湧くし、思いがけぬアイディアを得る。電子書籍には、これが無い」「紙と活字と形とにおいとの色彩を持つ本だけが、人間の五感に訴えてくる」、と。
わかるなあ、好きな本に囲まれて暮らすのは、愉悦の極み、かも。いつか読むから、と買い置きしたくもなる。
ジャンル:
その他
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「コーディネートの秋」 | トップ | 10月もおわり »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
木枯らし (ryo)
2016-10-29 21:48:25
こんばんは!
木枯らし1番ですか!
福岡は未だ、セーターなどはあつくて着れない
のです。気温が違いますね〜
古書祭り、毎年行かれてますね。
どんな本に出会うか楽しみですね。
雨混じりになり急ぎ足になられて残念でしたね。
ぽかぽかに、ryoさん (kei)
2016-10-30 22:00:51
こんばんは。
ぽかぽかとよいおてんきでした~。
昨日の寒さは何だったのか、ころっと変わる陽気です。

古本供養をして始まります。
人が手を出したものをつい見てしまいますが、興味が向く先は本当に千差万別で面白いことです。
季節ごとに開催されて、ここは一人で行くに限ります。
良い本に出会われて・・・ (Rei)
2016-10-31 11:13:42
出久根達郎さんは小粋なエッセーを新聞の連載で読んだだけです。
昔、出久根さんと言う素敵な男性がいて
風貌もですが、会話の楽しい人でした。
出久根達郎氏もエッセーから想像、素敵な方でしょう。

「本を読むのに、なんの手間もいらない。読みたい本のページを開けば、すむ。」>
確かに読書の楽しみは計り知れません。

名古屋でも古書祭りなどありますが、
最近は行けなくなりました。
古典も少し…、Reiさん (kei)
2016-10-31 22:08:25
出久根さん違いですね。
出久根達郎氏の書物エッセイは、文人のエピソードもふんだんで面白いです。
普段、出店している古書店の前を通っても滅多に入ることはありませんのに、この機会は待ち遠しいです。

明日は「古典の日フォーラム」がありまして、寂聴さんが記念講演されます。
林望さんの基調講演を楽しみに出かけます。



コメントを投稿

催しごと・講演・講座」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。