京の辻から  =My good days=

名残りを惜しみ、余韻をとどめつつ…

15歳で出家得度して

2017年04月29日 | 催しごと・講演・講座

前回(4/13)とは場所が変わって、東山区四条通に面した西利のギャラリーで開かれている写真展に出掛けた。蓮華笠と白い浄衣に身を包んで雪の山中を歩く光永圓道大阿闍梨です。昭和50年生まれ、42歳とお若い。

       
写真集出版を記念しての写真展でしたが、写真集には手が出せず、こちら『千日回峰行を生きる』を求めました。「何かしら生きる上での糧となるような機縁に」なるよう、読ませていただきたい。

実は昨日、出羽三山で修験道を今に守る羽黒山伏が唱える『感じるままに生きなさい 山伏の流儀』を購入したところでした。
羽黒山五重塔の一見をかなえたくて、ツアーでの参加を計画したものの先延ばしで断念することになった4月。これまでは、はるかに遠方の地、縁も薄いかと思っていたのですが、一歩踏み出したことで、タイミングさえ合えば行けるのだという思いを強くしています。気になっていた一冊でした。

       
山伏の流儀を読んで、「物事を頭で受け止める癖を改めて魂で受け止める方が、ストレスからの解放や生きやすさにつながるという道理がよく胸に落ちる」、かどうか。さっそくこちらから。
 ある書物を読んでいて、「結局、その信は教養以上には出ないのです」という言葉に触れました…。
ジャンル:
その他
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雑多なものを一気に食べれば | トップ | 最古の壁画写真展 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
千日回峰行 (Rei)
2017-05-01 20:36:32
心も体も強い人だけしか成し遂げられないのでしょうね。
以前テレビで厳しい行のドキュメンタリー見ました。
「結局、その信は教養以上には出ないのです」
難しくてよくわかりませんが、
人はその人以上のものはでませんし、
出せませんよね。

感じるままに生きる、これまたむつかしいことでしょうね。
西行は感じたままに生きた人でしょうか?
信心って…、Reiさん (kei)
2017-05-01 23:39:04
こんばんは。
中学生の時からぜんそくがひどく、夜寝られないので登校もままならなかったそうです。
身体を丈夫にしたいと飛び込んだ比叡山のようです。
想像の域を超える荒行ですね。

本を読んだり人から学んだ知識を背景にした信心。
「仏を信じる」ということ、私もそうした域を出ません。限界があるような…。
友人は、それで普通なんじゃないかと言うのでした。

「感じたことを 考えてやりなさい」と山伏は言われてます。
「魂」とか…、信心もですが… 私は頭で考えてしまいます。


「結局、その信は教養以上には出ないのです」 (ろこ)
2017-05-02 00:59:57
こんにちは。
 「結局、その信は教養以上には出ないのです」
 意味が深くてよくわかりません。
 書物からの学び、師と仰ぐ人からの教えと学び。
 その域から出ろと言われると、では聖書や仏典やコーランから学ぶ者たちはどうなのでしょうか?
 僧侶もお経を学ぶ。つまり仏典や経典から学んで修行を積むのではありませんか?
 頭で考えて胃の腑に入れて消化し、昇華する。
 それが普通の様に思いますが。
 難しいですね。
「昇華」、ろこさん (kei)
2017-05-02 12:38:16
こんにちは。
ろこさんのおっしゃること、私なりに理解します。
学んで、消化し、「昇華する」…。
「弥陀の本願信ずべし」。
「信じてますか?」と問われ、「信じています」と即答できません。
「縁あって寺に嫁ぎ坊守として日々過ごす中で身に備わっていくものがあるんで、
そう思ってみているし、それでいいんじゃないか」と友の言葉もあって、そうだなと思うのです。
ただ…、何か乗り越えられない、内心のもやもやが晴れません。
 言葉を尽くしていただき、ありがとうございます。

コメントを投稿

催しごと・講演・講座」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。