京の辻から  =My good days=

名残りを惜しみ、余韻をとどめつつ…

高麗仏画 - 香り立つ装飾美 -

2016年11月04日 | 催しごと・講演・講座

「荘厳華麗 あふれる気品」
13-14世紀に朝鮮半島の高麗国で花開いた仏画の企画展が泉屋博古館(せんおくはくこかん)で始まった。

  
          (新聞で)

「高句麗」なら日本史の中で多少は思い浮かぶが、「高麗」と聞いてもその関わりには知識もない。けれどそういうことは度外視して、新聞紙上に掲載された高麗仏画を代表するという「水月観音像」のなんともいえない柔和さ、絵図の細微な装飾、色合いに目を見張った。右手の先には赤い糸で連ねた白い水晶の数珠が垂れている。大円相に包まれ、身に薄もののベールをまとう。華麗な荘厳(しょうごん)、なんという色づかい。妙に、妙に心惹かれて、「行こうか!?」「行こう!」と即決だった。

この「水月観音像」は、ここ2年をかけての全面修理が終わったところで、1978年の大和文華館の展示以来の公開となるのだそうな。いつもは端から順番に見て回るが、今日ばかりは変更。
阿弥陀如来に「国の安寧、今生の福寿と死後の往生に願いを託」し、「観音の浄土補陀落で瞑想する観音に教えを乞う様を描いた」高麗の宮廷画家。これらの仏画は朝鮮半島にはほとんど残ってなくて、海を渡り日本の寺院で保存されているのが大半だという。
そういえば…だが、日本での仏画盗難事件がニュースになることがあった。韓国内で転売されるというから、やはり「盗難」なのだろう。高麗王朝のものだそうだ。

とても気持ちも和んで、帰り道にある岡崎神社に立ち寄った。孫のTylerが生まれるときに参拝したあのウサギの神社で、ひと月後に迫った第三子の無事な誕生を祈った。

ジャンル:
その他
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11月1日「古典の日」 | トップ | 秋、靴と父 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
第3子〜 (ryo)
2016-11-05 16:17:03
こんにちは
気高く、美しく、柔和で荘厳で、水月観音像
を拝顔されて気持ちよく
神社での参拝。
1月の赤ちゃんの誕生が待たれますね。
羨ましいです。もう赤ちゃんは当分抱けないですね。
孫は一番したが小3です。今度抱けるとしたら
ひ孫?、なんだか気が遠くなりそうです。
忙しう師走です、ryoさん (kei)
2016-11-05 21:21:52
東山の木々の葉も少しづつ色づきだしました。
美しい観音像をまえに心ゆくまで過ごして、とても幸せ気分に。
「一月後」となってしまっていましたので書き直しました。
予定日は12月4日、あとひと月ほどなんです。
冬は風邪をひかさないようにとか気遣いも増えそうですね。
男の子です。ドルネームに日本名を考え中です。

コメントを投稿

催しごと・講演・講座」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。