京の辻から  =My good days=

名残りを惜しみ、余韻をとどめつつ…

隣り合って

2017年04月21日 | 催しごと・講演・講座

「漢字三千年 ー漢字の歴史と美ー」 日中国交正常化45周年記念特別展。


「漢字」誕生以来3000年。最古の漢字として知られる甲骨文字、清の時代の漢字が刻まれた世界初公開となる兵馬俑。太鼓に似た大きな石・石鼓(せっこ)に刻まれた文字、…等々、およそ110点の出品があるようだ。毎日読んだり書いたりと漢字は身近なはずだが、深く考えることがない。気持ちが弾まないまま、足早に見て回ってしまった。この感性の乏しさ!
ただ、〈中国と日本は一衣帯水の隣国…〉、こう始まる掲示物の冒頭にあった「一衣帯水」という言葉を初めて知ることになった。


もともと気乗りせずに敬遠した展覧会だったが、友人に誘われ、行ってみる気になった。久しぶりに会う友人だったから、これを機にと私の中では目的がすり替わっていた。向かい合うより隣り合ってのお喋りを好む彼女は、私より7つ年上だが、一目見て元気そうだと感じた。どのような事情があれ、縁ある人との別れに穏やかではいられまい。それでも月日の経過は、とらわれていた心を軽くさせたようだ。
戸惑いや悩みにも、潤いをもたらす優しい雨が降る。気づかないくらい静かな、恵みの雨が、ね。
ジャンル:
その他
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恋の隠し方 | トップ | 春深まり »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
漢字 (Rei)
2017-04-23 10:14:06
誕生して3,000年なのですね。
以前中国語を長い間齧っていましたので、
漢字にも栄枯盛衰の歴史があることを知りました。
今の暮らしに何もいきていませんが、
多くの友人を得られたことが大きな収穫でした。
ご友人との再会は「漢字」以上に良い時間だったようですね。
春の雨の中、しっとりと会話も弾んだことでしょう。
友人との時間、Reiさん (kei)
2017-04-23 16:13:43
文化、歴史においてもすごい国ですね、中国って。
文字が石に刻まれた最古のものが展示されてました。
大きくて太鼓に似ているから「石鼓(せっこ)」と言われるようですね。
漱石は岩波書店から出す『こころ』の装丁を自らかってでて、石鼓文(せっこぶん)の文字から拓本をとり、
本来は黒と白2色の拓本を、赤地に緑字の配色にアレンジしたようです。
で、岩波書店から刊行されるすべての「漱石全集」がこの配色での装丁になったと。初版本(『心』)の復刻版がありました。
有名な書家の書でも、私には見る目がなくって…。


漢字 (ryo)
2017-04-23 17:19:03
一衣帯水。
この言葉を初めて知りました。
漢字は魅力がありますね。
最近、時代小説を書き始めましたが、漢字の
素晴らしさに、そして美しさに、本当に奥深さを
覚えます。
月日がさまざまな感情をやさしく包んで流して
行くことでしょう。月日には不思議な力がありますから。
奥深さを、ryoさん (kei)
2017-04-23 21:56:57
友人と漢文の書き下し文の話をしましたが、
中国語を履修するよう高校時代の恩師に言われておきながら、
フランス語など取ってしまいまして、あれは後悔の極み(笑)です。
大きくて、深い国ですね~、中国って。

そうですね。
人として務めを果たされて、軽くなったような雰囲気がありました。



コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。