京の辻から  =My good days=

名残りを惜しみ、余韻をとどめつつ…

夏の午後

2017年07月16日 | 日々の暮らしの中で

             夏川の美しき村又訪はん  高野素十

たくさんの親子連れや若者が川遊びに興じていました。大きな無料駐車場に車を止めて、ここを起点にした1時間ほどのウォーキングでは、次から次と多様なものに出会えます。先日はヤブカンゾウの花に出会い、かなり遅めの合歓の花を楽しんで。

 

足元の、咲いてすぼんだカラスウリの花の名残にさえ引き付けられて、オニグルミは鈴なりでした。毬栗の青さが新鮮! 北山杉の育林の眺めも美しい。
遠く雷のなる音がし始めて、間もなくに夕立が来ました。

祇園祭も本日、宵山。明日は、前祭山鉾巡行です。
昨日15日の宵々山では、新聞報道によれば〈四条室町周辺は人で埋め尽くされ、狭い室町通や錦小路通に入ると身動きが取れない〉ほど混み合ったとか。
暑くって、昼も夜も見物にいく気力はありません。
急きょ娘宅で数日を過ごして帰宅。体調を整えるような一日でした。
ジャンル:
その他
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「うけたもう」 | トップ | 言葉は心の足音 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
祇園祭 (Rei)
2017-07-17 10:02:56
涼しげないい写真ですね。
都心では見られない里山風景、
私も涼を頂きました。
中国では三大火炉都市として、重慶、南京、武漢が挙げられていましたが(以前のこと)
日本では熊谷、館林、多治見など気温を競っていますね、
京都や名古屋はその次位の暑い街でしょうか?

祇園祭、ツアーで募集していましたが
案外地元の方の見物は少ないでのしょうか?
火炉都市、Reiさん (kei)
2017-07-17 10:36:20
この川が台風などの大雨で氾濫し、付近のグランドも駐車場も泥まみれになったのを何度か見ております。
「火炉都市」とは、文字を見るだけで熱々ですね。
名古屋も京都も十分過ぎる暑さですのに、さらに上をいくとなると夏場の訪問は遠慮したい土地です。

環境で見える方との割合はどうなのでしょう。
暑さに加え人出の多さ、年々気後れです。
昨夜の人出は32万人だそうです。

こんにちは (りら)
2017-07-17 13:11:12
涼しげで趣のある画像ですね。
植物の様子、天気の様子、すてき。

もうすぐ夏休みで夏本番!
祇園祭…聞いただけでワクワクします。
人の多さには少し気後れしますけどね。
夏本番、りらさん (kei)
2017-07-17 18:40:54
こんにちわ。
カラスウリ、弟の家から大きな球根?をもらい受け埋めましたのに。
それさえ育たず…の埋めっぱなしの私です。
どこでも育つはずですよね(笑)
花が咲いたところを見たことがなく、これは!?とすぼんだあとにも心躍らせて~。まったく~、ですね。
暑いこと暑いこと、人中へは勇気がいります。

今も遠雷が。少し降るといいのですが。



コメントを投稿

日々の暮らしの中で」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。