備忘録

自分も含めて日本人は、熱しやすく冷めやすいうえに忘れやすい。人の振り見て我正す。

暴行受けた娘、9年間意識回復せず 傷害容疑で父親逮捕

2016年10月12日 | 事件
約9年前、生後2カ月だった長女に暴力を振るい、重傷を負わせたとして、兵庫県警は11日、父親で無職の公門(きみかど)友行容疑者(37)=同県尼崎市久々知西町2丁目=を傷害の疑いで逮捕し、発表した。「泣きやまないのでいらだってやった」と容疑を認めている。長女は一時心肺停止になり、9歳になった今も意識が回復していないという。

 捜査1課によると、公門容疑者は2007年5月27日、当時住んでいた尼崎市内のマンションで、長女の頭部を強くつかむなどし、頭の骨を折る大けがを負わせた疑いがある。病院が児童相談所を通じて県警に通報したが、当時は公門容疑者が暴行を否定していた。

 今年6月に生まれた次男が栄養失調などの症状で2度短期入院し、病院側が8月、育児放棄(ネグレクト)の疑いがあるとして県警に通報。長女について再び事情を聴いたところ、暴行を認めたという。


この世に神も仏もあったものじゃない! 加害者が本来命がけで自分を守ってくれる父親だなんてあまりにも残酷な運命である!!

女の子のもとに妖精が現れて奇跡を起こしてくれるのを願う!!!!!!!


『事件』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小池百合子知事の給与を半減... | トップ | 電通に立ち入り調査 社員過... »