ファンダメンタルズ重視の投資メモ ~株式・不動産投資~

分かっているようで分かっていない投資家のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

シーゲルの言う事を絶対視するな。

2012-03-31 13:02:31 | 投資日記
バリュー系と言うかファンダメンタル系と言うか、結構私と近い考えを持った投資家の方々が自分らの戦略の有効性を肯定する為にシーゲルの研究結果を用いる。

ただ、この論法は帰納的なところに依存しすぎ。米国200年で証明されているといっても、あれは資本主義の中でもかなりのベストケースであって、米国のように巧く行かなかった所も沢山あるはず。それにだからこれからも資本主義は安泰だと言う前提をもって話をするのは早計。

封建主義の最盛期に封建主義の優位性をうたっても意味が無い。ベストケースなんだから。植民地経営が旺盛な時にその過去のリターンの凄さとこれからの植民地経営の永劫的繁栄を語るのは愚かであったのと同じく、資本主義が成功している今現在で資本主義の素晴らしさを説いても意味が無い。それは未来を語らない。

まだ次の方向性が定まってないけど、いつまでもこの資本主義に根差した社会で我々が住まう確率はそう高くないだろうと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 成長とは投下された資本が死... | トップ | 投資と満員電車 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2012-04-03 15:31:44
最盛期のリターンはないかもしれないけど
封建主義だろうが、絶対王政だろうが
資本主義的な経済システムは、チンギスハーンの時代でもいつの時代でもあるよね。むしろ共産主義だけが例外で他は常に資本主義じゃね?

権力の獲得方法が世襲か投票か武力かで変わってるだけで、資源の配分とかは殆ど金(貝や石、GOLD)を元に裁定が働くのが基本でしょ。
Unknown (Unknown)
2012-04-03 15:33:13
あとそれと資本主義の次の時代が来るっていう人ちょくちょくいるけど、
新しい発想の出来る俺かっこいいとか思ってね?
Unknown (kyorosukeke)
2012-04-03 18:06:47
>例外で他は常に資本主義じゃね?
ごめん、もうちょっと詳しく教えて。

>権力の獲得方法が世襲か投票か武力かで変わってるだけで、資源の配分とかは殆ど金(貝や石、GOLD)を元に裁定が働くのが基本でしょ。
それは市場経済の話では…

>新しい発想の出来る俺かっこいいとか思ってね?
カッコいいと思った事はないけど、気持ちは良いね。
Unknown (kyorosukeke)
2012-04-03 18:09:24
後、

>あとそれと資本主義の次の時代が来るっていう人ちょくちょくいるけど、

ここらへんどう思ってるのか意見聞かせて。現行の資本主義は永続するのか否か。もしくは変質するか?するならどう変質すると思うかetc
Unknown (Unknown)
2012-04-04 00:39:56
そもそも資本主義なんて言葉が曖昧で
厳密な定義なんてないっしょ。ポエムと同じで
それぞれに解釈の差がある。
ポストモダンの時代とかインテリ本によくある表現なんだけど、なんだか同じように青臭く感じるんだね。

くろすけはんは
市場経済と資本主義とどう違うと思ってるの?
資本主義とは株を売買する事って事??

いつの時代でも現代でも、私有財産権は100%ではないし0%ではない。揺らいでるだけでしょ。

今の経済システムが変質することもあるだろう。でも俺は現状殆ど変わることはないと思ってる。変わったら変わった所だけ後付で認めればいい。でも過去を見るかぎり共産主義でもない限りたいした変化じゃないよな。現在の経済システムを見た場合、ドラスティックな変化はニクソン・ショックとか敗戦とかそれくらいじゃね。それだと根幹を揺るがすものじゃないよね。

安きを買って高く売る、古代ギリシャからなんも変わってないよね。株式市場が閉鎖されても、ダイヤでも古物でも飲食店のデューデリジェンス、不動産売買でもやってればいいわけで、やっぱり根幹を揺るがすような変化はないと思う。
そうだな宇宙人でもやってきたら考えることにする。
Unknown (kyorosukeke)
2012-04-04 09:12:33
了解~。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。