水仙のこぼれ話

         風に揺れる水仙の花から時折余談が零れ落ちてくる

明治神宮の花菖蒲

2017-06-20 | 散歩の写真


都心での会議の帰路、途中下車して明治神宮の菖蒲田に行った。
花菖蒲は見頃に咲いていた。毎年のように見に来ているが、
なれてきたせいか、花菖蒲の本数が若干減ってきているように感じる。
気温30度の暑い日であったが、明治神宮は木が多いので木陰を選んで歩けば爽快であった。








菖蒲田を明治の風の流れをり
『俳句』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 綾野剛 | トップ | 梅雨晴れ間 »
最近の画像もっと見る

散歩の写真」カテゴリの最新記事