水仙のこぼれ話

         風に揺れる水仙の花から時折余談が零れ落ちてくる

1月の山の習作

2017-02-13 | 絵画


1月の北アルプスの絵を練習に描き始め、2月半ばになってやっと仕上げた。出来ばえは練習の範囲内。色を重ね過ぎて暗くなった。小学生程度の絵でも自分で描いたものは愛おしい。おいおい上手く描けるようになるかも知れないし、なれないかもしれない。絵は努力だけでは上手くはならないそうだ。
『俳句』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 突然家族を喪った場合 | トップ | 菜の花ご飯 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む