水仙のこぼれ話

         風に揺れる水仙の花から時折余談が零れ落ちてくる

漱石山房

2016-10-31 | 散歩の写真


早稲田大学から少し南にある地下鉄東西線早稲田駅前の交差点角に夏目漱石誕生の地がある。漱石の実家の跡である。漱石の実父はこの辺の名主であって、明治維新後は区長になった人であった。夏目家の家紋を基にこの地を「喜久井町」と名付けたり、家の前の坂を「夏目坂」と名付けたそうだ。







早稲田駅交差点から早稲田通を東に10分ほど歩いたところに「漱石公園」がある。ここは、漱石が朝日新聞に就職し専業の小説家になった40歳からなくなる49歳まで住んでいた「漱石山房」の跡地である。現在、建物は建設工事中でプレハブの事務所があるのみだが、いずれ山房の書斎も再現されるような建物ができる予定だそうだ。
新宿区に長く住んでいる人々には漱石を新宿の誇りと思っている人が多い。






『俳句』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 関口芭蕉庵 | トップ | 円山応挙展 »
最近の画像もっと見る

散歩の写真」カテゴリの最新記事