Sonnenschein!

フロ&きょんの、フウフがんばるぞぅ日記 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

パンパンパン

2017年03月07日 | Weblog
狂ったようにパンを焼いております。
ドイツで、ひたすら日本のパンが恋しくて。
あのしっとりフカフカの食パンが、あのごはんになっちゃう総菜パンが、おやつになっちゃうアンパンが。

ちなみに食事は完全ご飯派です。
パン特別LOVEでもありません。

それでも、やっぱりときどき無性に食べたくなっちゃう日本のパン。
ドイツパンの素晴らしさについては、もはや何も言うことなし。皆さんが称える通り。異議なし。はい、あんたスゴイヨ。スッパイヨ。ちょっとディスる
でも別もんですから。

きっかけは日本人のお友達から勧められた、パン焼き器。
毎朝焼き立てパンが勝手に出来てて、夢のようですよ、とな。
ドイツにはミックスされた粉が充実してるんです。そいつと水でセットしとけば、朝には立派なドイツパンが焼けてるんです。

そこから全ては始まりました。
今ではこの有様。






はい、やりすぎ。

今や誰が食べるのか予測できないままひたすら焼き続け、周りの人に消費をお願いする毎日。

初めは、本当に苦労しました。
何がって、粉よ、コナ。
日本のしっとり食パン作ろうとしても、粉が違うもんだから、まず強力粉なるものをドイツで探し当てるのに数か月かかったわ。
こんなの皆さんブログなどで仰っている事なので今更ですが、日本の小麦粉は薄力、中力、強力とタンパク質の量によって分けられてます。
ドイツは灰分量で分けられてるのね。ほんで表示は405とか550とかっていう数字。
こちら、薄力、中力等との関連一切なし!!
405が薄力粉だと信じてきたのに、なんじゃいそれ
通りで、405でスポンジケーキ作ってもなんかモチモチするわけじゃい。なんで思ったように焼けないのか、ちょっとへこんだ私の時間を返してほしい。くぅー。

もうね、コナ研究期は、どのスーパー行ってもひたすら粉コーナー(違うよ、狙ってないよ)に佇んだわ。
片っ端から粉の成分表示とにらめっこ。
これまたドイツの粉の種類の多さときたら、研究半ばで日本からの輸入に逃げ出したくなるほど。
日本ではスーパーで売ってないようなライ麦とか全粒粉とか、ご丁寧にそれぞれ数字別で。
粉屋もアホほどあって、それぞれの会社がそれそれの成分で。




ッキーーーーーーーーーーーーーーーー!!!




ってなりながらこぼれ落ちてくる粉にまみれたわ。(ドイツの粉、掴んだだけで結構な量が袋からもれてきます)


まぁ研究の成果があり、今はこいつならいいでしょう、という私認定のお粉を見つけましたので、そいつでせっせと焼いてます。
ようやく安定もしてきたので、そろそろ売ってみようかしらとある機会に販売してみました。
なんせ家では、すっかり慣れてありがたみを感じなくなったフロのみ(自分ではっきりとありがたみがなくなったと言っていた←イウカネ!!)がお客さんなので、これはモチベーションになりましたね。
日本だ~と喜んでくれるのを見るのは、嬉しいもんです。まさに私自身が求めていた事だったから。


というわけで、ドイツで日本のパンをお求めの方、この辺り(どこにいるんだお前は)にいらっしゃる方がいれば是非お声がけくださいね~

パン話に付き合ってくれてありがとー。つきあいついでにポッチン
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へにほんブログ村

さらにお付き合い願いますでポッチンチン


ありがっちょー!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドイツでダイエット | トップ | お茶会  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。