原キョウコ ダンスセラピーラボ

ダンスセラピーという手法を通して心身の解放をサポートし、心と身体と魂をつなぐことを目標に、研究を重ねている場です。

仙台でWSをしてきました♪

2010年03月29日 | 東京以外でのワークショップ
3/28、
仙台でホリスティックセラピー研究所を主宰する
遠藤園子さんのお招きを受けて
一日ワークショップをして参りました。

園子さんは
クリスタルボウルの演奏者でもあり、
トランスフォーメーションゲームやフラワーエッセンスなども用いて、
さまざまな角度から心身へのアプローチをなさっています。

今回、お目にかかるのは初めてでしたが
その暖かいお人柄に接して
なんだか初めてではないような親近感を感じました。

ワークショップに参加いただいたみなさんも
とても個性豊か!

WSの様子は、
園子さんのブログに書いていただいたものを
紹介したいと思います。

コチラをご覧下さい♪


ダンスは苦手、もしくはあまりいい思い出がない
という方がけっこういらっしゃるので
わたしのセッションで体験していただく時には

・まずはご自分の身体へ意識を向けること
・身体を大切にていねいに扱うこと
・どのようにすると気持がいいのか、あるいか悪いのかなどの感覚と動きの相関に気づくこと
・ゆるりとほぐしていくプロセスを、静かに丁寧に味わうこと

などを心がけています。

そして、気がついたら踊っていた!
という状態がいちばん望ましいのです。

ココロに躊躇がある場合は、
無理に動く必要はありません。
むしろ動かないことで(これも「動かないという動き」のひとつです。
沈黙はいつも雄弁なもの)
気づくことも多かったりします。

しかし、時間が経つにつれ…

今回のグループの皆さんの身体は
春になってつぼみがほころんで
一気に花開くようなエネルギーで踊り出しました。
北の春そのもののように。
花吹雪のように。

それはそれはにぎやかで明るく、とても気持のいいエネルギーでした。

始まりのシェアも、終わってからのシェアも
とても正直でシンプルで深く、そしてまた何より気持のいいものでした。
他の方のシェアにも深く頷き、共感している場面もありました。

終わってからの自分は
ちょっと虚脱感でした。
いい意味で。
やりきって、からっぽになる感じです。

そして、昨日も今日も、
セッションのさまざまな場面がまだ脳裏に浮かびます。

またぜひ訪れたい場所のひとつになりました。

参加して下さったみなさま、
本当にありがとうございます。

またお会いしましょう!!

そして興味を持って下さった方がいらしたら、
ぜひ次回お会いできるといいな、と思っています。

ビバ東北!!!
ゼッタイまたいくぞ~~

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こんなスイーツをお出しして... | トップ | 4/5発売の「ソトコト」に取材... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。