kyon's日誌

つれづれに・・・

レビー小体認知だったのかも・・・

2017年05月26日 | 日記
先だって、散歩友がチラリと言っていたのをふと思い出した。
オノ・ヨーコさんが認知だって?・・・へっ?
レビー小体型認知症・・・とかなんとか言ってた気がする・・ほぉ・・・レビー小体?
で、調べてみました。

****************************
脳のレビー小体に特殊なたんぱく質が溜まることで起こる。
日本におけるレビー小体型認知症の人は、60万人を超える。
高齢の方、75~80歳くらいの方に多く認められる。
基本的には遺伝することはないとされる。
三つの症状が顕著である・・・1.認知機能の変動、2.繰り返し出現する幻視、3.パーキンソン症状。

<認知機能の変動>
認知機能の変動とは、時間や場所、周囲の状況に対する認識や会話をした際の理解力など、悪い時と良い時の差が目立つ。
<繰り返し出現する幻視>
幻視は、実際には存在しないものが見えるという症状で、人や子供が見えると言われることが多い。また幻視は夜間に多くなる。
<パーキンソン症状>
体や表情が硬くなる、体の動きが減る、運動がぎこちなくなる、手が震える、姿勢が前傾になる、バランスを崩しやすくなる、小股で歩く、突進して止まれなくなるなど、いくつかの運動症状が出現する状態のこと。
立ちくらみや失神、便秘などの自律神経症状が起こることもあり。
そのほか、誰かがいる気配がすると感じたり、家族が偽物だと思ったり、自分の家ではないと思ったりする妄想が出ることもあり。
但し、レビー小体病でも人によって症状の出方や進行の速さに差がある。

●初期的症状・・・
便秘、嗅覚異常、うつ症状、レム睡眠行動障害が現れることが多いといわれる。
その後、段取りの悪さ、物忘れ、立ちくらみ(起立性低血圧)が出現し、さらに<認知機能の変動>、<繰り返し出現する幻視>、<パーキンソン症状>が現れる。
ただしこの時期では、認知機能が保たれている時間が長く、見当識や理解力も保たれ、周囲の人と心を通じ合わせることにも問題ない。物忘れも軽く、あまり目立たないことが多い。
幻視、錯視(ハンガーに掛かった服を人に見間違えたり、壁のシミを虫に見間違えたりする)などの訴えは増えてくる。その他の幻聴、妄想も徐々に目立ってくるが、例えば、自分の家にいるのにここは自分の家ではないと言ったり、家族を偽物だと言ったり、被害妄想、嫉妬妄想を伴うこともある。

●中期的症状・・・
パーキンソン症状が強くなり、歩行が困難になる。また、認知機能の悪い時間帯が長くなる。
つまり、見当識や理解力が落ちて、周囲の人と心を通じ合わせにくい時間帯、記憶の悪い時間帯が増えてくる。また良好な時間帯でも能力が低下し、幻視、妄想などの対応に困るBPSDも顕著になります。日常生活上の介助支援が必要になる。

●後期的症状・・・
パーキンソン症状、認知障害がさらに悪化し、日常生活に常に介助が必要になる。
車椅子の利用を余儀なくされ、嚥下障害も目立ってくる。認知の変動は徐々に目立たなくなり、常に悪い状態となってくる。
***************とまぁ・・長くなるが、
実は母の一人暮らしの時から感じていたすべての異変はこの症状の中にある。
脳の検査をした方が良かったのかとも思わないでもないが、いずれ、母の今の状態は多分、初期から中期を行ったり来たりしている気がする。
オノ・ヨーコさんは昨年に脳卒中で倒れられたらしいが、復活しているらしい・・・詳細はワタシには分からない。
まぁ、ひょんな話から母の今までの経過というか実態が分かった・・・というお粗末でありました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フジ三昧 | トップ | お初の顛末 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (いつでもゆめを)
2017-05-26 17:59:30
実家の母が まさに
レビー小体型認知症です
幻視こそ症状にはありませんが
認知機能の低下とパーキンソン症状を考えると中期にあたります
母を神経内科クリニックで認知症の検査を受けさせたのは丁度3年前・・・
まだその頃のもの忘れは 時々でしたが
年単位で確実に進んでいます
薬を服用していても・・・です
今では 同じ話をするたびに内容が変化していますし
これも 行くたびに聞かれるのですが
子どもの事はしっかりと認知していますが
孫となると もう あやふやで
今日も ”あんたの子供は誰だっけ?”って聞かれ
”〇〇はいくつ?どっちが年上?”とか 
家系図を作って持ってこようかと・・・と
真剣に考えています
クリニックの医師は 急激に悪くなることはない・・・と言っていましたが
私の感覚では 少しづつ少しづつ じわじわ進み
気付くと どっと進んでる・・・こんな感じです
歩幅も つま先と 踵が並ぶ感じで 時々 立ち止まります
筋力も落ちてくるのでしょうねー
治療するしないは別にして 今の状況を把握しておくと言うのも 何かの指針になるのかも?とは思います
でも レビーだと いきなり激怒したリ 疑い深くなったりなんて症状が出る方もいるようですが
それが まだ ないだけ 良いのかな?とも 思ってます
今日の余韻で 私まだ 夕食を作る気力が戻ってません(笑)参ったーーー
ゆめ様へ (kyon)
2017-05-26 19:58:17
ん・・・ご苦労様でしたね・・。お疲れのようですね・・今、ブログ拝見してきました・・・。

健常人と話す感覚でいると、こちらにはちょっと戸惑いや疑問が溢れますね・・・でも追及はしません(苦笑)
引っかかりどころが悪いと突然怒り出すという特徴も出てきていましたしね、ただ、頻繁ではないですが・・・いきなり感情移入をされて怒りで泣き出したりすると焦りますよ(苦笑)我が親ではなく他人を見るような感覚になってね、子供のような癇癪を起した老人に、気落ちが引けます(苦笑)
妹ともあれこれの顛末の裏話をするとお互いに驚くような話が山ほどで、まぁ、互いの認識が合っていた方が対処し易いっつう訳で先だっても妹と少し話せました。いよいよ連携が必要になっているかなぁと感じます。
ただ、母の前で私と妹が話していると疑りますので、外で(笑)自分に黙って何を話したか知りたがり、妹はヤキモチだと言い、ワタシは今までの親子の確執に問題があるように認識していましたが・・・どうやら、元々の性格とか性分というものにもかなり左右されるような気はしています。
症状の多くは母の性分の中にも既にあったような感じがするのですよ・・・母を少し突き放して見る癖がついていて、そう感じるのかもしれませんが・・。
行く度に母が見たがるので週刊誌を買って行きますが、この週刊誌がいいクッションになってるかもしれない。写真を見ながら質問されたりするから、ふ~ん、どれどれ?…ってな具合です(苦笑)真面目な話は短めに理解出来る程度に・・・してます。マジで丁寧に何度も話しても直ぐに忘れますから・・何度も経験済みでして・・疲れますもんね・・薄情な感じも自分でしますが、気持ちの中で丁度良い距離を見つけたいと思いながら・・・一々腹を立てても始まらないし・・あぁ病気なんだから・・・てな感じで自分をも騙し騙し・・・(苦笑)
お互い、シンドイね。でも、親が見せてくれる姿勢というか最期をちゃんと見なきゃ・・・とも思っています。ボチボチとやりましょう・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。