kyon's日誌

つれづれに・・・

雨音

2017年05月06日 | 日記
昨日はストーブが一度も点火されなかった。
気温22~24度の日が二日続く・・・今朝は雨の朝である。少しまた肌寒い(苦笑)が、ストーブは付けない。朝方の気温が二桁あると、やはりちょっと体も楽であるよ・・・(^^ゞ
まぁ、このまま気温が安定してくれると体も追いつくのだろう・・・頼むよ~、空さん!

昨夜はTVのロードショーはミュージカル「アニー」。
映画になってたんだね。久しぶりに最後まで見た・・・近頃大好きな映画さえ最後までちゃんと見る気が無くなっていたからね(苦笑)
ミュージカルは本来は舞台で見るのがいいのかもしれないが、映画でも自宅で見れるのは嬉しい。いい映画ならね(笑)そそ、いい映画だった。
日本でも舞台で話題になったことがあったようだが・・・
アニーは何とも言えぬ可愛いらしさがあるねぇ・・・あのワフワフの髪の毛(カーリーヘア)に触ってみたい(笑)
テーマソングなのかな?トュモーロー?の歌がやはり心に残るね。

そう言えば、昔さ、もう何十年かになるね(笑)、
ライザ・ミネリの「キャバレー」は面白かったなぁ・・・イッツ、ショータイム・・・一般受けはあまりしなかったらしく玄人受けだったらしい(笑)あれは映画館で見た。ワタシは玄人じゃないけどさ、ショーの世界も凄いもんだと感動したのを覚えてる。
「サウンド・オブ・ミュージック」ももう、何度見たか・・・ビデオまであるさ~(笑)
ジョージ・チャキリスの「ウエストサイド・ストーリー」・・・あまりに有名だけどさ・・あれもエネルギーとパワーが溢れてたねぇ・・・ダンスも歌もピッタシでさ・・・
そう言えば、昔のミュージカル映画にはエネルギーがあったねぇ・・・アメリカのパワーっつうか・・

最近は「ララランド」っつう、今の時代ではあまり流行らなくなったミュージカルが映画が人気だというではありませぬか・・・・・それなりに時代に添ったヒットがあるもんなんだね・・
映画のラストに流れる曲とかテーマ曲とかさ・・・中々に名曲も多いよねぇ・・・
音楽は常に場面場面に必要なエッセンスなんだねぇ・・・

そうしてみると・・・屋根に当たる雨音も中々に自然の音楽としては、聞けるかも・・・(^^ゞ
おぉ・・・ブログ更新中にザンザン降りになってきたわ・・・(苦笑)や~、大変大変・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 季節柄 | トップ | 普通がいいね »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
発見も・・・ (伊豆の花)
2017-05-06 15:39:16
こんにちわ~
そちらの天気予報では、今日は昨日より、大分、気温が下がる・・・というような事を言ってましたが、如何ですか?
私は、既に、半袖のTシャツで過ごしております。

さて、私は、「映画」も「ミュージカル」も、それ程、入れ込んで見た事は無いですが、偶々、同じ素材(内容)の「映画」と「ミュージカル」を見る機会があって、その時は「ミュージカル」の方がオモシロイと思いましたよ。
元来、感動する事に疎い私ですから、「ミュージカル」の臨場感(迫力?)と舞台装置変換の素早さに、飽きなかったのかも知れませんね。

でも、何であっても「食わず嫌い」はモッタイナイですね、案外、発見もあったりします。



伊豆様へ (kyon)
2017-05-06 17:23:31
ええ~?既に半袖?!ひゃぁぁ・・・まず秋田とは二か月ぐらい気候の差がありそうな気がする~(笑)
さすがに半袖では・・・ことに今日のような冷たい雨が降ってたら・・・無理無理~(笑)

何でもそうでしょうが、やはり臨場感には負けますよね・・・舞台にはそういう魅力がありますものね。
昔は少しは舞台も見に行ったりしたんですけど、最近はとんとご無沙汰です(^_^;)

食わず嫌いか・・・・んん・・・そうですねぇ・・・
ワタシも結構食わず嫌いがあるような気がします・・・(苦笑)
演技に歌を自然に取り込む・・・そういうのって、結構難しい気がしますね・・・入れ込むほどそれにハマる訳でもないですが、いいものはいいと思いたいし・・偶然見た訳ですが「アニー」は噂通りに良かった気がしてます。
インドの映画は歌って踊ってが大流行りらしいとは聞きますが・・・あまりガチャガチャしてる感じのせわしない映画は疲れますわ・・・(苦笑)
インド映画だけは勘弁かなぁ~食わず嫌いです(笑)
千昌夫 (黄釈子)
2017-05-07 07:22:04
私はその時間、千昌夫がいかにして遠藤実宅に入り込んで、3枚のレコードを出したが、パッとせず、その3枚の中のB面の「星影のワルツ」を、自分の知恵と工夫で世間に売り込んだか、という話を聞いていました。
世間に知れ渡るというのは、並大抵じゃありませんね。
黄釈子様へ (kyon)
2017-05-07 07:37:00
千昌夫さん・・・その話、そこそこあちこちで知られていますよね・・・
今も売れているかどうかは知りませんが、「星影のワルツ」は中国で大流行りしたとか・・・不遇時代を経て売れる・・・そういう話も芸能界には山ほどありそうですが・・・そうだよね、並では出来ないね~
諦めないで自分を信じる・・・・信念のようなものが並のワタシなんぞよりずっと大きい意識としてあるんだろう・・・
「アニー」も諦めない・・・というフレーズが沢山出てきます・・・そこ、人生には大切なことなのかもしれません・・・などと・・・ちょっと楽しむより学びますね(笑)今更ですけどね(^_^;)

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。