KYOKUKENZO'S WORKSHOP 2017

「道」は自ら切り開くもの。
他人の後追いは「道」にあらず。

私が払うね。

2017年06月14日 | 歳時記
どうして人は
夢を見るのだろう。

昨夜、ママの夢を見た。

みんなで食事してたら
ママが現れておごってくれた。

「私が払うね。」と
聞きなれた心地よい声で。

行ったことのない場所、

会ったこともない人。

これはおかしい。

夢にちがいないと
夢の中で思うこともある。

リアルな映像で残る夢。
人間っておもしろいな。

なつかしい場所。

会いたかった人。

ふしぎな筋書。


ママ。

ごちそうさまでした。

次は私がおごるから。kyokukenzo
『家族』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カンパ~イ! | トップ | 早道を行く。 »

コメントを投稿

歳時記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL