KYOKUKENZO'S WORKSHOP 2016

「道」は自ら切り開くもの。
他人の後追いは「道」にあらず。

ハタラキアリ。

2016年10月13日 | 歳時記
アリとキリギリスの話を
子供のころ聞かされた。

夏に歌って遊びほうけ
齷齪ハタラク者を笑って
冬に泣くキリギリス。

だが、実際は

勤労は美徳の象徴のはずの
ハタラキアリくんも
実は大半が働いていない。

ハタラカナイアリくんも
働いたような顔をして
冬になれば蓄えたエサを
知らんふりして食べるのか。

そんな
くだらんことを考えながら
電車で家路についた。

でも

ハタラカナイアリもきっと
何かの役に立っており

ハタラクアリ、ハタラカナイ
(ように見える)アリを
纏めてハタラキアリと呼ぶ。

きっと代わりばんこに
働いてるにちがいない。

日本人も昔は
ハタラキアリと称された。

家庭を家族を省みず働いた。

仕事があって家族がある。
家族があるから仕事がある。

仕事も大事。家族も大事。

ハタラキアリに学ぶことがある。kyokukenzo
ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 坂を上ること。 | トップ | 男と女。 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL