KYOKUKENZO'S WORKSHOP 2017

「道」は自ら切り開くもの。
他人の後追いは「道」にあらず。

初体験。

2017年08月11日 | 泡もの
経済活性に理屈は要らない。
さぁみんな。街へ繰り出そう。


小樽の夏と言えば「潮まつり」。

「潮まつり」の話題になると
「すごい混む」という形容詞が
かならずともなってくる。

「潮まつり」=「すごい混む」

私の脳には昔から
この図式が刷り込まれており

結果「潮まつり」に腰がひけ
この歳になるまで
行ったことがなかった。

ところが今年は
屋台出店するお客さまの

お手伝いをさせていただくと
若い者が張り切っている。

それなら私も黙っていられない。

彼はビール販売応援。
私はビール消費応援だ。

早朝ゴルフのあとJRに乗る。
車内でも飲み通し話も弾んだ。

小樽に降りて

会場までタクシーに
乗ろうとしたら断られた。

どうして?

神輿で賑わう駅前通り。

交通規制で
タクシーも走れないのだ。

あで姿4人娘。やっぱり

若いってすばらしい!

しばらく歩き、お店についた。

ビーフステーキ!早速注文。

それからオムライス。

生ビール!生ビール!

その間にもどんどん
人が集まってくる。

怖ろしいほどに。

花火を見ないで帰りましょう!

それがイイかもね。

花火のない「潮まつり」は
「潮まつり」といえるのか。

まぁ、それはともかく

私の「潮まつり」初体験でした。kyokukenzo
『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« すすきの祭り。 | トップ | アユの香り。 »

コメントを投稿

泡もの」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL