プロ家庭菜園家のやさい畑日記 ~相模原 清水農園~

相模原で野菜作りをしています。家族に食べさせたい、健康で生き生きした野菜作りを心掛けています☆

キャベツとツナのお焼き

2015年11月30日 | 野菜大好き!~旬野菜のお料理です~


手軽にできて、ボリュームもあります☆

材料(二人)
きゃべつ・・100g ツナフレーク・・一缶(70g) 塩・胡椒・・適宜 薄力粉・・カップ1/2 卵・・1個 水・・大さじ1

作り方
1 キャベツは千切りにします。ツナフレークは水分を適宜切っておきます。

2 ボールに小麦粉、卵、水を入れて混ぜます。そこへキャベツとツナを加えて全体がなじむようにざっくりと混ぜます。

3 直径24センチくらいのフライパンを熱して油をなじませ、2を流し込みます。中の弱程度の火加減で焼き、最初の下面を7割、ひっくり返して3割くらいの焼き加減で焼きます。触ってみてしっかり弾力があり、おいしそうな焼き色が付いたら出来上がりです。
お好み焼きソース、醤油、などでただきます。






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

白菜の冬仕度

2015年11月29日 | 畑の出来事。。


うちの地域にも霜が降りるようになりました。
霜が降りると、この時期まで元気だった夏の植物もひと息に枯れて、耐寒性の強いものだけが生き残ります。

白菜は寒さにはとても強いですが、霜にあたると、その寒さに耐えかねるのか、巻いている葉が開いてしまうので、写真のように縄で縛って霜の寒さに備えます。
白菜を縛るようになると、秋が終り冬になったのだなと感じます。






コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

大根と豚肉の味噌煮

2015年11月27日 | 野菜大好き!~旬野菜のお料理です~


大根が浸みうまです☆


材料(1回分)
大根・・1本 豚肩ロース塊・・400g 茹で卵・・4個 出汁(または水)・・3カップ 味噌・・80~100g みりん・・大さじ3 酒・・大さじ4  

作り方
1 大根は皮をむいて3センチくらいの輪切りにし、面取りした後、やわらかくなるまで、米のとぎ汁で下ゆでします。大根が柔らかくなったら、火を止め冷めるまでそのまま放っておきます。

2 1が冷めたら湯を捨て、厚切りにした豚肩ロース、出汁、酒、みりんを加えて煮立てます。煮立ったら火を弱めてアクを取り、味噌を溶かします。殻をむいた茹で卵も加えて、豚肉が柔らかくなるまで煮て完成です。(余裕があれば一度冷まして、煮返すと味が浸みてさらにおいしくなります。)






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

3年ぶりに多摩よこやまの道を散策2

2015年11月23日 | ぶらぶら歩き


「3年ぶりに多摩よこやまの道を散策1」のつづきです。
多摩よこやまの道の名前は、古く万葉集の中で多摩丘陵を「多摩の横山」と呼んでいたことに由来するそうで、とても古い呼び名のようですね。

これは万葉集にある「防人歌」のことだと思います。
防人とは飛鳥時代から平安時代にかけて、唐が攻めてくるかもしれないと言う心配から、農民を九州沿岸の警備にあたらせる、と言う兵役です。防人は任務期間中、食料や武器など全て自力で調達、さらに免税も受けられないと言う、過酷な任務でした。
しかも、多くの防人が東国から召集されたようで、九州までの旅費も自分で捻出しなければならないと言う、とてつもなく不条理な制度だったんですね。

この不条理さの悲しみを歌ったのが「防人歌」で、「多摩の横山」とは多くの東国の防人が通った道のようです。
それは、歌いますよね。財産もなげうって兵役に行かされて、生きて帰れない可能性も高く、家族とも離れ離れですから。何かにこの思いを残さねば、と思いますよ。

よこやまの道にはこのような歴史に触れられる場所なので、そのこともあって、歩きたくなるところです。



途中で、300人くらいの人とすれ違いました。
なんか、ちょうどウォーキングのイベントをやっていたみたいです。
よこやまの道の愛好者が増えてくれると嬉しいですね。



コースの東側になると、とても道幅が広くなり、開放的な印象になります。
ここから、鍛え分岐する道があるんですが、そちらへ行くと、小田急線のはるひ野駅方面へ出ます。



ここがよこやまの道の終点です。東側の起点でもあります。
この写真から右の道路に出て、坂をずっと下っていくと、10分くらいで京王線若葉台駅へ出ます。










コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

3年ぶりに多摩よこやまの道を散策1

2015年11月22日 | ぶらぶら歩き
多摩よこやまの道は多摩丘陵の尾根に沿って作られた、全長10キロくらいの、ウォーキングコースです。
コースは東西に延びていて、西側の入り口は小田急線唐木田駅が最寄りです。東側は京王線若葉台駅が最寄りになります。

とても歩きやすいコースなので気に言っているのですが、あんまり頻繁に行くと飽きるので、少し時間を開けていくようにしています。



ここは唐木田駅の近くの鶴牧東公園です。多摩センター駅にも近いです。



公園の中の帝王ダリア、今の時期満開ですね。紅葉と重なってとても美しいです。



公園をでてみなみに少し行くと、よこやまの道に出ます。



ウォーキングコースには、ところどころマップや休憩できる公園があるので、迷うこともなく気楽に歩けます。



途中の立ち寄りポイントの一本杉公園。木立がとてもきれいです。天然記念物のすだじいの木も見られます。








コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ほうれん草とマッシュルームのバター炒め

2015年11月21日 | 野菜大好き!~旬野菜のお料理です~


バターの風味が、野菜のおいしさを引き立てます☆


材料(二人)
ほうれん草・・1束 マッシュルーム・・1パック にんにく・・1かけ キャノーラ油・・少々 バター・・大さじ1 塩・胡椒・・適宜

作り方
1 ほうれん草はサッとゆでて冷水にさらし、水気をよく絞って、食べやすい大きさにカットします。マッシュルームは4つ割りにします。にんにくは木べらなどでつぶします。

2 ブライパンを熱してキャノーラ油をなじませ、にんにくを入れて、弱火でゆっくり香りを引き出します。にんにくの香りが油に移ったら、マッシュルームを入れ、中火で火が通るまで炒めます。

3 マッシュルームに火が通ったら、バターを加えて溶かし、ほうれん草も入れて炒め合わせます。塩・胡椒で味付けをして、出来上がりです。







コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

今、野草のハコベに注目が集まっている?

2015年11月20日 | 畑の出来事。。


写真は冬の野草、ハコベです。七草がゆに入れるので、有名です。

うちの畑は完全に無農薬で、除草剤も全く使わないので、秋冬の間は、ハコベの天国です。大量に生えてきます。

実は最近、この野草に注目が集まっていて、レストランなどで、イタリア料理のパスタに使ったり、料理の彩りに使われたりしているようです。

確かに、ビタミン・ミネラルが豊富だし、綺麗な色をしているし、日本人が昔から食べているものだし、とっても良いことのように思います。

このまま、普段使いの食材の仲間に入ってもらえたら、勝手に映えてくるハコベを販売できるので、かなり儲かるんですけどねぇ・・・。



こちらの野草、ノビルもおいしいです。
天ぷらなんかにすると、おつなものですよ。






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

秋キャベツ・秋ブロッコリーの中華風炒め

2015年11月19日 | 野菜大好き!~旬野菜のお料理です~


11月は野菜であふれかえる季節です☆
何を食べていいのか迷います。


材料(二人)
キャベツ・・100g スティックブロッコリー・・100g 椎茸・・4枚 長ネギ・・1本 生姜・・1片 豚こま切れ肉・・100g 塩・胡椒・酒・ごま油・片栗粉・・適宜 キャノーラ油・・適宜 鶏ガラスープ・・100cc 

作り方
1 しょうがはみじん切りにします。キャベツ・スティックブロッコリー・椎茸・長ネギは食べやすい大きさに切ります。

2 ボールに豚こまと塩・胡椒少々、酒・ごま油・片栗粉を小匙1程度加え良く混ぜます。鍋を熱してキャノーラ油をなじませ、豚こまを炒めて、火が通ったら一度ボールに戻しておきます。

3 鍋を熱してキャノーラ油をなじませ、生姜を香り良く炒めます。キャベツ・ブロッコリー・椎茸・長ネギを加えて油が全体に回るように炒めます。

4 鶏ガラスープを加えて、塩・胡椒で味付けします。豚肉を戻して野菜に火が入るまで強火で煮ます。一度火を止めて、水溶き片栗粉を加えて混ぜ合わせ、もう一度火を入れてとろみが付いたら出来上がりです。








コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

暑さで冬野菜が急成長。調子狂います・・・。

2015年11月18日 | 畑の出来事。。


連日の厚さで、冬の野菜がどんどん成長してしまい、困っています。

写真はのらぼう菜と言って、春に伸びてくる花の茎を収穫して食べるものなんですが、もはや大きくなりすぎで年内に花が咲いてしまわないかと、心配しています。

小松菜などはものもぐんぐん大きくなりまして、食べられなくはないんだけど、大きくなりすぎると食味もやや落ちてしまうので、本当に困りますね。この時期は、もっとゆっくり成長して、長く収穫を楽しみたいのですが。

気象庁の発表だと「異常天候早期警戒情報」と言うのが出ています。

これは
” 異常天候早期警戒情報は、原則として毎週月曜日と木曜日に、情報発表日の5日後から14日後までを対象として、7日間平均気温が「かなり高い」もしくは「かなり低い」となる確率が30%以上、または7日間降雪量が「かなり多い」となる確率が30%以上と見込まれる場合に発表されます(降雪量については11月~3月のみ)”

と言うことです。

大雪とかも心配ですね。








コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

キウイドレッシングのミックスサラダ

2015年11月16日 | 野菜大好き!~旬野菜のお料理です~


庭のキウイが採れました。やはり市販のものより酸っぱいですね。でも香りはいいです。
さわやかな風味が、ドレッシングにすると引き立ちます☆

材料(二人)
サニーレタス・水菜・ルッコラ・スプラウト・・合わせて200g キウイフルーツ・・1個 フレンチドレッシング・・大さじ2 EVオリーブ油・・大さじ1

作り方
1 キウイフルーツの皮をむいてざく切りにし、ボールに入れてフォークの背で粗くつぶします。フレンチドレッシングを加えて混ぜます。

2 野菜はよく洗って食べやすい大きさにカットし、ボールに入れてオリーブ油と和えます。油でコーティングするとべチャットなりません。

3 2を器に盛り付け、1を添えて出来上がりです。








コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

午後から急激に晴れて、一気に気温上昇でした・・。そして、白菜収穫

2015年11月15日 | 畑の出来事。。



連日雨で寒かったせいもあり、股引きを着たりして来たことが、裏目に出てしまいました。
あつい、あつい!

正午を過ぎたあたりから、雲がひと息になくなって、夏のような真っ青な空が出てきました。


お天気を読むと言うのは難しいものですね。




一つだけ、硬くしまった白菜ができていたので、収穫しました。
種まきは8月24日。苗のできがあまり良くなかったせいか、成長が遅いです。

加えて、例年だと11月の初旬から極早生の白菜を採っているのですが、今年はその種が手に入らなかったので、収穫開始が遅いです。
これで、ようやく白菜鍋が食べられます。


最近、DOTAMAさんの曲をよく聞いてます。
イオンモールとかも好きです。








コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

秋野菜のミックスナムル

2015年11月14日 | 野菜大好き!~旬野菜のお料理です~


下記の野菜以外にも白菜やキノコなど何でも入れていきます。
冷蔵庫にある野菜を一掃するのに良いです☆

材料(二人)
小松菜・ほうれん草・春菊・水菜・大根・もやし等・・合わせて300g ごま油・・大さじ2 出汁醤油・・大さじ1 塩・・適宜

作り方
1 湯を沸かし、小松菜、ほうれん草、水菜、春菊、もやしをそれぞれ軽く湯通しします。各野菜を入れたら、菜箸やざるなどて取り出して、冷水に取り、次の野菜を入れてと言うのを繰り返します。野菜はそれぞれ水気を絞り、食べやすい大きさにカットします。

2 大根はイチョウ切りにします。

3 1と2をボールに合わせ、ごま油と出汁醤油・塩で和えて出来上がりです。






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ほうれん草とキノコのクリーム煮

2015年11月13日 | 野菜大好き!~旬野菜のお料理です~


ほうれん草とクリームの相性がとても良いです。
サーモンのムニエルなどに添えてもおいしいです☆


材料(二人)
ほうれん草・・200g きのこ(しめじ・舞茸・マッシュルーム等)・・100g 玉ねぎ・・1/4個 生クリーム・・100cc バター・・大さじ1 塩・黒胡椒・・適宜 白ワイン(あれば)・・50cc

作り方
1 ほうれん草は軽く湯がいて、冷水に取り、水気を絞って一口大にカットします。茸類はほぐします。玉ねぎはみじん切りにします。

2 フライパンを熱してバターを溶かし、玉ねぎを弱火で炒めます。香りがたってきたらきのこを入れ一緒に炒めます。きのこがいたまってきたら、あれば白ワインを加え、強火で水分が飛ぶまで煮詰めます。

3 2へ生クリームを加え煮立ってきたらほうれん草を加えます。塩、胡椒で味付けし、クリームにとろみが出て、野菜に絡んできたら出来上がりです。








コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スティックブロッコリーは家庭菜園にもってこいの作物ですね。。。

2015年11月12日 | 畑の出来事。。


今年からスティックブロッコリーを栽培しています。

栽培してみてわかったのですが、一度スティックブロッコリーを栽培すると、もう普通のブロッコリーは栽培したくなくなりました。

普通のブロッコリーは大きい花蕾を一度取ると、殆ど終わりで、申し訳程度に小さい花蕾が少し付くくらいなんですが、スティックブロッコリー次から次へと花蕾がにょきにょき生えてきて長期間、質の良いものが収穫できるんですよ。


それに、茎の部分が柔らかくてとてもおいしいです。ふつうのブロッコリーの茎は少し硬いので、皮をむいたりして良く茹でて食べますが、スティックブロッコリーの茎はそのまま茹でても柔らかくておいしく食べられます。

と言うか、この茎がおいしいです。歯ごたえとか甘味とかが絶妙です。

家庭菜園をやっていたら、絶対お勧めの品種ですね。








コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

カブと油揚げの含め煮

2015年11月11日 | 野菜大好き!~旬野菜のお料理です~


みずみずしいカブをおいしくいただくお料理です。
アツアツを食べたいところです☆

材料(二人)
カブ(中玉)・・2個 油揚げ・・1枚 出汁・・2カップ 醤油・みりん・・おおさじ1強 

作り方
1 カブは写真のように四つ割りにします。油揚げは短冊切りにします。

2 鍋に出汁とカブと油揚げを入れ、カブが柔らかくなるまで中火で煮ます。カブが柔らかくなったら、醤油、みりんを加えて10分ほど煮含め、器に盛り付けて出来上がりです。お好みで七味唐辛子を振ります。







コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加