Happy Go Luckyな生活

常夏のフロリダ在住。アメリカ人、日本人、猫1匹、そしてちび怪獣が加わりました。フロリダの生活など綴ります。

冬休み

2018年01月09日 | Weblog

明けましておめでとうごさいます!

更新が一か月に一回くらいのペースになってしまいましたが、なんとか続けようと思っています。今年もよろしくお願いします!

やっと冬休みが終わり、新学期が始まりました。補習校は3学期。週1なのであと10回くらいで今年度は終わり。早いー!

 

クリスマスはオーランドでゆっくりしていました。プレゼントはまいらはドローン、りあなはハムスターのおもちゃ(去年のプレゼントだったおもちゃとつなげて遊べる)、ひゆうはマグネットでいろいろ組み立てられるタイルにしました。他にも小物たくさん。犬のインディーにもおもちゃやおやつなど。一日パジャマで遊んでだらだら食べて過ごしました。

冬休みはどこにも行ってないし、一番まともな妹、ハンナの家族になかなか会えないのであっちに遊びに行こうかということになり、急遽大晦日ー1月2日までパームビーチに行ってきました。

2時間南に下がるだけでずいぶん暖かい!妹は今は彼氏(籍は入れてないけどずいぶん一緒にいるので夫婦のような関係。)のお母さんの家に住んでいます。妹と彼、コルト君とも連れ子同士(妹の子、ライラと彼の子7歳、アレクシ8歳)と、間にできた赤ちゃんペイトンの3人の女の子と彼のお母さんとその彼氏(かどうか、関係は不明。)と住んでいます。コルト君のおじいさんか誰かに莫大な遺産があったらしく、お母さんはそのおかげで家の前に噴水がある、10エーカーの敷地の大豪邸に住み、ラマや牛、ニワトリや豚、七面鳥、オウム、犬3匹などいろいろ動物を飼っています。そしてその広い敷地内の移動はゴルフカート。家の中も内装や美術品がすごくて、この手描きと思われる壁紙、すごいです。

階段おりたらいつもこの熊に見られる。こんなの普通の家にいるか?笑 他にもいろんな動物が描かれています。

 

ブタはミスピグレットという名前ですが、実は弟ザックとブルックが2年前くらいに飼い始めた豚。その時はブルックが、子供が犬を怖がるから豚を買うと変な言い訳をして25ドルでミニブタを買ってきて(そんな安さ売ってたなら絶対ミニブタじゃない、ってうちを含め周りのみんなは言ってた。)うちに連れてきたこともありましたがちっちゃくてかわいかったのに、案の定そのうち大きくなって、引っ越しもあり豚を連れていけなくなり妹ハンナの家族が引き取ることになったのです。今では何百キロあるんだろう、っていう迫力。でもなついてて呼んだら来るしブーブー言いながらついてくる。肉用に売ればいいお金になりそうだけど今はこうやってペットとして広い敷地でのんびり暮らせてラッキーなな豚だなーと思います。(いずれ食べるのか聞いたら、他に飼っている七面鳥は食べるために飼っているそうですが、豚ちゃんは食べないそうです。)

 

こうやってどろ遊びが好きらしく、幸せそうに気持ちよさそうに泥まみれになる豚ちゃん。これで歩き回るから、草のところはいいけどコンクリートの所は豚の泥足跡だらけです。

 

近くの友達の家にも遊びに行って花火を見たり、妹の家でキャンプファイヤーしたり。子供はみんな一緒に一部屋で寝て、眠くなったら寝なさい、って言って後は細かいことは言わずに任せてみました。10時半ごろまでワイワイ遊んでたみたいだけどそのうち静かになってて、でも朝はシャキッと起きて動物にエサをあげてまた遊んで。。動物がいると休みなんてないだろうけど、こうやってみんないろんな動物に囲まれてのびのびと育つっていいなー、と思いました。うちにいると喧嘩ばっかりして怒られて宿題しなさいと言われるけど、この3日間はほとんどこっちからは口出しせず、こっちもすごく楽でした。

元日は近くのトレイルをハイキング。公園の入り口に大きいスターフルーツの木があって、やっぱり公園の木だから木からフルーツを摘んじゃダメだと思い、落ちてるスターフルーツを物色し、何個か傷んでないのをもらおうと思っていたら妹の彼、コルト君が木に登って枝をワッサワサ振ってくれ、スターフルーツいっぱい降ってきました。子供は大喜び。(たぶんほんとはダメなんだけど。。でもいつもここにあるから地元の人はほとんど手をつけないらしく、降ってきたスターフルーツをみんなで拾って贅沢にそれを食べながらハイキング。2時間くらい遊びながらゆっくり歩きました。

 

こんな大きいスターフルーツの木、見たことない。上のほうに見える黄色い葉っぱみたいなところは全部スターフルーツです。すごくおいしい!ってものではないけどひゆうとりあなが気に入ってていっぱい食べてました。

いとこたちと。みんな仲良し。もっと近くに住んでたらもっと遊べるのになー。。

ルークとミシェルという名前のラマさんにご飯タイム!私たちが帰った後の週末、ミシェルに赤ちゃんが産まれたそうです。見たかったー!

その辺をブタが寝そべり牛が歩く中でみんなでキックボール。(うOこを踏まないように注意。笑)みんなノースリーブや短パンで遊んでましたが、この次の日、寒ーいオーランドに帰ってきました。

 

帰ってきて寒くて2-3日宿題&掃除で家にこもってましたが、新学期が始まりやっとあったかくなってきました。もう寒いのは無理!!

新学期が始まりやっと元の生活のリズムに戻ってきました。今学期からジェレマイアは月曜も教えるクラスがあるので月曜ー金曜でゲインズビルへ。週末だけうちに帰ってくるという半分単身赴任のような生活です。私もがんばりたいと思います。:)

今年も実り多い年でありますように!

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

12月前半のダイジェスト

2017年12月19日 | Weblog

感謝祭が終わったと思ったらあっという間にクリスマスが近づいてきました。早い!

仕事も立て込んでて息をつく間もなく、12月は子供は学校のイベントとかいろいろあるし、パパはほぼ家にいないし!私はここ1か月ちょっと、記憶が薄いです。。笑 やっと落ち着いてきました。

先週はまいらのバンドのコンサートがありました。6年生は過去最多の200人がバンドの授業を取っているらしく、ずらっと椅子を何列にも並べて会場の体育館がギュウギュウ詰め。まいらはフルートなので、幸い前のほうだったので見えたけど、チューバとか後ろのほうに座っている大きい楽器の子は全然見えないー。。7,8年生になると人数がぐっと減るみたいで、ちゃんとバンドらしく半円形にゆったり座れるし、みんな格段に上手で大人顔負けの聞きごたえある演奏でした。6年生もまだ初めて3-4か月というところだけど形になっていて、みんな楽しそうでした。まいらも最初はフルートで息が続かなかったけど、最近はよく吹けるようになってきました。やっぱり毎日やってると進歩が早い!

かろうじてちょっと見えるくらいだけど、楽譜のスタンドが前にあるのでさらに見えない。。これをまとめる先生はすごい!やっぱ中学生ともなると座り方などちゃんと教えられるみたいで、先生が指揮棒を上げるとみんなビシッと決めるのがすごい。

その前にりあなの誕生日、りあな&ひゆうの合同お誕生日会、そして先週末はひゆうの誕生日でした。りあなは2-3歳のころからずーっと赤ちゃん好きで今も変わらず、プレゼントは何がいいか聞くと必ず「ベイビー」と答えます。もう6-7人いるんですけど。。今回はハイハイする子がいいらしく、それを買いました。元値45ドルくらい。高い!セールで25ドルくらいだったけど、それでも人形にけっこうお金がかかる!変なものが好きなひゆうにはゾンビのテーマのグミや飲み物が作れるセット。(日本の、水いれて混ぜて作るお菓子みたいな。)二人とも喧嘩ばっかりして頑固だけどやさしくて元気に育ってくれてありがとう。:)お誕生日会は偶然寒い日だったけどそれぞれ大好きなお友達にお祝いしてもらってみんなで飛び跳ねて楽しかったみたいでよかった。


そして先週の日曜日、オーランドで開かれていたアメリカケネルクラブ(全純粋犬種の犬籍管理などを統括している愛犬家団体。)のナショナルチャンピオンシップという大会を見に行ってきました。2-3か月前にたまたまこの大会のアートコンテストの募集をしていて、キンダーから小学校、中学校、高校の部でそれぞれ12人が選ばれて、その中でそれぞれの部門の特賞が決められるらしく、12人の中に入るとこのイベントのチケットが2枚もらえるということで、今年から犬を飼い始めたし、いい記念になるしと思って出品してみたら運よく予選を通り、チケットをもらえました。

テレビで見るようなドッグショーの他に桟橋からダイビングしたりアジリティー(障害物)レースがあったり、いろんな犬種のことが学べるブースがあったり、と楽しそう!朝一で行ってきました。コンベンションセンターっていう広い会場で、ショーも2ー3個あるリングでいろんな犬種が順番に出ていて、スーツを着たおじさんおばさんが小走りで犬を走らせている。私にはどれも同じにしか見えないけど、細かいところでいろいろ点数をつけられて決まるってすごい世界だなー、と思いました。私には、ショーはいろいろきびしそうなのでちょっと犬がかわいそうな気がするので、アジリティーやダイビングのほうが犬が楽しそうで見ていて楽しかったです。

楽しそうに走る犬とか、途中でやる気がなくなって止まる犬、ハンドラーの人たちは必至になって誘導するけど犬それぞれ個性があって面白かった。

ショーの犬たちは歩くときは頭を下げないようにリードをピンと張られて引っ張られているのがかわいそう。ハンドラーの人は足の位置とか常に細かく修正していました。今年はコッカースパニエルがチャンピォンになったらしいけど賞金は$50.000(550万円)だそうです。メンテナンスとかすごそう。

いろんな犬種に会えるブースでは早速秋田犬を発見。日本で秋田犬ミックスはよく見たことあるけど純秋田犬は間近で見たことなかったけど、フワッフワのモッサモサ!りあなが超気に入ってました。この子はセラピー犬としていろんなところで働いているらしく、裁判所で裁判に出ないといけない子供たちの横についたりして子供たちの心を癒しているそうです。すばらしい!!

  

今まで聞いたことない犬種もいて、それぞれディスプレイがおもしろくてドイツの犬だったらドイツの街並みっぽくデコレーションされてたり、アイリッシュウルフハウンドのブースではハンドラーの人も中世っぽい衣装を着ていたり。オバマ大統領も飼っているPoltuguese Water Dogもいたし、もちろんプードルのブースも見てきました。

 

入賞、特賞の絵が飾られていたので見てきました。絵は返してもらえないけど、リボンもらってかえりました。3人一緒でよかった。。(一人だけダメだったとかだったら絶対すねてる。笑)

キッズゾーンではトランポリンとかもあって、子供は思いっきり遊べました。入場料は今回は払わなくてよかったけど、払っても大人一人10ドル、12歳以下は無料というリーズナブルなイベントなのでその価値は十分あると思いました。来年も行きたいです。まいらも他の素晴らしい作品も見ていい刺激になったみたいでまた来年アートコンテストにチャレンジしたいそうです。


学校は木曜日までで冬休みに入ります。クリスマスまであと6日!

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ジャパンフェスティバル&にほんご

2017年11月10日 | Weblog

毎年ジャパンフェスティバルといえば私にとってはお仕事をする日になっていますが、先週土曜日、無事に終わりました!

今年は新しい場所でした。前よりちょっと遠くなり、家から高速で45分くらい。11時オープンだったけど準備のため9時集合。8時に早めに家を出発。幸い、この日(土曜‐日曜の深夜)にサマータイムが終わり、時計が1時間戻ったので普通の時間に起きて1時間の余裕ができました。今年も私がまいらと先に行き、パパが下二人を後で連れてきました。まいらは今年から中学校でボランティアを決まった時間しないといけなくて、今回は補習校の古本市で2時間と、日本領事館のブースで1時間のボランティアをさせてもらいました。オープン前に商品を並べ、小物に値段付けをやってもらいました。

1年に一回登場する浴衣&甚平

 

前の場所より広くなって、湖のそばだったので景色はいいし風が吹くと気持ちいい。幸い補習校のブースは屋根付きのピクニックエリアだったので、テントとかの必要もなくていい感じでした。毎年のように来てくれる日本語を勉強してる人達。(そろそろ顔を覚え始めた。。)漢字の本や辞書、マンガをたくさん買って行ってくれました。

今年はボランティアの人達には冷やしうどんが支給されたのでありがたくいただきました。(去年はタコライス。)他の食べ物も見たけどどこも行列だし、カレーとか家で作れるといえば作れるのでお金を払って食べなくてもいいかな、という気持ちになり、唐揚げとかソーセージを買ってつまむ程度でした。まいらはお友達といろんな店を見に行ったりして、招き猫のキーホルダーとかいろいろ買い物して楽しかったようです。領事館のブースではまいらは折り紙を折るボランティアでした。小さい子が来たら一緒に折ったり、折ったものをあげたり。友達と一緒にできたので楽しかったようで、また来年やってくれるといいな。

少し前はフロリダも冷え込んだ日もありましたが、この日はまた暑くなり、同じ公園内にあった水遊びするところも大人気でした。去年より広くなったし、湖のきれいな景色も見える中太鼓を聞いたりコスプレコンテストを見たり。疲れたけど楽しかったです。こんなにジャパンフェスティバルが大盛況なのは日本人としては嬉しい。

 

さて、最近また日本語を教えはじめました。少し前からお友達の6歳の子に教えていたんだけど、縁があって新たに人づてに紹介され、ティムさんという人にも教えることになりました。ティムさんは66歳。私のお父さんと同じ年!でも66歳には見えないしめっちゃ若い!音楽の先生をされていて、博士号ももってていろんなところで教えていたすごい方。今は退職されてオーランドの太鼓道場で太鼓を叩いたり、合気道をやっているそうです。

会ってみるととてもいい人で、自分の「死ぬまでにやることリスト(Bucket List)」に「日本語を話せるようになること」、が入っているそうで、「今から語学をやるとなるとペラペラしゃべるようになるまでには20年くらいかかるかな、だから100歳までにはしゃべれるかなー。。」と言って笑うチャーミングな白ヒゲのおじさんでした。前に少し勉強したことがあるし、自分でも勉強しているので飲み込みが早い!自分がティムさんの年になったときに何してるんだろう、と考えるけど、外国語を勉強しようと思ったり太鼓をたたいたり、絶対できないと思う。この向上心、前向きな姿勢がすばらしいです。私もこういう素敵な充実した老後を送りたい。頭がいいので、質問もするどい!「小学校、中学校というけど、なんで”大学は大学校じゃないの?”」とか、そういうレベル。これは私にとってもいい刺激で、最近訛っていた頭をフル回転させてくれそうです。6歳と66歳、幅がすごいですが、日本語は楽しい!って思ってもらえるようにしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

運動会&もうすぐハロウィーン

2017年10月25日 | Weblog

最近ブログを放置してしまい、このままやめようかとも思ったけど、2003年くらいから長年続けているので自分の記録としてだけでも細々と続けようと思います。

なんだか忙しいシーズンに突入しました。ハリケーンで倒れたフェンスはそのまま。近くの店ではフェンスの在庫がなく、何回電話で聞いても入荷も不定期で、入荷されても1時間くらいで売り切れるというのでいまだにフェンスの修理にとりかかれません。だから犬のインディー君も裏庭に放すことができなくて、まだ子犬なので逃亡するのでいつもリードにつないでトイレに連れてってます。これからホリデーシーズンでゲストも来ることが多いし、ちょっと犬を裏庭に出しておく、ってのができないと不便なので早くフェンス直せますように!

補習校では土曜日、運動会でした。今年はりあな、ひゆうが白、まいらが赤組でした。3人いると、常に誰かが何かの競技に出ている、っていう状態で忙しい忙しい。親子競技は私がりあなと、パパがひゆうと、という風に分かれたり順番に写真撮ったり。午後の競技では順位誘導のお手伝いもあったし、毎年運動会の写真が減っていく気がする。。まいらは相変わらずの負けず嫌い精神で、徒競走で2位になったのが悔しかったみたいだけど、私と走った2人3脚は1位になれてうれしそうでした。ひゆうは相変わらずマイペース。走るのめちゃくちゃ遅い!(笑)どうやったらこんな違いが出るんだか。まいらはお弁当を友達と一緒に食べるといって5年生の友達と固まって食べてました。補習校では1クラスなので、帰国とか引っ越してきたりで入れ替えは多少あるけど幼稚部のころから一緒の友達もたくさんいて、男女みんな仲良し。親と一緒に食べてくれないのは寂しいけど、仲いい友達がいてよかったなーと思います。

 

  

日本だと運動会の場所取りに早朝か、下手すると夜から並ぶっていう話も聞くし、こういうこじんまりした規模の運動会でよかったなーと思います。みんながんばりました!

運動会が終わると次はハロウィーン。それからジャパンフェスティバル。それが終わったらサンクスギビングとクリスマス。息つく間もなく2017年が終わっていく。。今年のハロウィーンもバラバラな仮装になりそうです。りあなは少し前にワンダーウーマンの映画を見てからそれ一筋なので何になりたいか聞いたらやっぱりワンダーウーマン、即決でした。学校では本のキャラクターになるのでこっちの幼稚園児はみんな知っているPete the Catになる予定。帽子を作って、黄色いシャツに大きいボタンを縫い付けました。

日曜はハロウィーンのパンプキンを彫りました。今年のクラフトパンプキンは3人とも青いのを選びました。(なんでこんな色があるのかわからないけど他はふつうのオレンジ、黒と白がありました。)

 

 

左からパパ、まいら、ひゆう、一番右がりあな。私はいつも子供の手伝いに回るので自分のを作る気はなし。今年はひゆうもほとんど自分でできるようになりました。上を開けるのが硬くて手伝ったくらいで、カッターを使わせるのも危なっかしいけど自分で手を切ることなくできました。りあなは自分でもデザインしてパンプキンに書いたものを私が彫りました。猫の上に雪っぽくドリルで穴をいっぱい開けてみました。 それぞれ、性格が表れてる感じです。:)

今年は子供の歯医者で、ハロウィーンの後にキャンディーを買い取ってくれる(1ポンドで1ドル、一人5ポンドまで。回収したキャンディーは海外に派遣されているミリタリーの人へ寄付されるそうです。)イベントがあると知ったので、まいらは絶対5ポンド売ると今から意気込んでいます。5ポンドって結構な量なので頑張って収穫に行かないと!(笑)去年も食べないキャンディーが年を明けてもずーっと残っていたので、こういうイベントはいいかも。今日から気温が下がり、いい感じに寒い!昼は気温が上がると思うけどこのままいくとハロウィーンもいい感じになりそうです。

 

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ハリケーン イルマ

2017年09月16日 | Weblog

先週、日曜から月曜にかけてハリケーン・イルマがフロリダを通過しました。少し前にハリケーン・ハービーがテキサスに大きな被害を与えたのが記憶に新しかったので、今回はハリケーン準備が早い!先々週、週明けの火曜日くらいから店ではすでに水がないしガソリンも売り切れのところ続出。超大型ハリケーンは最大級のカテゴリー5で、フロリダ半島が隠れるほどの大きさだったので、「このままフロリダを通過したらフロリダのどこにも安全な場所はない。」と知事さんが宣言したほどで、避難指示が出た世帯数は過去最大級。南部の人は北に避難し、北向きの高速は大渋滞でした。

オーランドは内陸なのでそんな大きな被害はないだろうとみんな思っているけど、それでも今回のハリケーンはいままでにないくらい大きくて最後までどこに行くかもわからない。みんなピリピリモードの1週間でした。うちはいつものようにパパがオーランドから2時間ほど離れたゲインズビルで仕事だったので、そっちのほうが水があるかと思ったけどそっちでも水はすっからかん。パンや缶詰、トイレットペーパーなども品薄。焦りました。水は空いてる容器とバスタブに貯めることにして、パパが金曜に帰ってきてから窓に板を打ち付け、庭を片付けハリケーン準備。予想ではオーランド到達時でカテゴリー3.それでも屋根瓦が飛ぶくらい。でももうやることはやったので、あとは待つだけ。

土曜日くらいの予想はこんな感じでした。

 

学校は金曜から休校。子供たちは事の重大さはわかってないので思いがけない休みにはしゃぐけど、大人は緊張。日曜、テレビでフロリダの南にあるキー諸島やマイアミの風が強くなっているライブを見ながら過ごしました。夜7時ごろから風が強くなりはじめ、子供が寝てからもビュービュー風が吹くたびに電気がチカチカ。停電も時間の問題だなーと思いながら寝ることに。

朝起きたらまだ風が強いけど、夜中にハリケーンは過ぎ去った模様。当初の予想より西に進路を変え、ハリケーンの目がオーランドを通過するかもという予想も直前ででましたが、実際は少し西にずれてそのまま北に通過したそうです。南フロリダにカテゴリー3で上陸し、ここら辺に来た時はカテゴリー1にまで落ちていたらしいけど、それでも辺りはすごい状態。もともとボロボロだったフェンスはなぎ倒され、家の前にあるでっかい木からはいっぱい枝が落ちているし、近所の家も同じような感じ。みんな無事でうちは幸い停電もなくハリケーンは過ぎさりました。ニュースによると500万世帯以上が停電し、オーランドで洪水の被害もたくさんあったし竜巻も発生して壊れた家もあったそうです。オーランドに住んで10年以上になりますが、一番怖いハリケーンでした。

とりあえずホッとしてニュースを見ながら何もする気もなく部屋着でだらだらしていて、犬をトイレに連れ出すとなんか庭がすっきり。ご近所さんが一緒になって次々と落ちた枝を集めきれいにしてくれている途中でした。うちらも遅れて参加。落ちてきた枝はかなり大きいのもあったので二人いてもやるの大変だなーと思っていたのですっごく助かりました。すごい量の山がいっぱいできました。あとで近所を回ってみるとどこも同じ。これを回収するのも大変そう。

結局その後、電気の復旧もめどが立たないところが多く、うちのカウンティーではうちの小学校も含め66校が停電していて、月ー金の1週間休校になりました。火曜になると店も再開するところが多く、うちももう大丈夫だろうとアイスを買いました。。。。が、その夕方にうちの近所一帯が停電!!なんで今?誰かが何か間違った??だとしたらすぐ戻る?とか思っていたら戻らず。結局ほぼ丸2日停電でした。結局、誰かの話によるとやっぱり他を修復するためにこのエリアの電気を切らないといけなかったらしいけど、安心したころにそんなんやめてほしいー!(一言テキストでもメッセージでも欲しかった、と思うけどそんなメッセージがきたらみんな怒るだけだと思うので、こういう場合、何が最善なのかは分かりませんが。。)子供は暑い暑いって言いながら動き回るし、トイレにも懐中電灯もっていかないといけないし、ほんとに電気のありがたさが分かった2日間でした。幸い、うちはソーラーパネルで昼間は冷蔵庫とかつなげられるし、発電機と違い作動しているときずっと家にいなくても大丈夫なので、昼間はWifiがあって涼しいところに行ったりしてました。日が落ちると発電機を動かし、ソーラーパネルから線をつなぎ変えました。

木曜に無事電気が戻り、今日土曜日から補習校も再開。久々の学校。ハリケーン前から気を張っていたのでぐったり疲れ、ハリケーン後は掃除に追われ、子供の宿題やご飯どころではなかったし何曜日かもわからなくなってご飯も適当でボケボケしてましたが、これでなんとか普通の生活に戻れそうです。

まだまだ電気が復旧してないところもあるので、少しでも早くみんなが元の生活ができることを願います。復旧作業を夜通ししてくれる人達にも感謝です。今回はいろんなことが教訓になりました。今度からは直前で焦らないよういに備えは常にしておいた方がいいと思ったし、近所の人にももっと声をかけよう、って思いました。しばらく平和に生活できますように。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加