Happy Go Luckyな生活

常夏のフロリダ在住。アメリカ人、日本人、猫1匹、そしてちび怪獣が加わりました。フロリダの生活など綴ります。

一足早くプチバケーション

2017年05月23日 | Weblog

りあなの卒園式(パパ参加)、、補習校の参観、補習校の後まいらの5年生クラスのピクニックと忙しい土曜日を終え、日曜日はディズニーホテルの一つBoulder Ridge Villasに行ってきました。ちょっと前にお友達が、ディズニーバケーションクラブ(タイムシェアみたいなシステム?)のポイントがあって5月の終わりで切れちゃうけど、自分たちはもう使わないから行く?って言ってくれて、泊まれるホテルがいくつかあっていろいろ見たんだけどどれも平日しか空いてなかったりして、唯一、ここのホテルが日曜ー月曜で5人で泊まれる部屋が空いていたので月曜はちょっと学校を遅刻するけどもう年度末だから新しいことはほとんど習わないし日曜早めに行って遊んだらいいかなと思いここに決定。

普通に予約したら500くらいドルするホテルなので我が家の宿泊費的には考えられない費用。ありがたい!2週間ほど前に一人ずつホテルやディズニーどこでも使えるリストバンドも到着。これでピッとやるだけで入園できるしお金も払える。

日曜、朝宿題やいろいろ済ませて出発!先にそっち方面の日本食レストラン、花水木でお昼を食べて行こうと思い行ったら日曜はランチをやっていないことが判明。(前にも全く同じことをやったことがあることをその時点で思い出した。。笑)ラーメン食べる気満々だったのにがっかりだったけど、すぐ隣のありきたりなチャイニーズの食べ放題で済ませました。でもデザートもアイスクリームもあったので子供たちは大喜び。そこから、ホテルのチェックインまで時間があるので、去年のブラックフライデーに半額で買ったチケットがあった、Ripley's Believe It or Notというミュージアムへ。ここはいろんな世界記録とか世界中のおもしろい物を集めたちょっと遊べる博物館的なところ。世界一背の高い人の模型や本物のベルリンの壁の一部、世界一小さい物いろいろなど、見て回りました。インドアなので涼しく遊べて楽しめました。(一回行けば十分、というところなのでたぶんもう行かないけど。)

   

 

それからもう3時ごろだったのでホテルに向かいました。このBoulder Ridge Villasというホテルは19世紀アメリカ西部がテーマのホテルで、ログキャビン風の建物に岩がいろんなところに配置されてて、中に入ると天井高くていい雰囲気でした。大きい暖炉もあって冬でもないのに火がついていました。(雰囲気はありがたいけど冷房ついてるところで暖炉ってもったいない。。笑)この近くにはディズニーのキャンプ場もあります。

  

早速部屋へ!ここのホテルは今工事中のところがあり、それも前もって知らされていたのですが、部屋に「工事中でご迷惑おかけします。」みたいなメッセージと一緒にミッキーやチップ&デールが工事現場で働く絵のピンが3つ。こういう小さな計らいがやっぱりディズニーだなーと思いました。(3つともどれも違うピンなのでもちろん子供たちは喧嘩になりましたが、そこはじゃんけんでおさまりました。)荷物を置いたら早速プールへ!小さい子の遊びのプールと、スライドつきの大きいプールが一つ。スライドはみんな初めてでしたがゆるやかなので気に入ったようで、何十回と行ってました。ディズニーホテルなのでたぶん大半の宿泊客は日中パークへ行っているのか、ホテルのプールはすいててラッキー。晩御飯はホテル内のレストランで済ませ、またプールへ!いっぱい遊んで10時ごろ部屋に戻り即寝ました。

次の日、チェックアウトまでちょっと時間があるのでちょっと遊んで帰ろうとプールがオープンする8時ごろプールに行くと、ライフガードのお姉さんが来て、何かの故障か、プールの水位が下がっているのでメインプールが閉まってるけど、小さい子向けのプールだけ開いてる、と言われ、小さい子向けのプールには背が高すぎるまいらさんがショックを受けていると、その代償としてディズニーのウォーターパークの入場券をくれるとのこと!!えー!?そんなんもらっていいんですか?と思いつつ、ありがたくその場でリストバンドをピッ、ってしてもらい、ウォーターパークに入れることに!!棚からすごいぼたもちーーーー!(笑)1週間有効です、って言われたけどいつ行く?っていうことになり、次の週末は補習校もあるし日曜はインディー君の犬の教室などもう予定が入っている。。平日はもう学年末でなんかの授賞式とかあるし、休みにくい。。と考えると、今日はもうりあなはお休みしてるし、他の二人は遅刻していくつもりだったけど今日は特にイベントがないし、もうすでにディズニーエリアにいる今日がベストかも、ってことになり学校は休んで急きょそのまま行くことに。

チェックアウトを済ませ、車はホテルのパーキングに停めたままで水着のまま、ホテルからでているバスでディズニーのウォーターパーク、タイフーンラグーンへ。もう一つブリザードビーチがあるけど、ホテルの人曰くタイフーンラグーンの方が小さい子向けらしいのでそっちにしました。まいらが1歳くらいの時にどちらか一回行ったことがあるけど、もう10年近く前のことなのでどっちに行ったかさえも覚えてなくて、何があったかも忘れたのでほぼみんな初めて。

エントランスで入場料を見てみると大人62ドル。まいらも大人料金で、子供料金は少し安いくらいなのでみんなで317ドル分。高いー!これに比べるとしょぼしょぼなホテルのプールが朝使えなかっただけでこれだけの待遇をしてくれてほんとにありがたい。(前日の夜は何の故障もなく普通にいっぱい遊べたのでとってもラッキーとしか言いようがない。)やっぱり夢のディズニー!ホテルのプールのゆるいスライドで慣れたのでまずもうちょっと大きいスライドを試してみて、みんな気に入って3回くらい連続で行きました。階段がいっぱいあってすごい運動になる!

 

りあなは怖がるかと思ったけど楽しかったみたいで、5歳ー11歳、ちょうどパーフェクトな年齢の時に来れたみたいでよかった。ウォーターパークって興味はあったけど子供が小さいとスライドとかライドも乗れないしあんまり全員が楽しめないかなーと思って行かなかったけど、ちょうどよかった。一つ残念なのは、複数でのれるラフトのライドの定員が4人なこと。世の中、ファミリー向けといえば4人家族仕様にできているものがほとんど。そういうときは我が家のような5人家族は悲しいかな2人と3人に分かれないと乗れない。。今回も乗ったライドの2つともボーイズとガールズに分かれて乗りました。大きなラフトのライドは顔に水がいっぱいかかったのでりあなにはちょっと怖かったみたいですが、みんな楽しかった!と言ってました。

  

昼ごはんを食べてまた遊んで、どれも待ち時間5分ー15分。ちょうどいい感じに、一番怖そうなのを除いてほとんど試せました。みんな疲れてきたころに渋滞にはまらないように4時ごろにパークを後にして5時半ごろ家に帰ってきました。

あー、いっぱい遊んだ。日焼けした!夏休みも始まってないのにいっぱい遊んできちゃいました。でも普段子供たちは学校をがんばっているし、りあなも卒園式終ったし、みんなへのご褒美!ってことで。

子供たちはもう少し学校、がんばろう!!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

新メンバー、インディー君

2017年05月12日 | Weblog

2週間ほど前から我が家に新しい家族が加わりました。スタンダードプードルのインディゴ君です。今は3か月で14ポンド、トイプードルくらいの大きさですが、スタンダードプードルなので60ポンドくらいになります。

ずっと前から子供たちは犬が欲しいって言ってたけど、犬は子供が一人増えるのと同じくらい大変なので飼うっていう決心まで踏み切れずにいましたが、りあなも5歳になって手が離れていたのでそろそろ。。と思って少し探し始めました。まず賢い犬、犬臭さが少ない犬、毛が抜けない、などいろいろリストを見ていき、どの項目も上の10位までに入っている犬種に絞りました。私はシェルターの犬でもいいし、命を救えるなら雑種でも、と思ってシェルターにも行ってみましたがやっぱり子犬はすでに予約済み、他に残っているのはちょっと問題のある犬が多かったりして、それでもいいんだけど子供と一緒に育ってほしいので、シェルターの他も当たってみました。

頭がよくて毛が抜けないプードルがいいかもね、って話になりオンラインで何件か見ると、生後10週の純血の黒いスタンダードプードルでブリーダーより安く出ていたのでコンタクトしてみました。すぐ見に行けることになり、子供たちが学校終ってからすぐ出発、1時間ちょっと車をとばして会いに行きました。その持ち主さんは、この子のお父さんのオーナーで、お父さんは茶色、お母さんが黒で子犬をお父さん側がもらうっていう約束だったらしく、もう一匹は自分で飼うことにしたらしいけどこの子は売りに出したということでした。会って話したらいい感じのおじさんで、どういう状況で飼われてたか分からない犬を買うのはちょっとどうかな、と思いましたが電話番号も教えてもらったし、これからも連絡を取り合うってことで大丈夫そうな感じがしました。

もちろん子供たちは真っ黒でフワフワでおとなしい子に一目ぼれ。少し遊んでから、お金を払って今までの予防接種の記録やドッグフードを少し持たせてくれて家に帰ってきました。帰りの車の中、名前をみんなで考えました。まいらは犬を飼うなら「もち」って名前をつけたかったらしいけど、真っ黒なのでどう考えても合わず、じゃあ「あんこ」はどう?っていう話もでましたが、日本語ではちょっと一文字変えたらかわいそうな名前になってしまうので却下。いろんな名前がでましたが、最終的にみんな気に入った「Indigo」(インディゴ;藍色の意味。)という名前に決定!ニックネームはインディー君。

そしてうちの子たちにとっては初めての犬との生活が始まりました。私は実家で小学校4年生の時に拾ってきた雑種を飼っていましたが、外飼いだったし、拾ってきたときにはもうある程度大きくなっていたので3か月弱の子犬は初めて。ジェレマイアも今まで犬は何頭か飼ってたけどほとんど外で飼ってたらしいです。(そのうちの一匹のラブラドールは、お父さんが草刈りのビジネスをやっていた時に草刈りの報酬としてお金の代わりに犬でもいいか、と聞かれ犬を受け取ったらしいです。すごい。)

でもこのころの子犬ってとりあえずなんでも噛む!ベッドの端っこから椅子の足、靴、子供たちのカバン。それから手。子犬のちっちゃい鋭い歯で噛まれると遊んでるってわかっているけど本気で投げ飛ばしたくなる。(笑)すべてわかっていたけど大変!それからトイレもまだまだできてないのでそこも大変。夜中も1回起きて庭に連れてっておしっこさせないといけないし。何も教えなくても砂さえあればトイレができるようになる猫ってなんて楽なんでしょう。(笑) 急いで犬用の噛むおもちゃや骨、おやつを買ってきましたが、いっぱい与えても手を噛みたがるしやっぱりすきを見て靴や子供たちが脱ぎっぱなしにした靴下を盗んでいきます。ユーチューブで子犬のトイレトレーニングのビデオをひたすら見たりして頑張っていますが、私が思うに、子犬は人間の赤ちゃんより大変!人間の赤ちゃんを3人お世話した時は夜中も授乳に何回も起きてたけど外にでなくてよかったし、汚くなるのはとりあえずおむつの中だけだし、私、こんなに疲れてませんでしたけど。。。(赤ちゃんの大変さを忘れているだけか、年取ったからか。。笑)

ユーチューブのトイレトレーニングビデオで見て、効果的な方法っていうのが、家の中でもリードをつけ、常に目が届くところに犬がいるようにする。それで失敗をなくし、1時間ごとに外に連れて行く。ご飯の時間を管理する、というもの。犬は自分の寝床、巣穴にはトイレをしない習性があるので、ゆっくり「巣穴」の範囲を広げていき、人間の家の中すべて=自分の巣穴=トイレはしない、というコンセプトを分からせるといいらしいです。それをここ1週間実践してて失敗はほどんどなくなりましたが、(というより失敗を防いでいる。)何より私の自由がまったくない!子供が学校の間、掃除したり洗濯したりいろいろ動かないといけないので、ぐっすり寝ている時以外は行くとこ行くとこ犬を引っ張っていってますが、インディー君が遊びモードの時は足首とか噛まれるし、正直げっそりしてます。頭のいい犬はそれだけ運動と頭の刺激が十分ないと家具を噛んだり悪さをするらしく、インディー君は来てから裏庭での遊びプラス近所を朝晩散歩するようにしてますが、普段自分が運動してなかったのでそれだけで疲れている私。。出かけるときはクレートに入れていますがドアを出ると鳴いてるのでなんか罪悪感でいっぱいになるので買い物もゆっくりできないし。。これからは暑くなるし、どれだけ運動させられるか、が課題になりそう。言い出しっぺのジェレマイアは今ちょうど忙しくてほとんど手を貸してくれないんですが、私は1歳くらいのトイレトレーニング終ったくらいの犬をもらいたかったけどジェレマイアは小さい子犬にしようと言って決めたので、「誰が子犬がいいって言ったのー!?」とグチグチ言ってますが、子犬の時にちゃんとトレーニングしていれば大人になってもしっかりやってくれると思うので今がしんどいけど大事な時。日曜から週1回の6週間、子犬のトレーニングのクラスも始まります!先週からお座りとお手はできるようになり、他にもユーチューブで見てスピンとかをおやつで覚え始めたので覚えはいいようなのでスムーズにいきますように。

今から元気に13-15年生きるとすると、そのころにはまいらは24-26歳。もう家を出てるときかな、りあなは18歳-20歳。長いようだけどこうやってバタバタしてたらあっという間に犬も成長し、自分たちも犬も老いていくんだろうなぁ。。これから子供たちと一緒にいろんなことをして笑ってたくさん思い出を作っていつも一緒にいる家族でいてほしい。私もこれを機にちょっと体を動かせるかなー。。なんて思っています。

2週間でだいぶうちの周りに慣れ、体も一回り大きくなった気がします。プードルは毛が抜けないので、切らない限り伸び続ける。グルーマーにやってもらうと高いので自分でやろうと思って犬用のバリカンも購入。水を飲んだら口の周りびっちゃびちゃだし、散歩してるといろんなものが体中くっつくし洗うのが大変なので正直毛を短く剃ってしまいたい!でもフワフワのぬいぐるみみたいなのはかわいいのももうちょっとこのままでいさせてあげようと思います。(笑)

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

まいら11歳!

2017年04月13日 | Weblog

まいらさんが11歳になりました!

4月生まれなので、日本の同じ学年で言うと真っ先に年上に。今年はお誕生日が補習校の入学式、始業式の日でした。私にはそんな余裕もなかったんだけど何週間も前から自分で招待状をデザインして両面印刷してました。(私にはそんな技術はない。。笑)そんなことまで手が回らないのでありがたい。もう11歳なのでバウンスハウスはもういいんじゃないかと思ってたけど本人に聞いたら借りたいというので今年も同じところでレンタル。5歳の誕生日くらいからレンタルしてるし、りあなとひゆうのお誕生日会にも借りてるのでもう6年くらいお世話になっています。でも今年はミドルスクールだから、来年の誕生日はさすがに友達と映画とかのほうがいいっていうと思うのでまいらのお誕生日にレンタルはこれが最後かなーと思いながらセットアップしてもらいました。

仲良しのお友達3-4人呼んだら?って言ってたのに、そんなに絞れないってことで結局10人くらい呼ぶことになり、そのうち9人が来ました。キンダーからのお友達も多くて、お母さんたちも顔なじみ。この年になると自分たちでいろいろ遊ぶので私はおやつとケーキを用意して掃除するだけですが、おやつがあっという間にみんなの胃袋に消えていくし、みんなあっちへ行ったりこっちへ行ったり大忙し。

ツイスターしたり外で遊んだりみんなで歌ったり、スライム作ったり。みんな素直ないい子たちで、近所にも2-3人同じ学年の仲良しの子たちがいるし、本当に友達に恵まれてるなー、って思います。中学校にはほとんどみんな同じところに行くけど規模が大きくなるのでまたクラスは別になるだろうけどずっと仲良しでいてほしいなぁ。

お友達にもらったもの。これ、バレーボールみたいにまん丸なんだけど貯金箱になってるんです!さすがまいらの友達、まいらの好きそうな物を見つけてくれる!

ママとパパからのプレゼントは今年は携帯とマーカーのセットでした。もう最近は自分で携帯でユーチューブを見たり(お絵かきのチュートリアルとかがほとんど。)友達とテキストしたり、私の知らないいろんなことを知ってたり、パパにちょっとそっけなくなってきたりして、どんどん離れていくんだなー、って感じます。将来の夢は5歳くらいからずっと変わらず獣医さんで、大学はパパの働いているフロリダ大学に行きたいらしいです。

補習校も新年度が始まり、まいらは5年生。先生もいい感じで、5年生では宿題の一部として先生と交換日記があるようで、私の方が今から楽しみ!また1年間、頑張ってほしいと思います。:)

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

メキシコクルーズ

2017年03月29日 | Weblog

春休みにメキシコにクルーズに行ってきました。私はどっか近場のプール付きホテルに2泊くらいしてゆっくりしたらいいかなと思っていたんだけど、いろいろ見ていると春休みはクルーズが格安なことを発見。普段ケチな(笑)ジェレマイアがメキシコはどう?って言ってきて、もう一つのメジャーなクルーズ会社、カーニバルを試してみることにしました。4泊5日、フロリダの西側のタンパ発、メキシコのコズメルへのクルーズ。5人合わせて1500ドル切りました。日本行きの一人分のチケットくらい!これで5人分4泊の食事つきなので安い!いつも一番安い窓のない内側のキャビンを取るけど、今回はオーシャンビューのほうがなぜか安かったのでオーシャンビューの部屋!木曜日出発で月曜日の朝着のプラン。

 

しかーし、この週の2週間前くらいから(ディズニーに行く前から。)ひゆうとりあなの体調が悪く、りあなは回復したけど今度はまいら&ひゆうが嘔吐で学校から連絡があって迎えに行くことが2回くらいあり、一回は二人ともだったので学校のナースに次の日は休むように言われ、春休み前に結構学校を休んでしまいました。ひゆうが一番ひどく、体重はいつもただでさえ平均の5パーセントを切るやせ形なのにさらに3ポンドくらい落ち、2週間以上元気がなかったのでクルーズの2日前にドクターに行ったときはもう少し様子を見て回復しないようならもっとテストをしましょうと言われてたところ。

この週は他にもいろいろあり月ー水とドクターに通った週でした。看護婦さんにまた来たの!?って顔されましたけど。(笑)まいらが週末から耳が痛いと言ってて、小さいときから風邪をひくとッ耳に来るタイプで中耳炎になるので、今回もそれだろうと思い連れて行きました。ドクターが耳を見てチェックすると、何か入ってるみたいなので洗浄しましょうと言われ、看護婦さんに先が柔らかい注射器みたいなので水で洗浄してもらうとなんと小さいプラスチックのビーズが出てきました。もちろん本人もそんなの入れた覚えはないし、下の二人もまいらが寝てる間に入れるような悪さはしないと思うので、いろいろ考えたけど本当にどうやって入ったか、ほんとに謎ですが、(ブランケットとかに落ちてて寝てる間になんかの拍子に入ったとしか考えられない。。)しばらく入ってて痛みを起こしてたらしく、まぁ原因がわかってよかったー。耳に入れるタイプの液体ステロイド入りの抗生剤を処方してもらいましたが、その小さい7mlの薬が50ドルかかり痛い出費でした。(保険がなかったら260ドルの薬。一滴いくら?と考えてしまう。笑)そして真っ先に言われたのが、「1週間泳ぐの禁止」。。。ガーン。。。でも、クルーズに行くことを言ったら、水に入ってもいいけど潜るのはできるだけ控えてね、と言われ、浅瀬で遊ぶだけなら大丈夫そうなのでなんとかなりそうでホッとしました。

 

そんなこんなありまして、私もげっそりしてましたが、、、クルーズ出発の1日前から朝起きたら奇跡的にひゆうのいつもの元気が戻ってきて、りあなとひゆうの喧嘩も絶好調!(笑)まいらも耳の痛みはすっかりなくなり、みんな準備万端!なんてラッキーな家族でしょう。笑

タンパは1時間40分ほどと、ちょっと遠いですが、夕方4時出発でチェックインは11時半開始なので朝ゆっくり準備して9時半ごろ家を出発。車を停めたり荷物を預けたりしてチェックインしたらちょうど11時半くらいのいい時間になりました。4時出発だけど船ですぐお昼が食べれるってありがたい。部屋が空くまで10階のレストランでお昼を済ませ、部屋に荷物を置いてのんびりしてからお決まりの全員参加避難訓練を済ませると船が出発!プールデッキではみんな踊ったり飲んだりしてパーティーモード。

初日は船を歩き回ったり屋上にあるミニゴルフをしたり子供たちのキャンプの登録したりさっそくプールに入って遊んだりしているとディナーの時間になりました。午後4時出発でメキシコのコズメルには翌々日の早朝に着くので、2日目はずっと海の上。日の出前から起きた子供たち、体調が元通りのひゆうは起きてすぐ「お腹すいたー!」って言うので日の出を見ながら一回目の朝ごはんにシリアルやマフィンを食べ、パパが起きてからまた同じところに2回目の朝ご飯を食べに行き、卵やベーコンを食べました。(女子は軽い朝食で。)朝からプールで泳いだり子供たちはキャンプに行ったり、子供たちがキャンプに行ってる間に大人はカジノをのぞいてみたり。

3日目、朝起きたらコズメルにちょうどつく頃でした。とにかく海が青い!朝ごはんをゆっくり済ませ、いざメキシコへ上陸!オプションのツアーとかもあったんだけどどれも100ドル近くで、5人行くとすごい値段するし自由に動きたいので、前からリサーチしててタクシーでビーチに行ってのんびりすると決めていました。

タクシーを拾って、行きたいビーチを言うと、運転手さんが、もっと波が穏やかで浅瀬が多くてファミリーむけのビーチがあるからとおすすめしてくれたのでそっちの方に行くことに。この運転手さんとの出会いが運命的で、私が日本出身だというと、「かめはめはー!」と叫びだし、ナルトとか日本の漫画の大ファンなんだよー!と大興奮。メキシコに行って偶然メキシコ人のアニメオタクの運転手に出会うってすごい偶然。(笑)日本に行きたくてお金を貯めているらしく、携帯でアニメソングのコレクションをかけてくれました。(運転中は携帯さわるのやめて。笑)漫画も大好きらしく、でも家族はこの良さを分かってくれないんだよー、と熱弁してました。笑 

このアルトさんはおすすめの観光コースを回るプランもあって、ビーチに行ってから地元のチョコレート工場に行ってテイスティング、それからテキーラ工場、ダウンタウンで買い物して船まで戻るっていうプランで100ドルでできますよ、と言われ、ビーチに行くだけで往復70ドルくらいするし、いい人だし、ダウンタウンで買い物したらピア―で買い物するよりお土産物が安いのでその分お金も浮くし、ビーチでも待っててくれるんならまた違うタクシー拾わなくていいから楽なのでそのプランで頼むことにしました。

いざビーチに到着!(到着する前にガラガラ蛇に遭遇しました。)

青い!!沖縄も行ったしバハマも行ったけどここのビーチが私の行った中で一番青いかも!

  

 

たくさん遊びました。人がほとんどいなくてプライベートビーチ的な感じ。暑すぎず寒すぎずよかったです。メキシコのビーチで貴重品をどうしようかと思い、念のため防水のポーチを買ってたけど人もあんまりいなかったのでビーチの見えるところに荷物を置いて遊んでも大丈夫でした。途中、そこら辺のお店を見に行くとタクシーの運転手、アルトさんがバーのおっさんとしゃべりながら一杯飲んでるー。私たちを待ってる間暇なのわかるけど大丈夫か!?笑 ビーチで遊び終えると地元のチョコレートショップへ!たぶんお客さんを連れてきたらいくらかもらえるとか、タクシーの運転手さんとお店との間でそういう約束があるんでしょう、お店の人と顔なじみっぽいし、他のクルーズ客もけっこう来てました。コーヒーチョコとかココナッツとか、いろいろサンプルを食べて、子供たちが気に入ったココナッツのダークチョコを購入。

そこからコースではテキーラショップに行くのが入ってたけど私もジェレマイアもテキーラ飲まないし子供もいるのでそこはスキップしてダウンタウンへ。途中でアルトさん、いきなり路肩にタクシーを停め、「ちょっと待ってて!!」って出て行ったかと思うと露店でみんなの人数分のタコスを買ってきてくれました。

ユカタン地方の伝統料理、コチニータ ピビルという豚肉の煮込み料理らしく、酢漬けにした紫玉ねぎがいっぱい乗っている。子供は生の玉ねぎはいつも絶対食べないので、せっかく買ってきてくれたけど見た目からして玉ねぎがどっさり乗ってるからこれは食べないかなーと思ってたらみんなお腹がすいてたのか3人とも玉ねぎも気にせずおいしい!ってペロッと食べたのがびっくり。外でご飯を食べるつもりはなかったので思いがけずローカルな食べ物が食べられてよかったです。頼んでもないのに自腹で買ってきてくれてやさしいおじさん。:)それからアルトさん、家族の話とかいろいろペラペラしゃべるしゃべる!英語は上手でしたが単語がわからないと携帯を出して言葉を調べるのはいいけどそれもまた運転中。やめて!笑 

ダウンタウンのお土産やさんではショットグラスが1ドルとか、まいらはお友達に買ったキーチェーンやミサンガも全部1ドルだったし安い買い物ができました。アルトさん、そこで「これ見て!」って手に持ったグラスを落として割り、2ドル自腹で払わされてました。。。買い物が終わって無事にピア―に戻り、100ドル&チップを払ってアルトさんとお別れ。なんかめちゃくちゃ親近感あるチャーミングなオタク運転手さんでした。おもしろかったー。メキシコでのステキな出会い、いい思い出になりました。お子さん二人と奥さんをこうやってクルーズ客相手にタクシーの収入で支えながらニューヨークと日本に行くのが夢だって言ってたけど、いつか夢が叶いますように!そしてまたどこかで会えますように!

私たちの船、パラダイスの他にも二つカーニバルの船が停まっていました。一つはニューオリンズからきていたみたいです。

この日は朝から6時までコズメルに停泊、それからまたタンパに向けて出発。次の日はまた海の上。朝からタオルで動物を作ろう、っていう講習があったのでみんなで行ってきました。バスタオルとハンドタオルでゾウ、犬、サルの作り方を教えてもらいました。折り紙みたいで楽しかったー。そのあとは子供向けのタオルアニマルショーがあったり、夜は子供のキャンプではTシャツ作りと映画だったので3人一緒に行き、大人は大人向けのショーを楽しみました。5日目の朝、無事にタンパに到着。入国審査を済ませて帰ってきました。

クルーズのいいところはいつでも何かが食べられること。ピザとか24時間だし、ルームサービスもチップさえ払えば頼み放題。すぐ「お腹すいた!」っていうひゆうに最適。まだ食べるの??っていうくらいいっぱい食べて、帰ってきて体重図ったら落ちた3ポンド、もう戻ってました。よかったー。

 なんか食べてばっかりでしたが、ショーもよかったし、メキシコも楽しかった!バハマのナッソーに行ったときはタクシーとかツアーとか、お客さん争奪戦がすごくてみんなガツガツしててそこを通るだけで疲れたしお土産物も割高でしたが、コズメルはは船を下りたところでもゆったりしてて全体的にお土産も安かったし種類も豊富だし歩きやすかったです。

これで王手クルーズ会社、ロイヤルカリビアンとカーニバル、どちらも乗りましたがどっちも同じような感じでした。帰りにチェックアウトに並んでいたとき前のカップルとお話してたらノルウェージャンっていうクルーズ会社が ファミリー向けで、チェックイン&アウトがこんな騒然としてるカーニバルと比べるとすごくスムーズでいい、って教えてくれたので機会があればノルウェージャンを試したいと思います!

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ほぼ初ディズニー

2017年03月10日 | Weblog

火曜日に子供たちは学校を休んで(大きな声で言えないけど。)ディズニーに行ってきました。

火曜日に行ったのは、週末の混雑を避けるためと、ディズニーのホテルのレンタカー会社で働いている弟のゲストパスを使うため、弟が休みの日と合わせて行ったため。火曜ー水曜はいつもはパパがゲインズビルに泊まりで行っているけど、今週だけあっちの学校は春休みということで今週だけ行かなくてよくなったのでちょっと前から今週の火曜日って決めていたのでした。

が、しかし。。。日曜夜あたりからりあなとひゆうがお腹が痛いと言い出し、案の定月曜二人とも熱。りあなは下痢と嘔吐も加わり月曜はぐったりしてました。弟はもうすぐディズニーの職場を離れるのでパスが使えるのももう少しということで、火曜日、二人とも熱が下がり、聞いたら行きたがっていたので万全ではないけどいざ出発!

9時オープン前に行きたかったんだけど一緒に行く弟を待ってたりしてると出発が遅くなり、通勤の渋滞にはまり、途中でりあながトイレに行きたいと言い出しひゆうは車の中で嘔吐し、なんだかんだのハプニング続きで9時半過ぎ到着。マジックキングダムは特にゲートまでフェリーかモノレールで行くのでその分時間がかかり、入ったのは11時頃。弟のおかげで2枚分のチケットがタダになりましたが、子供3人分で合計300ドル超え。高い!10歳以上は大人料金なのでまいらは107ドル、子供料金のひゆうとりあなはそれぞれ101ドル。子供料金、もっと安くしてほしい!パーキングも20ドルだし、あまり贅沢をしないうちにとってはi一日にこれだけはかなーり痛い出費。

前にディズニーに行ったのはまいらが3歳、ひゆうが数か月の時。まいらを3歳以下で通し、大人はフロリダ住民のスペシャルなチケット、4パークで100ドルのチケットを買って行ったのは7年前のこと。もう同じタイプのチケットも3パークで130数ドルという値段にアップしています。1回の入場券もかなーり高くなりました。それでもいろんな国からどんどん人が集まってて儲かってるんだろうなー。平日なのにすごい人。ひゆうが小さいうちにりあなが産まれたので、常にチビがいて、ディズニーとか行ってもみんなで乗れる乗り物少ないし、疲れるし、、って思ったり普通に日常が忙しすぎて今に至りました。まいらもほとんどディズニーの記憶はないので、今回がみんなほぼ初めての体験!

 

何、この左のりあなの嫌そうな顔。。笑 前の日はちょっと涼しかったのに、この日は10時ごろからもう暑くてバテました。

前の日の夜にネットでファーストパスの予約をしたんだけど、最初のファーストパスを9時15分ー10時15分の間で取ったけど、その時間に間に合わず。でも無事に最初のライド、ホーンテッドマンションに入れました。りあなはちょっと怖がってたけどみんな楽しかったようです。それからちょっとショーを見たり高いプレッツェルをみんなで分けて食べたり、すべてが高いお土産屋さんを見たりしながら過ごし、定番のIt's a small worldに乗り、りあなはまだちょっと下痢気味で何回もトイレに行きましたが幸いそれ以外は大丈夫で楽しめました。モンスターズインクのLaugh Floorっていうアニメーションのショーは初めてでしたが観客を巻き込んだコメディーみたいな感じで子供もいっぱい笑えて楽しかったです。

お小遣いでスティッチのマグネット付きぬいぐるみを買いました。

最後にファーストパスで取ったスペースマウンテンに乗りました。ファーストパスなしでは120分待ちでした。後で考えてみるとまいらが小さかった時に行ったときはこれには乗らなかったので、最後にこれに乗ったのは結婚する前に友達と一緒に行った10数年前。私の記憶ではもっとマイルドで、星がきれいで最後にグッと下るところがあったくらいだと思ってたんだけどこれが大間違いで、最初からかなり過激!りあなもひゆうもこれはさすがに怖かったみたいで(座席が一人ずつだったので私がりあなの後ろでなんとか励ましていた。)もう乗りたくないと言ってました。あんなにローラーコースターに乗りたい!って朝から言ってたのに。。。私の記憶はもしかしたら東京ディズニーのスペースマウンテンだったかもしれないけど、それでももう20年前くらいのこと。。ちゃんと調べればよかった。。スプラッシュマウンテンにすればよかった。。もうみんなローラーコースターは乗ってくれないかもしれない。。笑

これが終ってからはもうみんな疲れ切ってて、りあなが帰りたいと言い出し、みんな賛成で帰路につきました。帰りもちょうどうまく渋滞にはまり、かえってみんなゆっくり休みました。

はー、疲れた。私も楽しかったけど、やっぱりこれだけの金額を出すんなら他に何ができるだろう、どんなおいしい物が食べれるだろう、とか、そういうことを考える食い意地が張っている私。。(笑)とりあえず子供も満足してくれたのであと数年行かなくてもいいかなーと思います。 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加