ごじらいく

足跡の先に・・・

実験君

2017年03月24日 | 日々のつぶやき

テレビで、「スーパーで売られているウズラの卵から孵化させることが出来る。」と、孵化の様子を見た母が、あっちこっちのスーパーにウズラの卵を買い求め、2パックのウズラの卵のパックを買ってきました。

卵の孵化をやったことのない私と母は、困惑してしまうのです。

卵を買ったのはいいけれど、「どうすればいいのか。」と、いろいろ考えます。

昔、父が「卵を孵化させた」という、電球での卵の温め方を聞いたのですが、本当に不器用で、頭の悪い母娘は、さらに困惑するのです。

電球は意外と熱が高く、あっと言う間に40℃の熱が出て、電球を触ることが出来ないくらい熱いのです。

いろいろ考えた末、「コタツの中で、卵を温めよう。」ということになりました。

「たぶん、失敗して終わるだろうなぁ。」という感想です。

 

ネットで調べたら、孵化させるのに、35℃~36℃の温度が必要です。

それに、適度の湿度もいります。

日数は17日ぐらいで孵化するそうです。

卵の1パックに1個ぐらいが有精卵が入っている。とのこと。

うまくいけば、2匹のウズラが殻を割って出てくることになります。

さて、うまくいけば、我が家に小鳥が増えることになります。

天天が嫉妬しないように、気をつけなければ・・・。と、思うけど、やっぱり、失敗するほうが大きいなぁ。

 

 

 

ジャンル:
その他
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひと悶着 | トップ | 南天の種 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
名前は、うず と ずらで。 (kayoppi)
2017-03-24 16:08:27
何時間かおきに転がしてやらないといけなかったような?
ウズラの赤ちゃんはとても可愛かったです。
有精卵があるといいですね。
孵化してほしいような、ほしくないような (ごじお)
2017-03-24 18:40:12
まだ、温めて2日間ですが、結構、絶望的な思いで眺めています。
有頂天だった母は、名前まで考えて、「空ちゃんと、天ちゃんだから、月ちゃんと星ちゃんにしようかなぁ。」と、上空つながりの名前を考えているようです。
まあ、私は何でもいいんですけど。

定期的に卵を転がして、湿気があるように霧吹きでお水をかけて一日が終わります。

コメントを投稿

日々のつぶやき」カテゴリの最新記事