ごじらいく

足跡の先に・・・

解決できない問題

2017年05月19日 | 日々のつぶやき
私は困っているのです。
それは、健康診断の時の尿検査についてです。

今日、母と近くのかかりつけ医に健康診断に行きました。
毎回、母に相談することがあります。
それは、尿検査の時、ちゃんと尿意をもよおすかどうかです。
なるべく、朝からちゃんとお医者様で出来るようにおしっこをできるだけ貯めて放出しよう。と、考えます。
そのことを言うと、母は、「大丈夫。コップを差し出すと、勝手に尿が出るから。」と、普通に言うのです。
そんな、自販機のようにお金を入れると、サーっと出るようになるのだろうか。
心配で、心配でたまらないのです。
病院について問診票をかきながらも、「いつ、コップを渡さるのだろうか。」と、胸がキュンと痛くなります。
待合で待っている間も、尿のことが頭をもたげるのですが、別段、尿意がないのです。

名前を呼ばれ、診察室に入っていき、問診票を先生が確かめます。
そのあと、胸を音を聞かれるとき、ふと見ると、看護婦さんがコップを持っていました。
「このコップにおしっこを少し入れてね。」と、普通に渡されるのです。

「ヤバっ!!」と、思うのです。
尿意がありません。
しかし、尿を出さないと次へ進めません。
仕方なしに、トイレに入り、コップに尿を注ぐんですけど、これまた、悩むのです。
どのくらいの尿をコップに注げばいいのか。ということです。
以前、コップなみなみ注いでヒンシュクをかったことがあります。
今回は、「一応、八分目ぐらいにしておこうか。」とも考えたんですが、それでは美しくありません。
「待てよ。六分目ぐらいにしようか。」と、コップの尿をトイレに捨てます。
「いや、待てよ。一番美しく見えるのは、何分目ぐらいなんだ。」と、トイレで頭をフル回転させます。
「今回は、四分目ぐらいにしておこうか。」と、要らない尿をトイレに捨てました。
たぶん、これで大丈夫だろう。と、内心びくびくするのです。
そのコップを小さなドアのコップ置き場に置いておきました。

トイレから出ると、次に母がトイレを待っていて、「遅し。」という顔で私を見るのです。
何で、毎度、こんな思いをしながら尿を出さないといけないのか。と、悲しくなります。
普通の人は、どのくらいの量が一番「おおぉ~!!」と、思うのか考えると、また落ち込むのです。
そうやって、健康診断は苦痛に終わります。
私にとって解決できないのは、尿意であり、分量の美しさでもあるのです。


ジャンル:
その他
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プリンター | トップ | 湯布院から1年が経ちました »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-05-19 18:11:03
健康診断の尿検査は、多分紙?を浸すだけですから、底から2、3㎝ぐらいあれば充分だと思いますよ。
出始めの尿は取らずに途中から取るのは知ってますよね?
おしっこがどのくらい溜まっているのかわからないときの、カップを差し出すタイミングを私はいつも悩みます。
始めに出しすぎておしっこが残っているかなとか、早く取りすぎてもうちょっと後のを取ればよかったとか。
健康診断で並んでいる紙カップの尿量も人によりけりです。
最低ここまでって線を入れて欲しいですよね。
知らないことだらけ (ごじお)
2017-05-19 18:41:45
コメントに書かれていることは、全くわかっていなかったことばかりです。
女性なので、コップをどの辺に持っていっていいかばかり考えて、見事キャッチできればいいと思っていたので、出始めの尿をとっていました。
いいコメント、ありがとうございます。
形ばかり気にして、尿検査の内容を知っていませんでした。
これからは、もっと悩むでしょうけど、お勉強したことを活かしていこう。と思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。