ごじらいく

足跡の先に・・・

みかん

2017年08月05日 | 日々のつぶやき
昨日、かなり古いドラマを見ました。
なんとなく、ミステリーでほろ苦い大人のドラマでした。
ラストシーンで、男女お互いの気持ちを隠しながら列車を待っているのが切ない気持ちになります。
女が、男に持たせるために紙袋を持っていました。
渡すきっかけを探りながら、居残ろうとする男を列車に押し込む時に、紙袋が破れみかんが散らばります。
そのまま、列車はドアを閉じ、走り出すのですが、その時、母が言います。
「あのミカン、拾わないと。」と。

何を見とったんじゃ。と、突っ込んでしまいました。
女の足元に落ちているみかんが気になって、ラストシーンが台無しです。
ちょっとだけ、私も、紙袋を見て、「天津甘栗」が入っている。と思ったんですけど、あまりに色気がないんで却下していたところでした。
親子そろって、男女の機微がわかっていなかったようです。

私は、今まで後ろ髪を引かれるような別れ方をしたことがないのです。
いつも、「清々した。」と、思いながら去っていくのです。

あのみかんの意味は、一体何だったのか。未だにわかりませんが、野暮ったいことを口にはしませんでした。
きっと、母がヒロインだとしたら、慌ててみかんを拾って、男に渡したのだと思います。
私は、もっとひどい天津甘栗をかき集め持って帰る奴だと思います。
せっかくのラストシーンがお笑いになってしまいそうで、甘栗のことは伏せていたんですけど。


ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« せっかく掃除したのに | トップ | ホックが好きな犬 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々のつぶやき」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。