ごじらいく

足跡の先に・・・

来るだがや

2017年06月22日 | 日々のつぶやき

なんか、天天の顔を見ていると、とても可愛く感じて、「さあ、来なさい。」と、両手を広げて天々を呼びました。

きょとんとする天天です。

その様子を見ていた母が、「そんな難しい言葉を使っては天々も困るでしょう。さあ、おいで。と言えばいいのに。」と、文句を言います。

来なさいも、おいでも、同じ意味だからどっちでもいいんじゃない? と、思ってしまいます。

それとも、ヨークシャーテリアだから、イギリス産なので、「COME ON]と呼べばいいのだろうか。とも考えました。

いろいろ考えて、天天はもともと愛知県の一之宮市から来た犬なので、「来るだがや。」と、呼べば喜んで来るはず。

 

だいぶ前に、名古屋の人と話す機会があって、「もう、~だがや。」というベタな方言は使わない。と教えてもらいました。

大阪で言う、「~まんねん。」というおばあちゃんたちが使いそうな言葉と同じなのかもしれません。

言葉って、どんどん変わっていくもんですね。

長いこと大阪に住んでますけど、もう全然、ベタな大阪弁は出てきまへんわ。という笑い話にもならない言葉を思い出しました。

天天も、「来るだがや」と言われて、ホイホイ来るような犬ではなかったようです。

 

 

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パセリの花 | トップ | 興味のある本 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々のつぶやき」カテゴリの最新記事