ごじらいく

足跡の先に・・・

文句を言いたい人

2017年04月24日 | 日々のつぶやき
昨日、自転車を走らせ図書館に行きました。
日曜日のお昼過ぎは、自動車も走らず、快適に行けるんです。
ちょうど、目の前の信号が青になり、そのままの勢いで交差点に突っ込んでいきました。
すると、右から来る自転車のおじさんが、赤信号で交差点に入ろうとしています。
まあ、自動車が来ないんで、そんなに困ったことはないんですが、青信号で勢いを増している私を見て、何か言いたそうです。
きっと、文句を言いたかったのかもしれません。
でも、本当に赤信号で交差点に入ろうとしたおじさんの方が悪いんで、文句を言われても、私は困ってしまうのです。
結局、一言、「お・・・・。」と、言ったっきり口をつぐんだおじさんです。

最近、私はなんか感じるのです。
文句を言われそうな顔をしているのではないか。ということです。
きっと、いつも不安そうな表情をしているので、突っ込みやすい人間である。と思われているのではないか。ということです。
たぶん、私が正しいことをしていても、文句を言われたら、しどろもどろになって、言い返せないことは、自分でもわかっています。
なんか、損な性格ですね。
でも、間違ったことをしていなければ、突っ込まれても知らぬ顔で場を逃れることが出来ます。

「昔は、こんな性格じゃなかったのに。」と、思ってしまう気の弱い私です。


ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 言葉のわかる犬 | トップ | 論争 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々のつぶやき」カテゴリの最新記事