ごじらいく

足跡の先に・・・

ぎっくり首

2017年01月25日 | 日々のつぶやき

以前、首から肩にかけて、「とても痛い。」と、悩んでいました。

ほんと1週間は痛かったです。

その時、いろいろ自分なりに、「大動脈乖離」かとか、「いつの間にか骨折」ではないか、と心配したのですが、治った拍子にもうそのことは忘れてしまいました。

つい最近、テレビを見ていて、「あれ~?」と、思う事がありました。

それは、「ぎっくり首」なんです。

医学的にはそういう名前ではないのですが、ぎっくり首というものがあるそうです。

本当の名前は、「頸椎捻挫」と呼ばれ、何かの拍子に首が「ガクッ」と衝撃を受けることなんです。

「きっと、私の首もそんな感じ。」と、思ったのです。

きっちりテレビを見ていたわけではないので、治療の仕方や、治るまでの時間などは知ることはできなかったんですけど。

以前、お友達が、ぎっくり腰になり、かなり厳しい状態を過ごしていました。

そう考えると1週間ぐらいで治ったのは不幸中の幸いだったのではないか。と思うのです。

しかし、ぎっくり首の時は、本当に痛くてどうしようもなかったのが現実です。

こういう時は、どこの科の病院へ行けばいいのか、テレビも見逃してしまいました。

しかし、後遺症もないし、もう全然痛くもありません。

たぶん、運動不足が原因ではないか。とも思えます。

病気やケガなどをすると、自分の障害の名前を知ることで半分は安心することが出来ます。

そのことを医者もわかって、ちゃんと病名などを公表してほしいなぁ。と、思ったりします。

名前のわからないことは不安の一つかもしれません。

 

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 逃げるフェレット | トップ | 化粧下地 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。