ごじらいく

足跡の先に・・・

スマホの使い勝手

2017年05月06日 | 日々のつぶやき
あれほど、スマホを欲しがっていた父なんですが、どうも使い勝手が悪くて、「変えるんじゃなかった。」と、嘆いていました。

つい最近、母が大腸がん検査で病院からの注意書きの書類に、「家族の方が付き添ってください。」と、書かれていました。
まあ、検査の時は放っておいても大丈夫なんですが、行き帰りの足が必要なのです。
そうなってくると、父の車が重宝するのです。
病院での付き添いは私で十分なんですが、頃合いを見計らって、父の車を呼ぶことになりました。
私は、いつも通りにメールでの連絡をして父に知らせたんですが、父は液晶の画面からうまく文字が打てないんです。
そのうえ、いろいろなメールが次々に入ってきて、パニックになり、怒りを増幅させていたのです。

帰りの車の中で、「スマホなんて持つんじゃなかった。」と、ぽろっと愚痴がこぼれます。
「まあ、2年もあれば使いこなせるんじゃない?」と、慰めたんですが、60代の2年と、70代の2年とは全然違うのです。
しかし、自ら、「スマホを持ちたい。」と、言ったからには使いこなしてもらわないと困ります。
なんか、父のスマホの操作を見ていると、「やっぱり、ガラケーのほうがいいかも。」と、思ってしまいます。
時代に背を向けているわけじゃないけど、私はガラケー派で通そうと思っています。
スマホのほうが何かと便利なのはわかっているけど、この不便さも悪いものではないなぁ。と、つくづく思います。
父は、案外、気は若いのかも。と、思うんですが、ちゃんとスマホを使いこなしてくれるのを今か、今かと、待っています。


ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 100均のソックス | トップ | 熊童子がぷっくり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々のつぶやき」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。