ごじらいく

足跡の先に・・・

ゆがむ顔

2017年04月20日 | 日々のつぶやき

「花も咲いたし、カメラでチューリップでも撮るか。」と、花に水をやる母の横でチューリップを撮影していました。

「やっぱり、日陰はしずくが映えないなぁ。」と、それでも必死にピントを合わせます。

なかなかオートフォーカスが決まらず、だんだん焦る私なんです。

横で見ていた母が、「あなた、顔がゆがんでいるよ。」と、必死な顔の私に横やりを入れるのです。

そうなんです。あまりに必死過ぎて、顔に力が入り、顎の上下がかみ合わなくなっているのです。

ちょっと情けないので、「顔がゆがみだした。」と、笑いに変えようと、また必死になるのです。

やっぱり、お花は、日向が一番綺麗に咲くのです。

北っ側に花壇を置くのが間違いなんです。

でも、日陰でも咲く花もあるみたいなんで、一概に陽が差す花壇ばかりがいいとは限らないのです。

今回は、チューリップを北側の花壇に植えたんですが、これは、球根なので、球根の中にたくさんの栄養があり、何とか遅咲きですが、咲くことが出来ました。

しかし、しずくが太陽の光に透かしたい私は困ってしまうのです。

「なんとしても、綺麗に撮りたい。」と、必死のパッチでカメラを向けます。

顔がゆがんでもいいのです。

綺麗に撮れさえすれば。

もう、以前ほど際立った努力はしなくなってしまったけど、まあそれなりでいいのかもしれません。

顔のゆがみで撮れるなら、文句はありません。

 

 

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドキドキの階段 | トップ | 写真展 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々のつぶやき」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。