広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

合宿!

2012-03-10 20:11:40 | Weblog
=1B$B$*5W$7$V$j$G$9!*%V%m%0J|CV$7$F$7$^$C$F$9$_$^$;$s!*=1B(B

=1B$B$?$@$$$^!"0&CN$G9g=3DICf$G$9=1B(B
=1B$B$4HSH,GU$*$+$o$j$7$F!"?)$$2a$.$G$V$CE]$l$F$$$^$9!*=1B(B
=1B$B9g=3DI$N%a%s%P!<$O!"=3DY$5$s!"=1B(BYUKI=1B$B$5$s!"N<$5$s!"%1%s$5$s!";3C=
f$5$s!"<+J,$G$9=1B(B(^ ^)

=1B$BKhF|A4NO$GAv$C$F!"A4NO$G?)$C$F=1B(B
=1B$BFbMF$NG;$$9g=3DI$r$*$3$J$C$F$^$9!*=1B(B
=1B$BL@F|$O:G=3D*F|!*%4!<%k%I%+%C%W!*=1B(B
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麺’s倶楽部

2011-11-02 09:18:05 | Weblog
体験入部
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トレーニング開始

2011-11-02 08:58:10 | Weblog
今日は久しぶりにインターバルトレーニングしました(@_@)


イマトテモキモチワルイ


トレーニングしてる時、歯ぐき出そうでした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オフ

2011-10-22 16:00:10 | Weblog
シーズンが終わり、オフに入っております。


そして、来年に向けての資金稼ぎもはじまりました!


去年同様、ホイールパラダイスさんの所です☆

昨日は、今年のスタッドレスタイヤが届いたので、300本ほど運びました!筋トレ


今日もバイトやって来て、帰って来ましたが夜のバイトまで少し時間があるので自転車乗ってきます☆
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ジャパンシリーズ最終戦レポート

2011-10-17 16:52:44 | Weblog
ジャパンシリーズ最終戦

2011年10月9日
会場 白山瀬女高原スキー場
天気晴れ
コースコンディション、ドライ

サポート バイクランチ

サスペンションSID 80Psi

タイヤ ロケットロン2.25 1.7気圧

フレームTREK8500
補給Meitan
ドリンクCCD

今回のレースは、来年に繋げる走りがしたかった。

スタートから全力でトップ集団について行く!

そのために、時間をかけて念入り試走をした。
苦手だったロックセクションも、何度も練習して恐怖心を克服、完璧に走れるようする。
レースでやりたい走りをイメージしながら大会当日を迎えた。

スタートコールは18番

スタート位置も自分が決めていたラインに並ぶ。

そして午後2時レースがスタートする

ペダルも上手くキャッチし、全力でスタートを切る。
3番手と、とても良い位置で走るが、坂を登りきる所で集団のスピードが一気に上がり、順位を後退してシングルトラックに入ってしまう。
遅れないように必死についていく。
が、平坦区間で前との差が少し開いてしまった。差を詰めたいが自分もスピードを維持するのでいっぱいいっぱいでついて行くことができない
苦しい走りのまま1周目を終えて2周目へ

坂に入ると、まだまだ先頭集団の背中が見える位置
レースを楽しみながら必死で追いかける

シングルトラックの下りも練習した通りに走れている。しかし、でこぼこした平坦区間が苦手なようで他の選手と比べると、スピードが失速しているように感じる。
前は離れていき、後ろから追いつかれる
脚もパンパンになり20番手まで落ちて行くが、周りの選手もつらそうだったので、必死にくらいつき耐える
次第に回復したところで追走開始
しかし、徐々に順位を上げていく矢先、フロントタイヤがパンクしてしまった。

5周目のコース中盤でパンク


ピットまで、押したり乗れるところは乗ったりしながら走っていったが、80%ルールでレースを下ろされた。



今回のレースは自分のすべてを出せたレースだったと思います。

全力でスタートして先頭に出れなかったことから、スピード不足
トップ集団について行くことが出来なかった持久力不足

ラインミスで失速したり、最後にパンクしてしまったことによるテクニック不足

来年に向けて全ての面において、レベルアップが必要だと思います。


今年一年間経験した事を整理して、来年強くなるためにオフを過ごしていきます。



サポートしてくださった皆様、コース沿いで盛り上げてくださった応援の皆様、本当にありがとうございました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャパンシリーズ第5戦富士見レースレポート

2011-09-26 19:20:07 | Weblog
ジャパンシリーズ第5戦富士見
2011年9月18日

会場 長野県富士見パノラマスキー場

天気 晴れ

サポート BIKE RANCH


サスペンション SID 80Psi

タイヤ Fシラク2.1Rノトス1.95前後1.8
フレームTREK8500

補給Meitan
ドリンクCCD

ジャパンシリーズ第4戦白馬スノーハープから次のレースまで期間が空いたので、足りない部分、ベースを鍛えてから、レースが近づくにつれてインターバルトレーニングを行っていった。

全日本から調子を上げて行けているように感じていたし、フレームも変えたので、レースを走るのが待ち遠しくてしかたなかった。

試走は土曜日から行い、コースをゆっくり走り、ラインと空気圧を意識しながら苦手なカ所を繰り返し走り、最後にレースをイメージしながら身体に刺激を入れて試走を終えた。

大会当日
思っていたより気温が上っていたので、アップはいつもより少し短めにしながらも刺激をきちんと入れゎ仕上げにスポーツアロマコンディショニングさんにマッサージで筋肉を仕上げてもらう
スタートコールは19番

狙い通り、3列目の左側に並ぶことができた
スタートのイメージはできてる。
集中しながらも、リラックスしてスタートを待った


午後1時間エリートクラスがスタート


上り区間に入るまでに前に行くつもりでいたが、変速ミスで少し遅れてしまう。
しかし調子が良かったので登り区間で冷静に抜いて行き、良い位置でシングルトラックに入ることが出来た。

追い込みながらも周りを見れる余裕があったように感じる。
追い込みながら、そのまま位置をキープしながら半周を走るが、だんだん呼吸が苦しくなり始める

我慢どころだ!と自分に言い聞かせて走るるが順位を落として行き、1周目を20番手ほどで終えて2周目へ

2周目も息苦しさは回復せずに、息を荒げて登っていく。
どうにかならないかと思い、胸に巻いた心拍計のベルトを外してみたら
だんだん回復してきたので追走開始で3周目へ!


もう誰にも抜かせないぞ!

と言い聞かせて、前を追っていった。

オーバーペースやトラブルで落ちてくる選手を抜いていき、6周回を終えてラスト周回へというところで、今回も80パーセントルールで下ろされてしまった。



結果14位と過去最高だったが、
後半上げていけるということは、前半セーブしている証拠で
スタートからもっと追い込まないといけない。

次の最終戦の瀬女で、やりたい走りをイメージして
それが出来るように、残り少ない時間練習していきたい。


今回も無事レースを走らせて下さったサポートのみなさん、暑い中コース沿いで応援して下さった皆さん、本当にありがとうございました!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白馬スノーハープレースレポート

2011-08-05 17:14:08 | Weblog
ジャパンシリーズ第4戦目白馬スノーハープ

2011年7月31日
会場.長野県さのさか白馬スノーハープ
サポート BIKE RANCH

Fサスペンション70psi

タイヤIRCスティンゴ空気圧2.0


ドリンクCCD

補給 Meitan

全日本選手権を終え、あっという間にジャパンシリーズ4戦目を迎えた


去年のコースから、大きく変更になり
シングルトラックが減り、ダブルトラックの登りが多くなった印象の今回のコース


大会前日から試走するが、雨が降り続き
とてもタイヤ選択に悩んだ。
今年初のマッドレース


大会当日、晴れ間も見えていたがエキスパートクラスのレースを見るもドロドロで、シングルトラックはほぼ押しだという情報だった。

泥に備えてグリップのある、マッドタイヤ
IRCスティンゴに決めた


スタート位置は3列目
泥のレースはスタートで、いかに前に出るかがかんじんだと思い、スタートをイメージをしながら左端に並ぶ


イメージしていた
スタートで前が間スペースに素早く入り、最初の登り区間を10番手ほどで登って行く

登りもドロでスリップして走り難い区間があり、ペダリングと走るラインに意識を集中させ、バイクを上手く進ませれるように走った。



シングルトラックの下り区間に入ると、ドロドロで
頑張れば乗って行く事もできたが、押しの方が速いと感じ
早めにバイクから降りて、ランで選手を抜いて行く

いつもと違ったレースで、とても楽しく自然と笑顔が出た。


1周目を終える頃、グラウンドの開けた所で、トップ集団が見え
第3集団に位置していることがわかったのでまずは第2集団に追いつきたい!

しかし、メカトラは避けたいので
変速機やブレーキなどについた泥をボトルの水で冷静に洗い落としながら2周目へ


前から落ちてくる選手を徐々に抜いていき、15番手ぐらいまで上げることができたが、3周目に脚がつり始めスピードダウン

水分と補給をとり、ごまかしながら走るが
勢いのある選手に抜かれ後ろに必死につきながら耐えるレース展開


順位も徐々に落ちて行くが、スピードを上げられず
4周目まで終え、最終周回へ


最終回は前にも後ろにも選手の姿見えなくなり、集中力が切れそうになるが
最後に勢いよく抜いて行った選手を必死に追いかけ、ゴール前でスプリント
なんとか抜いてゴール

出し切ることができた。



今回は今年初のマッドレース
雨の中、サポートやバイクのトラブルがなかく走らせて下さったチームスタッフの皆さん
そして、コース沿いで応援して下さった皆さん
本当にありがとうございました。
コメント (1)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ニセコレースレポート

2011-08-05 17:06:54 | Weblog
ジャパンシリーズ第3戦ニセコ花園

2011年7月3日
北海道ニセコ花園
天候曇りのち晴れ
コースドライ
周回数6周

サポート BIKERANCH

使用タイヤ ロケットロン2.25空気圧2.0

ドリンクCCD

補給 meitan

前回の富士見からトレーニングやレースをこなし、身体の調子も上がっているように感じ、
レースが待ち遠しいかった。

そして、今回の遠征先は人生初の北海道。
壮大な景色を堪能しながら、とても気持ち良いくレース当日を迎えることができた。

コースはレース2日前から念入りに試走を行った。

スタートしていきなり急な坂あり、落車が起きる可能性がある区間があり、スタートは気をつけようと思った。

そこからは、池を1周して登り区間を永遠と登り、下って行くコース
途中、沼や川もあり面白いコースだ

印象は走ってみるとスピードが出るコースだが、テクニックで上手く走らないと失速してしまいそうなコースだったので
ギヤを変えるタイミングやラインなど、いつもより多めに試走を行い、レースに備えた。身体も調子が良いように感じた。



エリートクラススタートは、午前11時スタート

スタート直後
予想通り落車が次々と起き、すぐにバイクを降りて交わしながら再スタート

凄く冷静だったが、冷静に走り過ぎて1周目は勢いがなかった。
何度も何度も追い込め!と自分に言い聞かせ、がむしゃらに走り始めるが
今度はミスで転倒や押しが相次ぎ、どんどん順位が下がって行く。


とりあえず、また冷静に走り、1人1人抜いていったが
あっという間に5周を走り、80%ルールで今回も―1ラップでレースを終えてしまった。

不完全燃焼だった。
自分の課題はスタートだと言い聞かせていたのだが、今回も上手くいかなく弱さが出てしまった。



次は全日本選手権、今回の悔しさ、なぜ上手くいかなかったかを整理して
次こそは納得が行く走りが出来るよう、トレーニングして全日本に挑みたい。

今回も、気持ち良くレース挑ませてくれたサポートの皆さん。
熱い声援を送って下さった応援の皆さん
ありがとうございました


井本京吾
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジュース

2011-07-07 22:16:45 | Weblog
ケースケ君から頂きましたジュース、味わって飲みたいと思います
ありがとう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気持ち良い

2011-06-23 04:53:54 | Weblog
お部屋の模様替えしました。

今日は流行りの4時活で

なにしよう


昨日の夜、ベランダ片付けしようと思ったら
光に寄ってきた虫にの大群にギャァアアってなったから(゜゜;ノ)ノ


今からやろうかな
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加